最大26,000円キャッシュバック開催中!

【4月版】WiMAX最安値検証!支払総額比較│UQモバイルとセットで契約するならコレだ!

wimax2+ 2年総額比較

WiMAXの契約を検討している方向けに、初期費用・月額料金・キャッシュバック・各種割引を加味した1年/2年/3年総額の比較をしてみました。

WiMAXには、本家「UQ WiMAX」以外にも「Broad WiMAX」「GMOとくとくBB WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」「DTI WiMAX」「カシモWiMAX」など様々なプロバイダが存在します。

月額料金・キャッシュバックもピンキリですので、WiMAX人気プロバイダの1年総額・2年総額をシミュレーションして比較しました。
WiMAXの契約を考えている方の参考になれば幸いです。

子供も家族も割引!

現在、開催中の「UQ親子応援割」適用で、5歳~18歳の子供とその家族全員も割引対象となり、かなりお得!20GBで10分かけ放題もついて、なんと1,958円!

親子応援割

またスマホも超特価で販売中。Androidが1円~、iPhoneが4,800円~!
参考:UQモバイル1円スマホ

端末は手持ちのを使うから要らない!という場合には、
SIMのみ契約特典の最大26,000円キャッシュバックが獲得可能!
参考:UQモバイルキャッシュバック

4月のお得情報

4月23日キャンペーン

・iPhone SE2が一括4,800円~!
・Arrows Weが一括1円~!
・Redmi 12 5Gが一括1円~!
・Galaxy A23 5Gが一括3,800円~!
・【SIMのみ契約】最大26,000円キャッシュバック!
・【端末セット契約】最大22,000円割引
 (トクトク/コミコミ+増量オプションII)

1年・2年総額の算出方法

1年総額・2年総額総額の比較ランキングをご紹介する前に、総額の算出にあたり使用した計算式を解説しておきます。

支払総額計算式

月額料金×契約期間分+契約事務手数料+端末代金-キャッシュバック-その他割引
※Broad WiMAXのみ、上記に加え、別途20,743円の初期費用が発生

「初月日割り」のプロバイダに関しては、満額発生として計算しています。

「月額2円程度のユニバーサルサービス料」は変動する可能性があるため、除外しています。
そのため、税抜き・ユニバーサルサービス料抜きとしてお考えください。

WiMAX + 5Gプラン

WiMAX+5Gプランを契約期間別で、それぞれ価格比較をご紹介していきます。

契約期間なし

5G通信対応の超高速プランの中で、契約期間・解約違約金の無いプランの比較がこちらになります。

プロバイダ 端末 端末代金 月額料金 初期 費用 CB
1~3 ヶ月目 4~25 ヶ月目
カシモWiMAX
縛りなしプラン
Speed Wi-Fi 5G X12
HOME 5G L13
0円 4,818円 4,818円 3,300円 0円
UQ WiMAX Speed Wi-Fi 5G X12
HOME 5G L13
27,720円 4,268円 4,268円 3,300円 17,820円
BIGLOBE WiMAX Speed Wi-Fi 5G X12
HOME 5G L13
27,720円 3,773円 3,773円 3,300円 0円
Broad WiMAX Speed Wi-Fi 5G X12
HOME 5G L13
31,680円 3,960円 3,960円 3,300円 0円

現状、契約縛りなしで5Gプランが契約できるのは、UQ WiMAXのみとなっております。

2年契約

WiMAX+5Gのプランの中で2年契約となっているプランの価格比較をご紹介していきます。

プロバイダ 2年総額 月額料金 初期 費用 端末代金 CB
1~3 ヶ月目 4~25 ヶ月目
GMOとくとくBB 78,141円 3,784円 3,784円 3,300円 27,720円 41,000円
DTI WiMAX 103,620円 4,180円 4,180円 3,300円 21,780円 21,780円
Broad WiMAX 143,899円 3,773円 3,773円 3,300円 31,680円 0円

