最大10,000円キャッシュバック!

執筆者プロフィール

UQモバイルお得ナビ管理人プロフィール

2014年の格安SIM黎明期より、格安SIMを利用しており、
初めて契約した格安SIMは「U-mobile」。

当時、速度がMVNOごとにかなり開きがあり、
「U-mobile」は価格が安いことには満足していたものの、
実効速度が遅すぎて、他に良い格安SIMはないか?
と色々と契約し始めたのが、格安SIM沼にハマったきっかけでした。

その後、PCでのテザリング用に、SIMフリーのモバイルルーター「MR03LN」を購入し、
データ専用SIMを契約しまくりました。

筆者が過去に契約した格安SIM
・UQモバイル
・IIJmio
・楽天モバイル(旧プラン・UN-LIMIT)
・U-mobile
・OCNモバイルONE
・mineo
・BIGLOBEモバイル
・NifMo
・LINEモバイル
・イオンモバイル
・BIC SIM
・nuroモバイル
・エキサイトモバイル
・DTI SIM
・b-mobile
・フリーテル(後に楽天モバイルに吸収)
・DMMモバイル(後に楽天モバイルに吸収)

このように、大手MVNOの格安SIMはほとんど契約してきました。

そして、テザリング用のメインSIMをUQモバイル「データ高速プラン(3GB)」に決めるまでに約2年の歳月を費やし、その後、2018年メイン携帯も「UQモバイル」にMNP。

以来、ずーっと、メイン携帯のSIMはUQモバイルです。

こうした過去から、自分が本当に満足度の高かった格安SIMとして、「UQモバイル」にフィーチャーし、ご紹介しております。

私自身、UQモバイルは家族・友人にもオススメしており、現在では、僕がUQモバイルを勧めた人たちの5割ぐらいがUQモバイルユーザーとなっています。
残りの5割は、「安いものにはなにか裏があるに違いない!」という、食わず嫌い的な「格安SIM恐怖症」を持っており、キャリアを使い続けています。笑

「UQモバイル」はもともと、WiMAXを展開していたKDDIグループの「UQコミュニケーションズ」が運営していましたが、現在では、「KDDI株式会社」の一事業となっています。

運営母体がしっかりしているので、他の格安SIMより、「回線品質」「サポート品質」を含めた総合的なサービス品質の安定度が高いのも魅力です。

筆者が初めて利用した格安SIMはU-mobileと書きましたが、それまではdocomoを利用しており、月額7,000円近く払っていたのが懐かしいですね。

UQモバイルの価格変更や端末の販売価格なども約3年ほど見てきていますが、
Y!mobileと同等の月額料金で、端末価格は断然安く。というスタンスも好きです。

Y!mobileが値下げすれば、UQモバイルも追随するというスタンスですので、Y!mobileが値下げしても、全然ヒヤヒヤしません。むしろ、「お、UQモバイルも値下げだ!やったー。」ぐらいの安心感があります。

そういう価格面での安心感もあって、やっぱり、UQモバイル大好きです。
これからもUQモバイル愛用していきます!

この喜びを皆様と。

UQモバイルお得ナビ管理人

※注意 UQモバイルキャッシュバックページについて

キャッシュバック専用ページ以外からの申込はキャッシュバック対象外となりますので、ご注意下さい。
リンク先に「キャッシュバック」の記載があることをご確認ください。

→ UQモバイルキャッシュバック専用ページ