UQモバイル「基本データ容量増量」「データ特盛」を徹底解説!Y!mobileよ、戦争だ!

201809-data

UQモバイルが9月より開始する「データ特盛」を徹底解説していきます。

この記事でわかること

・第一次サブブランド・サブキャリア大戦
・UQモバイルの「データ基本容量増量」「データ特盛」完全解説
・料金は?データ容量繰越対応?
・Y!mobileの「ギガ増量」との違い
・結局、Y!mobileとUQモバイルどっちがお得?

2018年8月1日、ワイモバイルは、プレス向け発表会で、高速データ通信容量を2倍に拡大する「ギガ増量」を発表。
2018年8月9日、UQモバイルが「ギガ増量」に対抗し、「基本データ容量の増量」と「データ特盛」を発表し、宣戦布告。

これにより、仁義なき第一次サブブランド・サブキャリア大戦が開戦した。
Y!mobile / Softbankの連合国軍、UQモバイル / auの枢軸国軍、どちらも莫大な資金力を誇るキャリアがバックについており、被害の拡大が懸念される。

おふざけはこの辺にして、UQモバイルの「基本データ容量の増量」と「データ特盛」について解説していきます。笑

UQモバイル「基本データ容量の増量」 12月1日~

2018年12月1日より、おしゃべりプラン(S / M / L)・ぴったりプラン(S / M / L)のデータ容量が増量となります。
既存のUQモバイルユーザーも増量対象ですので、12月1日より、全員一律でデータ容量が増量となります。

現在の「データ増量オプション」適用時のデータ容量が、12月以降の基本容量となり、12月以降「データ増量オプション」を適用すると、1.5倍の容量となります。

詳しくは下記表をご確認ください。

プラン 基本容量 増量オプション適用時
現在 12月以降 現在 12月以降
プランS 1GB 2GB 2GB 3GB
プランM 3GB 6GB 6GB 9GB
プランL 7GB 14GB 14GB 21GB

しかし、Y!mobileが2018年8月1日のプレス向け発表会で、9月からデータ増量を発表してしまった為、それではシェアを奪われてしまう!ということで、UQモバイルも9月からY!mobileと同様の料金構成にする為の暫定措置として「データ特盛」キャンペーンを発表しました。

むしろ、9月から基本容量を変更してしまえばよいのでは?と思うのですが、何かしらの理由があるのでしょう。

UQモバイル「データ特盛」とは? 9月1日~

2018年9月1日より11月30日まで適用されるデータ増量キャンペーンです。
先程ご紹介しました通り、UQモバイルの基本容量の増量変更は2018年12月1日~となっています。

そこで、基本容量が増量となる12月までの期間も12月以降と同条件にするキャンペーンが「データ特盛」キャンペーンです。

既存のUQモバイル契約者・新規契約者ともに適用対象ですので、8月31日以前に契約しても、9月より「データ特盛」が適用されますので問題ありません。

つまり9月以降はデータ容量が増える!

「基本容量増量」と「データ特盛」のまとめ

データ特盛キャンペーンで9月からデータ容量が増量となり、データ特盛キャンペーンは11月末で終了となります。
しかし、12月1日より、UQモバイルのデータ基本容量が増量となりますので、9月からずっと増量されるということになります。

おそらく、おしゃべりプラン・ぴったりプラン契約者の方は全員、25ヶ月間無料の「データ増量オプション」を契約しているかと思いますので、8月31日までと9月1日以降での「データ増量オプション」適用時のデータ容量をまとめておきます。

増量オプション適用時 8月31日まで 9月1日以降
プランS 2GB 3GB
プランM 6GB 9GB
プランL 14GB 21GB
データ基本容量増量とデータ特盛のまとめ

・9月からデータ容量が増量に
・Y!mobileも9月から増量
・つまりY!mobileに足並みを揃えた形
・Y!mobileと同容量

Y!mobileのギガ増量について

Y!mobileの「ギガ増量」は、基本データ容量の変更です。
つまり、UQモバイルが12月より実施する基本データ容量が、この「ギガ増量」にあたります。

Y!mobileでは、ギガ増量が9月より適用となるので、8月までと9月以降での基本データ容量は下記表の通りです。
月額料金に変更はありません。

データ容量 月額料金 8月まで 9月以降
プランS 1,980円 1GB 2GB
プランM 2,980円 3GB 6GB
プランL 4,980円 7GB 14GB

なぜ、UQモバイルの基本データ容量の増量が12月からなのかは謎ですが、「データ特盛キャンペーン」により、Y!mobileと同条件となっています。

データ繰り越しと上限容量について

UQモバイルはデータ繰り越しに対応しています。
繰り越しデータ量の上限は「翌月付与される基本容量が上限」。

つまり、基本容量が1GBのプランSを契約中であれば、1GBを上限として、データ量の繰り越しができます。
「増量オプション」を契約していてプランSで月間2GB使える場合でも基本容量は1GBなので、繰り越し上限は1GBとなります。

「データ特盛キャンペーン」の適用期間中(2018年9月~11月)は、月間容量は変更されませんので、繰越容量は従来どおりとなります。
基本容量が増量となる12月以降は、繰り越し上限も増量となります。

繰り越し上限 11月まで 12月から
プランS 1GB 2GB
プランM 3GB 6GB
プランL 7GB 14GB

かたやY!mobileはデータ繰り越し非対応となっていますので、この点ではUQモバイルに軍配ですね。

9月以降のUQモバイルとY!mobileのデータ容量比較

ここで、UQモバイルとY!mobileの料金・データ容量をいまいちど比較していきましょう。

UQモバイル Y!mobile
料金 1,980円(プランS)
2,980円(プランM)
4,980円(プランL)
容量(9月以降) 2GB(プランS)
6GB(プランM)
14GB(プランL)
データ繰り越し 可能 不可

つまり、月額料金とデータ容量はUQモバイルとY!mobileで横並びの為、データ繰越の可否が異なります。
データ繰越が出来る分、UQモバイルの方が使い勝手は良いですね。

また、口酸っぱく言ってますが、忘れてはならないのが、UQモバイルキャッシュバック
最大13,000円の現金キャッシュバックがある点も加味すると、Y!mobileのもう少し強い反撃に期待したいところです。
実行速度は超優秀な両者ですから、今後も切磋琢磨してもらえると我々消費者は嬉しいですね。笑

楽天モバイル スーパーホーダイの動向やいかに

実は、楽天モバイルも、UQモバイル・Y!mobileに対抗の料金プラン「スーパーホーダイ」を用意しています。

月額料金・月間容量ともに、UQモバイル・Y!mobileに足並みを揃えたプランでしたが、今回のUQモバイル「データ特盛」、Y!mobile「ギガ増量」によって、月間通信容量に差をつけられてしまいました。

そして、2018年8月14日時点においては、楽天モバイルからのデータ増量等に関する発表・プレスリリースはありません。

楽天モバイルは、2019年10月より、第4のキャリアになることが発表されていますし、それまでこのまま静観するのか、それともデータ増量し、UQモバイル・Y!mobileに対抗するのか、動向が気になりますね。

いずれにしても、楽天モバイルは月額料金・データ容量以外の点でも、低速通信時の速度やデータシェアなどでUQモバイル・Y!mobileと差別化を図っており、このまま静観するのも有り得そうだなという感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)