最大15,000円キャッシュバック

iPhone SE3レビューしてたら、iPhone 12 miniが最強なことに気づいた件

UQモバイル iPhone SE3

表題の通りですが、第3世代 iPhone SE買うなら、iPhone 12 miniの方が断然高コスパでは?という締めになるのですが、多くの方が気になるであろう、第2世代iPhone SEとのスペック比較からどうぞ!笑

iPhone SE3 スペック│iPhone SE2との比較

iPhone SE3のスペックを項目別にまとめていきます。

基本スペック

iPhone SE3の基本スペックがこちら!

サイズは、第2世代 iPhone SE(iPhone SE2)と全く同サイズ。
重量は、148gあったiPhone SE2から、4g軽量化されています。

iPhone SE
スペック
iPhone SE3iPhone SE2
発売日2022年3月18日2020年4月24日



64GB57,800円49,820円
128GB63,800円54,780円
256GB76,800円66,880円
カラースターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED
ホワイト
ブラック
(PRODUCT)RED
サイズ(mm)138.4×67.3×7.1138.4×67.3×7.3
重量144g148g

チップセット

iPhone SE3では、iPhone 13 / iPhone 13 miniと同じチップセット「A15 Bionic」を搭載。
※iPhone 13 ProシリーズもA15 Bionicですが、GPUが5コアに強化されたSoCを搭載しています。

iPhone SE2に搭載されている「A13 Bionic」はiPhone 11シリーズと同じチップセットです。

チップセット比較iPhone SE3iPhone SE2
チップセットA15 BionicA13 Bionic
コア数6コア6コア
GPU4コアGPU4コアGPU
プロセスルール5nm7nm

ストレージ

iPhone SE3/iPhone SE2のストレージ容量ラインナップは、いずれも64GB/128GB/256GBとなっています。

ストレージ比較iPhone SE3iPhone SE2
ストレージ容量64/128/256GB

メモリ

iPhoneシリーズは、Appleがメモリ容量を公表していませんので、公式サイトのスペック表には掲載されていません。

下記が、iPhone SE3 / iPhone SE2の搭載メモリ容量となります。

メモリ比較iPhone SE3iPhone SE2
メモリ容量4GB3GB

ディスプレイ

第3世代iPhone SE と 第2世代iPhone SEの画面は全く同様です。
2年という発売時期の開きがありますが、画面は全く進化していないということですね。

後ほど解説しますが、iPhone SE3に近い価格帯で入手できる「iPhone 12 mini」と比較すると、画質の差は歴然としています。

ディスプレイ比較iPhone SE3iPhone SE2
パネル種別Retina HDディスプレイ(液晶)
サイズ4.7インチ
最大輝度625ニト
画素密度326ppi
コントラスト比1,400:1

Appleでは、iPhone SE3以降のモデル「iPhone SE4」や「iPhone 14」などはすべて有機ELを搭載するようなので、iPhoneシリーズにおいて最後の液晶パネル搭載モデルとなっています。

リアカメラ

リアカメラスペックで進化したポイントは、HDR機能が更に進化しています。
また、新たに搭載されたDeep Fusionは、写真撮影時に瞬時に9枚の写真を撮影し、合成することでさらに最適化された写真を撮影できる、最新のiPhoneシリーズに搭載されたコンピュテーショナルフォトグラフィーの代表機能と言えます。

リアカメラ比較iPhone SE3iPhone SE2
画素数1,200万画素
F値F1.8
ズーム
(光学)
非対応
ズーム
(デジタル)
5倍
機能スマートHDR 4
Deep Fusion
フォトグラフスタイル
ポートレートモード
光学式手ブレ補正
次世代スマートHDR
ポートレートモード
光学式手ブレ補正

バッテリー

iPhone SE3 / iPhone SE2のバッテリー容量を比較していきます。

バッテリー比較iPhone SE3iPhone SE2
バッテリー2018mAh1,821mAh

生体認証

生体認証に関しては、どちらも、指紋認証のみ対応となっております。
iPhone SE3 / iPhone SE2、いずれも顔認証(Face ID)には対応していません。

