DIGNO Aのレビュー・価格・スペック

kyocera-digno-a
DIGNO Aレビューまとめ

・プランSなら7,884円、プランM/Lなら108円で買える!
・防水・防塵・耐衝撃性能完備!
・RAM 3GB / ROM32GB
・おサイフケータイは非対応!

DIGNO Aレビュー

今回は、UQモバイルで販売されているDIGNO Aをレビューしていきます!
おしゃべりプランS・ぴったりプランSでも7,884円、プランM・プランLなら108円で買える超高コスパSIMフリースマホ「DIGNO A」

防水・防塵・耐衝撃・ハイブリッドシールド(後ほど詳しく解説)の高耐久スマホで、キッズスマホとしても、修理費用の不安を抱えること無く安心して渡せます!
UQモバイルのキッズスマホ向け、セキュリティ機能もキャリアのそれを超える高機能となっています。
詳しくは下記の記事で!
参考:UQモバイル キッズスマホ

DIGNO A概要

DIGNO Aは大手キャリアなどにも端末を提供している有名な国内メーカーである京セラの端末となっています。

DIGNO Aは端末価格が非常に安く抑えられている一方で防水機能や防水機能など海外メーカーのスマートフォンには備わっていない安心に機能が備わっていますし、特に耐衝撃機能については京セラの独自技術が備わっているのでアウトドアでスマートフォンを操作することが多いという人には特におすすめできる端末の一つといえます。

DIGNO Aに備わっている最も特徴的な機能の一つが独自技術が詰め込まれた耐衝撃機能です。ハイブリッドシールド機能という液晶ディスプレイの上に強化ガラスとアクリルスクリーンを重ねた特殊構造のお陰で端末を落下させてしまった場合でも液晶割れが起きにくくなっているのです。

また手袋をはめたままでも画面のタッチ操作ができますし、濡れたままの手で操作をしても大丈夫な仕様となっているので、あらゆるシーンで快適に操作ができます。

DIGNO Aのスペック

DIGNO Aのスペックをレビューしていきます。
DIGNO Aをご検討中の方の参考になれば幸いです。

搭載CPU

DIGNO Aには、Qualcomm製Snapdragon 430というSoCが搭載されており、搭載されているオクタコアCPU「Cortex A53」のクロック数とコア数については1.4GHz/4コア+1.1GHz/4コアとなっており、チップセットについてはSnapdragon430 (MSM8937)というチップが搭載されています。

優秀なCPUが搭載されている上にプリインストールされているアプリは最小限、さらに搭載されているOSがAndroid8.0ということであらゆるアプリが快適に動作しますし、日常生活で使う上にはほぼストレスフリーで使えます。

メモリとストレージ容量

DIGNO Aに搭載されているメモリの容量は3GBと大手キャリアから販売されているミドルスペック以上のスマートフォンとほぼ同等なっています。格安スマホ端末ですが、使っていて不満を感じることはほぼないでしょう。

またストレージについては32GBと日常生活で使う上では特に問題ない容量となっている上にmicroSD等の外部ストレージを使うことで最大256GBまで拡張できるので、動画などの大容量ファイルを持ち運ぶことが多い人でも安心です。

ディスプレイ

ディスプレイのサイズは5インチであり、解像度については1920×1080とHD画質になっています。

ユーチューブの動画なども鮮やかに見ることができますし、自身で撮影した写真も鮮やかに再生できます。また液晶ディスプレイの上に強化ガラスとアクリルスクリーンを重ねた特殊な強化構造となっているので、画面が割れにくい上に傷もつきにくくなっています。

ディスプレイ保護のためにシールやガラスシートなどを貼る必要がなく、快適に使えます。

カメラ

メインカメラの有効画素数はおよそ1300万画素なので鮮明な写真や動画撮影が可能ですし、像面位相差オートフォーカス機能が搭載されているので子どもが遊んでいるシーンなど素早い動きを撮影したい場合にも重宝しますし、暗い場所で撮影する場合には自動的に明るさの調節をしてくれます。

またアイコンの位置や撮影ボタンの位置などを利用者自身で自由にカスタマイズできるので、自分にとって最も使いやすい仕様へと使いながら進化させることができます。

防水・防塵・耐衝撃

水回りやスポーツシーン、アウトドアシーンでも利用できるように防水・防塵・耐衝撃機能は盤石のものとなっています。濡れた手で操作することもできますし、泥などの汚れが付着してしまった場合でも水で洗い流すことができます。

ハイブリッドシールド搭載

防水・防塵・MIL規格の耐衝撃性能を完備し、ディスプレイ部分の保護機能「ハイブリッドシールド」と相まって、かなり堅牢なスマホとなっている為、キッズスマホにも最適!

ハイブリッドシールドとは、京セラが独自開発した技術で、旭硝子製の「Dragontrail X」という曲がる強化ガラスと耐擦傷性の高いコーティングを施したアクリルスクリーンの二重構造に加え、筐体フレームをガラス表面部分から少しだけ浮き出す構造により、非常にガラス割れを起こしづらい構造となっています。

そのため、荒い扱い方をするであろう子供向けのスマホとしても安心で、修理費用の不安がかなり軽減できます。

DSDSについて

DIGNO AはディアルSIMデュアルスタンバイには非対応の端末となっています。

入れることができるSIMカードの枚数は1枚のみとなっており、海外旅行などで現地のSIMを使いたい場合などにはSIMカードの入れ替えをする必要があります。

DIGNO A SIMサイズ

DIGNO AのSIMカードのサイズについてはnanoサイズとなっています。サイズを間違えないようにすると良いでしょう。

ハイレゾ

DIGNO Aはハイレゾ音源の音楽の再生には非対応となっています。
ハイレゾ音源の再生をしたい場合には注意が必要です。

おサイフケータイ

DIGNO Aにはおサイフケータイ機能(Felica)は搭載されていないため、おサイフケータイを使いたい場合には注意が必要です。

セルフィー

DIGNO Aのインカメラの有効画素数はおよそ500万画素となっています。自撮り写真も綺麗に撮影する事ができます。

DIGNO Aの価格

DIGNO AはUQモバイルの専売端末であり、31,212円にて販売されています。
ただし、UQモバイルではキャリアの「月月割」のような端末サポート割引「マンスリー割」があり、実質負担額はかなり安いです。

プランSの場合、実質負担額7,884円程度。プランM・プランLの場合には、実質負担金108円という激安価格です。

さらに、最大13,000円キャッシュバックにも対応しているので、キャッシュバックを加味すると端末代金は実質無料と言えます。
参考:UQモバイルキャッシュバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)