最大13,000円キャッシュバック!

【新プラン比較】UQモバイル vs Y!mobile (くりこしプラン vs シンプルプラン)

UQモバイル・Y!mobile新プラン比較

UQモバイル・Y!mobile両社の新料金プランが出揃いましたので、料金・容量・データ繰り越し・速度切替・併用可能割引などを徹底的に比較していきたいと思います!

新プランの注目点

・ワイモバの新プランでは、10分かけ放題がオプションに
・データ繰り越しは相変わらずUQのみ
・一人でも家族でもお得なUQ
・家族利用でお得なワイモバ
・繰り越し & 速度切替はUQのみ

UQモバイル・ワイモバイル 新プラン比較表

新料金プラン比較 UQモバイル vs ワイモバイル

まず、プランの詳細を比較表で見ていきたいと思います。

比較表 UQモバイル
くりこしプラン
Y!mobile
シンプルプラン
プランS 3GB
2,178円(税込)
3GB
2,178円(税込)
プランM 15GB
3,278円(税込)
15GB
3,278円(税込)
プランL 25GB
4,378円(税込)
25GB
4,158円(税込)
10分かけ放題 要オプション加入
(月額700円)
かけ放題 要オプション加入
(月額1,700円)
キャッシュバック ×
家族割 ×
学割
光セット割 ×

過去、ワイモバイルと言えば、10分かけ放題が強制的にセットされてきましたが、今回から、オプション制となりました。

また、家族割・学割・光セット割などの条件が異なりますので、後ほど、詳しくシミュレーションして料金比較を行っていきます。

データ繰り越し・速度切替・5G対応

余ったデータ容量の翌月繰り越しは、UQモバイルのみ対応。
ワイモバイルは、データ繰り越し非対応となっています。

通信速度の切り替え(高速⇔低速)に関しても、UQモバイルのみ対応となっています。
速度切替のメリットは、こちらで解説しております。

5Gも両社対応しますが、UQモバイルが夏頃開始、ワイモバイルが2月開始と5G対応時期には開きがあります。
現時点では、対応エリアが絶望的に狭い5Gですから、夏頃に開始されたとしても、その恩恵を教授できるのは人口比率で言えば数%でしょうね…。
2月開始だろうと、8月開始だろうと、大差ないと思います。

5Gを希望されている方は、契約前に必ず5Gのエリアマップを確認をされることをオススメします。

通信機能比較 UQモバイル
公式サイト
ワイモバイル
公式サイト
翌月繰り越し ×
速度切り替え ×
低速モード プランS:300Kbps
プランM:1Mbps
プランL:1Mbps
5G
5G対応
エリアマップ
au
公式サイト
Softbank
公式サイト

併用可能割引の比較

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」では、「UQ家族割」「ギガMAX月割」の割引は併用不可となっています。
「UQ家族割」の適用自体は可能ですが、家族割による月額500円割引は適用されません。

併用不可にはなっているものの、旧プラン「スマホプラン」で「UQ家族割」「ギガMAX月割」を併用した時の割引後の月額料金が、「くりこしプラン」の月額料金となっているイメージですので、実質大幅値下げとなっています。

ワイモバイルも同様に、月額料金は下がっており、更に、「家族割引サービス」「おうち割 光セット」の適用も可能。(いずれか一つのみ適用)

次の項目で、家族割適用時の月額料金・2年総額を比較していきます。

「新規割」について

ワイモバイルの旧プラン「スマホベーシックプラン」では、契約から6ヶ月間700円割引となる「新規割」という割引がありましたが、今回の新プラン「シンプルプラン」は、「新規割」の対象外となっています。

チャージ料金の比較

高速データ容量を使い切った後に、高速通信を使う為のチャージ料金を比較していきます。

UQモバイルは100MBと500MBのチャージに対応、Y!mobileは500MB単位でのチャージに対応しています。

データチャージ
料金比較
UQモバイル
公式サイト
ワイモバイル
公式サイト
100MB 220円
500MB 550円 550円

【比較】月額料金・2年総額シミュレーション

プラン別に月額料金・2年総額のシミュレーションをしていきます。
下記がプラン別のシミュレーション部分への記事内リンクとなります。

プランS ・プランM ・プランL

プランS比較(3GB)