「コロナ禍でマスク必須時代の中、顔認証よりも指紋認証の方が断然便利!」という方が大多数でしたが、2022年3月15日に配信開始となった「iOS15.4」でマスク着用時でも顔認証ができるようになりました。

つまり、「マスク着用時に便利!」という点で、指紋認証のiPhone SEシリーズは強みがありましたが、今ではそこまでの強みではなくなってしまいました。

生体認証比較iPhone SE3iPhone SE2
生体認証指紋認証のみ

おサイフケータイ

iPhone SEシリーズは初代モデルからずっと、「おサイフケータイ」に対応しています。

おサイフケータイ比較iPhone SE3iPhone SE2
おサイフケータイ対応
(Felica搭載)

Apple Pay・モバイルSuica・nanacoモバイル・楽天Edy・WAONなどの各種電子マネーが利用できるので、ご安心ください。

防水・防塵

iPhone SE3 / iPhone SE2ともに、防水・防塵対応となっています。

防水・防塵比較iPhone SE3iPhone SE2
防水・防塵水深1メートルで
最大30分間
防水等級IPX7
防塵等級IP6X

5G・4G 対応バンド

5G通信は、iPhone SE2で非対応でしたが、iPhone SE3ではSub6の5G通信に対応しています。

5G/4G比較iPhone SE3iPhone SE2
5GSub6:対応
ミリ波:非対応

n1/n2/n3/n5/n7/n8/
n12/n20/n25/n28/n30/
n38/n40/n41/n48/n66/
n71/n77/n78/n79
非対応
4G1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/
14/17/18/19/20/21/25/26/
28/30/32/34/38/39/40/41/
42/46/48/66
1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/
17/18/19/20/21/25/26/28/
29/30/32/34/38/39/40/41/
42/46/48/66

Wi-Fi / Bluetooth

第3世代iPhone SEと第2世代iPhone SEのWi-Fi/Bluetoothの対応規格がこちらになります。

Wi-Fi
Bluetooth
比較
iPhone SE3iPhone SE2
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
BluetoothVer 5.0

第2世代 iPhone SEから進化したポイントまとめ

進化した点
  • 処理能力(最新チップセット搭載)
  • カメラの微進化
  • バッテリー容量(約10%増量)
  • 5G対応

第3世代iPhone SEが、第2世代 iPhone SEから進化したポイントとしては、処理能力・カメラ・バッテリー・5G対応の4点となります。

いずれも微進化程度の差で、大きな変化はありません。

64GBのiPhone SE3のApple Store価格は57,800円。
UQモバイルでの販売価格は、43,335円~65,335円。

この価格を加味した上で、次のお話に繋げたいと思います。
コスパで選ぶなら、iPhone SE3はなし!という件

iPhone SE3より高コスパ!iPhone 12 miniが絶対オススメ

いま、iPhone SE3の購入を検討している方に、筆者がオススメしているのは、ズバリ!
iPhone 12 miniです。

その理由を詳しく解説していきます。

スペック比較

iPhone SE3とiPhone 12 miniのスペックを比較して、要点をまとめると下記になります。

iPhone 12 miniの方が優れている点

・カメラ性能・画質
 →デュアルカメラ搭載
 →ナイトモードにも対応
 →リアカメラもインカメラも高性能
・ディスプレイ画質
 →Super Retina XDR搭載(有機EL)
 →並べてみると、画質差は歴然
 →HDR対応
 →超狭額縁ディスプレイ
・5G通信も、より高速(4×4 MIMO
MagSafe対応

iPhone SE3の方が優れている点

・処理能力
 →A15 bionic搭載(10%~20%向上)

コスパ面での考察

こうしてまとめてみると、スペック面において、iPhone 12 miniよりもiPhone SE3が優れている点は、処理能力以外にありません。

そもそもiPhone 12 miniに搭載されているA14 Bionicも処理能力はめちゃくちゃ高いです。
まもなく発売となるGalaxy S22を始め、2022年発売のAndroidフラッグシップモデルに搭載される「Snapdragon 895」と同等の処理能力を誇ります。

