UQモバイルで使える白ロムと設定まとめ│おすすめのキャリアスマホ3選

uqmobile-career-smartphone
この記事でわかること

・UQモバイルで使える白ロムの解説
・UQモバイルで白ロムを使う方法
・オススメの白ロム3選
・UQモバイルのAPN設定方法(Android/iOS)

UQモバイルでキャリア(docomo/au/Softbank/Y!mobile)の白ロムを使う方法や設定などをまとめました!
今お使いのスマホを使い続けたい方はもちろん、UQモバイルを現在利用中でキャリアスマホを購入して使いたい方も、参考になればうれしいです。

SIMロック解除済みの白ロムを狙おう!

まず、お伝えしておきたいのが、UQモバイルで使えるキャリアスマホは何もau端末だけではありません。
docomo・Softbank・Y!mobileのスマホなどであっても、SIMロックを解除すれば、UQモバイルで利用可能です!

逆に、au端末でもSIMロック解除が必要となる場合がありますし、基本的には、SIMロック解除済みの白ロムがオススメです。(後ほど、詳しく解説)

SIMロック解除済みの白ロムなら、海外でも現地SIMが格安で使えるのでオススメです!

auの白ロムでもSIMロック解除が必要なケース

auの白ロムでSIMロック解除が必要となるケースもあります。

au端末であっても、2017年7月以前に発売されたVoLTE端末ではSIMロック解除が必要です。

これが理不尽で、auが「UQモバイル」「mineo」「IIJmio」「BIGLOBEモバイル」といったMVNO専用に発行している「MVNO専用VoLTE SIM」(UQモバイルで言うところの「マルチSIM」)をau端末に挿入した場合、他社SIMという認識になり、通信が一切できない(圏外)という謎仕様の為です。

じゃあ、SIMロック解除していないau VoLTE対応端末でも、LTE SIM(UQモバイルで言うところのnano SIM / micro SIM)を挿せば、SIMロック解除不要で使えるんじゃない?という考えが思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれませんが、これはできませんのでご注意ください。

2017年8月以降発売のVoLTE端末

また、2017年8月以降に発売されたau端末では、auの「MVNO向けVoLTE SIM」でも「au SIM」として認識するような仕様に変更された為、昨今のau端末においては、UQモバイルのマルチSIM(VoLTE SIM)がSIMロック解除不要で使えるようになっています。

ご利用端末のSIMロック解除の要否は、こちらのページをご確認ください。
参考:UQモバイル SIMロック解除要否

UQモバイルで使えるキャリアの白ロムまとめ

つまり、SIMロック解除済み端末であれば、docomo・AU・Softbank・Y!mobileなど、キャリア問わず、iPhone / AndroidともにUQモバイルを利用可能です。

一部、利用できない端末があるかもしれませんので、かならず、UQモバイル公式サイトの「動作確認端末一覧」をご確認ください。

UQモバイルで使えるオススメの白ロム5選【2018年夏モデル】

UQモバイルで使えるオススメの白ロムをまとめていきたいと思います!
ヤフオクでの落札相場も併記しておきますので、参考にして頂ければ幸いです。

キャリアスマホということもあり、今回ご紹介する白ロムは、全機種「防水」「防塵」「おサイフケータイ」対応となっています。

Amazonや楽天市場での販売価格は、ヤフオクの落札相場10%~20%増し程度であることが多いです。

HUAWEI P20 Pro 実売8万円程度

国内では、docomo限定販売の「P20 Pro」
CPUには、HUAWEIのグループ企業Hisilicon製の最新SoC「Kirin 970」を搭載。
メモリ6GB、ストレージ128GB、有機ELディスプレイ、三眼カメラと十分すぎるほどのハードウェアスペック。

CPUの処理能力は、Xperia XZ2 Premiumより劣るものの、カメラの性能評価サイト「DxOMark」でスマホ史上、過去最高スコアを叩き出したこともあり、カメラ性能に注目が集まっている機種です。