プランS契約時の月額料金・プラン内容・2年総額をシミュレーションしながら、UQモバイル・ワイモバイルの新プランを比較してみましょう。

プランS UQモバイル
公式サイト
ワイモバイル
公式サイト
プラン名 くりこしプランS シンプルS
月額料金 1,628円 2,178円
データ容量 3GB 3GB
翌月繰越 ×
速度切替 ×
低速モード時
通信速度
300Kbps 300Kbps
キャッシュバック 最大13,000円
専用ページ
×
2年総額
SIMのみ契約
新規:39,072円
MNP:31,372円
52,272円
2年総額
端末セット契約
(端末代金除く)
42,372円 52,272円

※2年総額には、契約時に掛かる「契約事務手数料」も計算に入れております。

UQモバイルはSIMのみ契約であれば、新規6,000円、MNP13,000円のキャッシュバック適用となりますので、端末セット契約時とは2年総額が異なります。

プランM比較(15GB)

プランM契約時の月額料金・プラン内容・2年総額をシミュレーションしながら、UQモバイル・ワイモバイルの新プランを比較してみましょう。

プランM UQモバイル
公式サイト
ワイモバイル
公式サイト
プラン名 くりこしプランM シンプルM
月額料金 3,278円 3,278円
データ容量 15GB 15GB
翌月繰越 ×
速度切替 ×
低速モード時
通信速度
1Mbps 1Mbps
キャッシュバック 最大13,000円
専用ページ
最大6,000円
2年総額
SIMのみ契約
新規:65,472円
MNP:57,772円
72,072円
2年総額
端末セット契約
(端末代金除く)
68,772円 78,672円

※2年総額には、契約時に掛かる「契約事務手数料」も計算に入れております。

UQモバイルはSIMのみ契約であれば、新規6,000円、MNP13,000円のキャッシュバック適用となりますので、端末セット契約時とは2年総額が異なります。

プランL比較(25GB)

プランS契約時の月額料金・プラン内容・2年総額をシミュレーションしながら、UQモバイル・ワイモバイルの新プランを比較してみましょう。

プランL UQモバイル
公式サイト
ワイモバイル
公式サイト
プラン名 くりこしプランL シンプルL
月額料金 3,828円 4,158円
データ容量 25GB 25GB
翌月繰越 ×
速度切替 ×
低速モード時
通信速度
1Mbps 1Mbps
キャッシュバック 最大13,000円
専用ページ
最大6,000円
2年総額
SIMのみ契約
新規:91,872円
MNP:84,172円
93,192円
2年総額
端末セット契約
(端末代金除く)
95,172円 99,792円

※2年総額には、契約時に掛かる「契約事務手数料」も計算に入れております。

UQモバイルはSIMのみ契約であれば、新規6,000円、MNP13,000円のキャッシュバック適用となりますので、端末セット契約時とは2年総額が異なります。

【家族割適用時】月額料金・2年総額比較

ワイモバイルの場合、家族契約であれば「家族割引サービス(毎月500円割引)」が適用可能ですし、ソフトバンク光契約者であれば「おうち割 光セット(毎月500円割引)」が適用可能です。
(重複適用不可の為、いずれか一つのみ)

つまり、家族割などが適用できない代わりに、「元々安いUQモバイル」と、UQほど安くないけど、「家族割が適用できるワイモバイル」というところで、「割引なしのUQモバイル」と「家族割適用のワイモバイル」という条件で月額料金・2年総額を比較していきましょう。