現状、2年契約の5Gギガ放題プラスプランがあるのは、UQ WiMAX・Broad WiMaxだけとなっております。

※上記表「2年総額」の項目には、端末代金も含んでおります。
※端末代金は分割も可能ですが、一括払いでシミュレーションしています。
※CB = キャッシュバック

キャッシュバック額ランキング

キャッシュバック額が高額な順にランキングしています。
自営業や個人事業主・フリーランサーの方で、WiMAXの費用は経費で落ちるから、キャッシュバック最優先!という悪知恵の働く方はコチラを。笑
円 円
GMOとくとくBBが一番オススメです。

WiMAXプロバイダごとの違いと選び方

まず、WiMAXに関しては、どのプロバイダを選択しても、実行速度などの通信品質に違いはないです。
結論を言ってしまうと、プロバイダごとに異なるのは価格・取扱機種・サポートの3点のみとなります。

格安SIMでは、MVNOがキャリアから回線の一部を借りてサービス提供している為、MVNOがキャリアから借りる回線の太さ(帯域)と接続者数に応じて通信速度が変動するため、各社間で実行速度が大きく変動します。
そのため、格安SIMに関しては、MVNO選びが非常に重要となります。
(これらのことから、他社にはない帯域の太さと価格面での優位性から、当サイトでは、auのサブブランドであるUQモバイルを推奨しています。)

しかし、ことWiMAXとなると、格安SIMとは大きく状況が異なります。
「WiMAXプロバイダ=WiMAX販売代理店」というイメージに近く、各社間での通信品質に差異はなく、大元である「UQ WiMAX」と一律であり、サポート窓口だけ各プロバイダというようなイメージです。

プロバイダごとに、通信品質が変わらないWiMAXにおいては、価格とサポートのみがプロバイダ選択の焦点となります。

POINT

・WiMAXではプロバイダごとの通信品質・実効速度に変わりはない
・プロバイダ選びの要は「料金」「サポート」の2点
・ほしい端末が決まっている場合は取扱端末にも注目

これらのことを踏まえた上で、当サイトおすすめのWiMAXプロバイダ3選と各プロバイダの特徴をご紹介していきます。

自宅セット割

自宅セット割」は、UQモバイルとWiMAXのセット契約で、月額638円~858円が永年割引となる超強力なセット割です。

しかも、契約者さんのご家族も全員割引対象となります。(最大10回線まで)
(契約者が同一の場合も割引対象)

最大26,000円円の「UQモバイルキャッシュバック」・「UQ学割」などの各種割引との併用も可能な超お得キャンペーン!

自宅セット割の詳細は、下記記事にて、まとめております。

UQモバイル 自宅セット割

まだ、UQモバイルを契約していない方は、下記記事が端末選びの参考になれば幸いです。
参考:UQモバイル端末

WiMAXのプロバイダと特徴まとめ

各プロバイダの特徴をまとめがら、違いやメリット・デメリットをレビューしていきます。

【オススメ】GMOとくとくBB

キャッシュバックに力を入れており、2年総額の安さは圧倒的
2年総額で選ぶなら、GMOとくとくBBかBIGLOBE WiMAXが最良の選択と言えます。

また、GMOインターネットといえば、従業員5,000人をも有するIT企業としては国内有数の大企業であり、東証1部上場企業。
サポート体制も万全で、安心して利用できるWiMAXプロバイダの1社。

申込みページが3種類存在し、申込みページによって、条件や料金が変わるので、注意!

【最安値】最大67,000円キャッシュバックページ

GMOとくとくBBの3ページ存在するWiMAX申込みページの中で、こちらのページが1番お得
公式サイトのWEB限定キャンペーン専用ページとなっており、公式サイトTOPページ掲載のキャッシュバックよりも高額となっています。
2年総額の比較表で上位を占めているのがこちらのページからの申込みです。

参考:最大67,000円キャッシュバック

【公式TOP】キャッシュバックNGページ

GMOとくとくBB公式サイトトップページから、WiMAXの申込みに進むと、こちらのページにたどり着きます。
こちらのページ経由での申し込みはキャッシュバックが最大20,000円となっています。