「iPhone 13シリーズやiPhone SE3に搭載されているA15 Bionicと比較して処理能力が劣る」とは言え、めちゃくちゃ高性能であることに間違いありません。

端末価格が同価格であるなら、間違いなくiPhone 12 miniの方が高コスパです。

実質39,000円で購入可能

現在、楽天市場でのiPhone 12 miniの開封未使用品の相場が約57,000円。
この時点で、iPhone SE3のApple Store公式価格とほぼ同額。

手持ち端末を利用する場合、SIMのみ契約で良いので、SIMのみ契約最大15,000円キャッシュバックが適用されるので、実質 約39,000円。
参考:最大15,000円キャッシュバック

UQモバイルでは契約形態により、端末価格が異なりますので、契約形態ごとの販売価格をみていきましょう。

【契約形態別】iPhone SE3の販売価格(UQモバイル)

最安値が「増量オプションありのMNP」で、43,335円。
最高値が「機種変更」で65,335円。

販売価格一覧MNP新規機種変更
増量OPあり43,335円54,335円65,335円
増量OPなし47,735円58,735円

iPhone SE3への機種変更は絶対オススメしない

上記価格表をご覧頂いた通り、機種変更の場合には、端末価格がかなり高くなっています。
この価格を支払うのであれば、間違いなく、iPhone 12 miniの方がオススメです。

iPhone 12 mini 最安値

iPhone 12 miniの最安値をまとめていきます。
今回の調査対象は、大手ネットショッピングモールの3社。
楽天市場・Yahooショッピング・Amazon

※下記表の価格は記事執筆時点のものとなります。
※リンクは各モールの該当モデル商品一覧ページにリンクしています。
※最新価格はリンク先より、ご確認ください。

iPhone 12 mini 価格比較楽天市場YahooショッピングAmazon
(整備済み品)
64GB56,980円56,500円60,580円
128GB69,000円72,980円69,800円
256GB78,800円118,000円72,040円

Amazonでは、未使用品の取扱いはなく、Amazon整備品というリファービッシュ品のみの取扱いとなっています。
参考:Amazon整備済み品とは? – Amazon.co.jp

iPhone 12 miniを購入する際の注意点

iPhone 12 miniのみならず、端末を別途購入する際の注意点として、下記は必ずご確認ください。

キャリアで販売されていたiPhone 12以前の端末をUQモバイルで利用する場合、SIMロック解除が必要となります。
※法改正により、iPhone 13以降はSIMロックが掛かっていない状態で販売されている(SIMフリー)

ネットで販売されているiPhoneの大半がSIMロック解除済み(SIMフリー)ですが、「SIMロック解除済み」や「SIMフリー」という表記が無い場合、SIMロックが掛かっている可能性が高いです。

この場合、ご自身でSIMロック解除を行う必要がありますので、不安な方は、「SIMフリー」もしくは「SIMロック解除済み」の商品を購入するのが、一番かんたんです。

【画像で比較】iPhone SE3 & iPhone 12 mini

手持ちのiPhone SE3とiPhone 12 miniを並べて、いくつか写真を取ってみました。
やはり、手に持ったときの高級感といい、狭額縁の満足感・画質の鮮やかさといい、正直、全てにおいてiPhone 12 miniの方が満足度が高いハズです。

もし、私の周りの家族・友人がiPhone SE3を検討していたら、100% iPhone 12 miniを推奨するぐらいオススメです。笑

iPhone 12 miniを購入して、UQモバイルを契約する場合には、
最大15,000円「SIMのみ契約キャッシュバック」の適用をお忘れなく!

ということで、大脱線しましたが、今回は、第3世代 iPhone SEのレビューでした。
世間は、第3世代 iPhone SEで大盛りあがりですが、値下がりしてきたiPhone 12 miniが自分の中では大盛り上がり。という情報共有でした。笑