契約予定のプランをご選択ください。
プランS
プランM
プランL

お一人様であれば、間違いなく、UQモバイルの方がお得です。

【家族割適用時】プランSの月額料金・2年総額

プランS契約時の家族総額をシミュレーションしていきましょう。
家族4人契約という形でシミュレーションしていきます。

プランS UQモバイル
公式サイト
ワイモバイル
公式サイト
プラン内容 データ容量 3GB 3GB
翌月繰越 ×
速度切替 ×
低速時
通信速度
300Kbps 300Kbps
月額料金
内訳
1,628円 2,178円
(家族割対象外)
1,628円 990円
子供 1,628円 990円
子供 1,628円 990円
月額合計 6,512円 5,148円
初期費用
(4人分)
13,200円 0円
キャッシュバック
(4人分)
最大40,000円
専用ページ
×
2年総額
(端末セット契約)
169,488円 123,552円
2年総額
(SIMのみ契約 新規)
156,288円 123,552円
2年総額
(SIMのみ契約 MNP)
125,488円 123,552円

※2年総額には、契約時にかかる契約事務手数料4人分の12,000円(3,000円/人)・キャッシュバックを加味しています。
※2年総額(端末セット契約)の項目に端末代金は含みません。

【家族割適用時】プランMの月額料金・2年総額

プランM契約時の家族総額をシミュレーションしていきましょう。
家族4人契約という形でシミュレーションしていきます。

プランM UQモバイル
公式サイト
ワイモバイル
公式サイト
プラン内容 データ容量 15GB 15GB
翌月繰越 ×
速度切替 ×
低速時
通信速度
1Mbps 1Mbps
月額料金
内訳
2,728円 3,278円
(家族割対象外)
2,728円 2,090円
子供 2,728円 2,090円
子供 2,728円 2,090円
月額合計 10,912円 9,548円
初期費用
(4人分)
13,200円 0円
キャッシュバック
(4人分)
最大40,000円
専用ページ
最大24,000円
専用ページ
2年総額
(端末セット契約)
275,088円 229,152円
2年総額
(SIMのみ契約 新規)
261,888円 202,752円
2年総額
(SIMのみ契約 MNP)
231,088円 202,752円

※2年総額には、契約時にかかる契約事務手数料4人分の12,000円(3,000円/人)・キャッシュバックを加味しています。
※2年総額(端末セット契約)の項目に端末代金は含みません。

【家族割適用時】プランLの月額料金・2年総額

プランS契約時の家族総額をシミュレーションしていきましょう。
家族4人契約という形でシミュレーションしていきます。

プランL UQモバイル
公式サイト
ワイモバイル
公式サイト
プラン内容 データ容量 25GB 25GB
翌月繰越 ×
速度切替 ×
低速時
通信速度
1Mbps 1Mbps
月額料金
内訳
3,828円 4,158円
(家族割対象外)
3,828円 2,970円
子供 3,828円 2,970円
子供 3,828円 2,970円
月額合計 15,312円 13,068円
初期費用
(4人分)
13,200円 0円
キャッシュバック
(4人分)
最大40,000円
専用ページ
最大24,000円
専用ページ
2年総額
(端末セット契約)
380,688円 313,632円
2年総額
(SIMのみ契約 新規)
367,488円 287,232円
2年総額
(SIMのみ契約 MNP)
336,688円 287,232円

※2年総額には、契約時にかかる契約事務手数料4人分の12,000円(3,000円/人)・キャッシュバックを加味しています。
※2年総額(端末セット契約)の項目に端末代金は含みません。

家族割時の選定ポイントまとめ

プランL契約時に限り、ワイモバイルの方が若干安くなります。
ただ、そもそものデータ容量がUQモバイルの方が多く、あまったデータの翌月繰り越し・速度切替に対応している点を考えると、コスパという点ではUQモバイルに軍配が上がると思います。

プランS・プランMであれば、普通にUQモバイルの方が安く、現状、ワイモバイルより商品力は高いかと思います!

お一人様でも家族契約でもお得なのはUQモバイル

お一人様契約でも家族契約でも、UQモバイルの方が月額料金が安く、速度切替・データ容量の繰り越しに対応しているので、UQモバイルの方が使い勝手・満足度ともに高いかと思います。

最近では、Amazonなどで、SIMフリー端末を購入される方も多いですが、そのような方であれば、SIMのみ契約限定の最大10,000円「UQモバイルキャッシュバック」対象となりますので、UQモバイルの方が断然お得です。

別記事でご紹介しておりますが、「AQUOS sense4」や「Redmi note 9s」もUQモバイルで使えます!