その為、上の方でご紹介している「最大67,000円キャッシュバック」からの申込がオススメです。

参考:GMOとくとくBB TOPページ

【オススメ】UQ WiMAX

UQ WiMAXは、WiMAXの本家本元。
auグループのUQコミュニケーションズが運営しているWiMAXサービスです。

公式ということもあり、サポートの安心感は抜群なのですが、
1点、致命的なデメリットがあります。

価格が高いということ。
販売に関しては代理店との共存を選択し、価格競争せずに代理店に頑張ってもらうというスタンスですので、消費者からすれば、UQ WiMAXを選ぶメリットは公式の安心感ぐらいしかありません。

安心感やサポートの手厚さという意味ではダントツ1位のUQ WiMAXですが、価格面ではオススメできないのが正直なところ。
やはり、公式・WiMAX運営元という安心感で選びたい方にはオススメです。
かくいう筆者もお金に余裕があれば、UQ WiMAXを選ぶでしょうが、まだまだ価格の安さで選んでしまいます。笑

参考:UQ WiMAX

BIGLOBE WiMAX2+

https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/lte/

最近いろんなところで頑張りを見せているBIGLOBE。
GMOとくとくBB・@nifty WiMAXに次いで安い。

ただし、1年契約プランしかない点に注意!

Broad WiMAX

https://wimax-broad.jp/

Twitterでなにかと悪い噂が出ているプロバイダ。
Twitterで「Broad WiMAX」や運営会社名の「リンクライフ」等で検索するといろいろ出てくる。

基本的には解約時・サポートのトラブルに関するレビューが多く、こういうの見てしまうと、人様には勧められないなというのが正直なところ。

以前はかなり月額料金が高かったものの、5Gプランに関しては、他社水準と同等になっていますね。

Drive WiMAX

https://www.drive-net.jp/lp/wimax01/

電力自由化で名前を聞いたことのある方もいるかもしれません。

とりあえず高い。
Broad WiMAX・DTI WiMAX・UQ WiMAXに並んで高いプロバイダ。

特徴といえるものも特段なく、選択するメリットはなさそう。

DTI WiMAX

https://dream.jp/prm/wimax/

光回線などでおなじみのISP「DTI」のWiMAX。
これもUQ WiMAX・Broad WiMAX・Drive WiMAXと並んで高額な部類のプロバイダ。

これも特に選択するメリットは見つからない。

hi-ho WiMAX

https://otoku-contents.com/lp/wimaxgiga/

昔はパナソニック(旧 松下電器産業)から、IIJmioでお馴染みの株式会社IIJ、そして現在では、株式会社ISPホールディングス運営。
光回線などでおなじみのISP「hi-ho」のWiMAX。

価格帯としては中間程度ですが、特に選択するメリットはなさそう。

2年契約プランは、こちらの専用ページからの申込が必要となり、在庫終了か2019年3月31日のいずれか早い方で受付終了となります。
今後、3年契約プランのみに移行する模様。
追記:2年契約プランは受付終了となりました。

novas WiMAX

https://shop.shinseicorp.com/

「novas HOME+CA」「URoad-Home2+」「URoad-Stick」などを製造している「シンセイコーポレーション」が提供しているWiMAXサービス「novas WiMAX」

月額料金が高い分類なので、これもオススメできる理由が見つからず。
2019年より、UQモバイルの代理店にもなっていますが、明らかに「UQモバイルキャッシュバック」経由の方がお得!

So-net WiMAX

https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax2/

ソニー系のプロバイダで光回線でおなじみの方も多いハズ。
価格帯としては中間ぐらいに位置するプロバイダ。

ソニー系ということもあって、サポートは安心と言えそう。

カシモWiMAX

https://www.ka-shimo.com/wimax

料金は比較的安い部類に入るプロバイダ「カシモWiMAX」
ただし、キャッシュバックがなく、2年総額では「GMOとくとくBB」「@nifty WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」に及ばないのも事実。
これら3社に気が進まない方は「カシモWiMAX」でも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)