【補足説明】 「速度切替」のメリットとは?

当記事で解説している通り、UQモバイルは「速度切替に対応」、ワイモバイルは「速度切替に非対応」となっております。

「速度切替できるメリットってなんなの?」
「わざわざ低速で使う理由がわかんないんだけど?」

という方向けに、速度切替のメリットを解説していきます。

容量消費ゼロで使い放題

速度切替で低速通信を使うメリットは、ただ一つ。
低速通信時は、データ容量を消費することなく使い放題となる点です。

UQモバイルの場合、低速通信である「節約モード」設定時の通信速度は、プランSで300Kbps、プランM/Lで1Mbps。
この速度で使い放題となるのが、速度切替の魅力です。

1Mbpsも出ると、Youtubeでの中画質での動画視聴やインターネットは、ほぼストレスなく利用可能。
各種SNSやLINE通話・LINEビデオ通話も全く問題なく出来てしまうぐらいの速度ですので、生活シーンの大半において、「節約モード」で代用できるかと思います。

UQモバイルは任意切替・Y!mobileは強制切替のみ

UQモバイルは、任意のタイミングで「高速モード」⇔「節約モード」の切替が可能です。
(UQポータルアプリからワンタップでいつでも切替可能)
また、容量を使い切った場合には、当月中は強制的に、「節約モード」の設定となります。

追加容量を購入することで、高速モードを利用することも可能です。

ワイモバイルの場合、任意切替はできず、容量超過時の強制切替のみとなります。

【動画検証】「1Mbpsなんて、実用性ないだろ!」「いや…」

「光回線で10Gbpsっていうこの時代に、1Mbpsなんて実用性ないだろ!」
私も最初はそう思ってました。

「くりこしプランM/L」での「節約モード」設定時は、1Mbpsの通信速度となりますが、実用性はみなさんの想像以上のハズです。

当サイトの過去記事「300Kbps・1Mbpsの実用性比較」でもご紹介しておりますが、想像以上に使えます。

UQモバイル節約モード

上記動画では、ご紹介しておりませんが、
LINEの無料通話はもちろん、ビデオ通話も普通にきれいな画質で通話可能です。

つまり、通常の利用シーンにおいて、「高速モードじゃないとダメ!というシーンはあまりない。」と言っても過言ではないほど、1Mbpsの実用性は想像以上に高いです。

PCでテザリングを使う!という方の場合、スマホでの日常利用を「節約モード」、PCでのテザリング利用時に「高速モード」と使い分けることで、データ容量を最大限活用できます。

WiMAX 7GBプランの併用を考えるぐらいなら、くりこしプランLを契約する方が断然お得です。

実行速度は、両社ともキャリア並

多くの方が、「格安SIM=遅い」というイメージを持っておられますが、UQモバイル・ワイモバイルはキャリア並に速いです。

正直、両社とも早いので、過去、他の格安SIMで速度の遅さにイライラしたことのある方であれば、これら2社を選択しておけば後悔しません。
逆に、UQモバイル・ワイモバイルの速度に不満なら、5Gしか解決策はないでしょう。
(キャリアにMNPしたとしても、4Gの通信速度はほぼ一緒です。)

特に、UQモバイルは1日のうちで最も回線が混雑する12時~13時の時間帯においても速度の低下がほとんどありません。
ワイモバイルも実行速度はUQモバイルとほぼ同等ですが、混雑時間帯に少し弱いようです。

参考:MMD研究所「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」

当サイトでは、auとUQモバイルの4G回線の速度比較を行いましたが、結果はほぼ一緒でした。

UQモバイルとauの速度比較

このように、「安いから遅い」という訳でなく、キャリア回線の品質をほぼそのままに安くしたのが、「UQモバイル」「Y!mobile」と言ったイメージでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※注意 UQモバイルキャッシュバックページについて

キャッシュバック専用ページ以外からの申込はキャッシュバック対象外となりますので、ご注意下さい。
リンク先に「キャッシュバック」の記載があることをご確認ください。

→ UQモバイルキャッシュバック専用ページ