トリプルカメラ搭載、光学式手ブレ補正をトリプルカメラ全てに搭載、1/1.7インチの大型センサーを搭載など、スペック上はかなり最強とも言える、カメラを搭載しています。

写真加工なしで、自然に色付けされたビビットな写真が好評を博しています。
ただ、動画性能に関しては、iPhone XやXperia XZ2シリーズには及ばない印象はあります。

P20 Proのデメリットは、SDカードスロットを搭載していない点
128GBのストレージ容量となっているので、動画を頻繁に撮影する方以外であれば、問題はないかと思います。
ただし、USB Type-C経由で接続できるmicro SDカードアダプタが付属しています。

ヤフオクの取引相場は8万円程度。(新品・SIMロック解除済み品)
機種名:HW-01K

Xperia XZ2 Premium 実売9万円程度

XperiaのハイエンドモデルシリーズXZ2シリーズのフラッグシップモデル「Xperia XZ2 Premium」
現時点で最強の処理能力を誇るQualcomm製の最新SoC「Snapdragon845」に、6GBメモリ・64GBストレージとこの上ないハードウェア構成。

カタログスペック上では、P20 Proの「有機ELディスプレイ」「トリプルレンズカメラ」に対して、Xperia XZ2 Premiumでは、「液晶ディスプレイ」「デュアルレンズカメラ」とP20 Proのそれよりも劣りますが、有機ELディスプレイを搭載することもできるソニーにはあえて液晶ディスプレイを選択肢、トリプルカメラではなくデュアルカメラを選択したことには意味があります。

SONY初のデュアルカメラ搭載となった「Xperia XZ2 Premium」ですが、複眼レンズカメラの開発思想として、高画質化を図っているHuaweiに対し、「Xperia XZ2 Premium」では、暗所撮影時(高感度時)の画質向上を目指して設計されており、夜景撮影や低照度の室内などでの撮影が多い方にはオススメ。

また、複眼カメラになったことにより、「一眼レフのようなボケ感が出せる」というメリットも他機種同様「Xperia XZ2 Premium」の魅力でしょう。

Xperia XZ2 Premiumのデメリットといえば、ノッチデザインの全画面液晶がトレンドの昨今、「Xperia XZ2 Premium」は旧来通りのデザインで古臭さを感じてしまう方もいるでしょう。

ヤフオクの取引相場は9万円程度。(新品・SIMロック解除済み品)
機種名:SO-04K(docomo)、SOV38(au)、ソフトバンクは取扱なし

AQUOS R2 実売7.5万円程度

SHARPの大ヒットモデル「AQUOS R」の後継機「AQUOS R2」。
最近のスマホでなにかと問題となる「発熱によるオーバーヒート」にも力をいれているスマホです。

前モデル「AQUOS R」でも、冷却性能については力をいれて開発していたようですが、今作「AQUOS R2」では「AQUOS R」からのフィードバックも踏まえて、熱伝導率の高い放熱シートの増設など、放熱性能に引き続き力を入れて開発しています。

また、二眼カメラを搭載していますが、他社の二眼カメラとは設計思想が異なり、他社モデル「HUAWEI」「SONY」等では高画質を追求する為に、モノクロセンサー+カラーセンサーの二眼カメラを搭載しています。

しかし、「AQUOS R2」の二眼カメラは、「動画専用カメラ+静止画専用カメラ」となっており、動画と静止画の同時撮影に主眼を置いて設計されています。

ヤフオクの取引相場は7.5万円程度。(新品・SIMロック解除済み品)
機種名:SH-03K(docomo)、SHV42(au)、706SH(Softbank)

白ロムでUQモバイルを使う際の設定

白ロムをUQモバイルで使う際に必要となる設定は、「APN(アクセスポイントネーム)」の設定となります。
Androidでは、APN設定を手動入力し、iPhoneやiPadでは、UQモバイル公式サイトから「APN構成プロファイル」をダウンロードし、インストールしていきます。
それぞれ、解説していきます!

APN設定方法

Android:APN設定を手動設定
iOS:「APN構成プロファイル」をインストール

AndroidのAPN設定

機種によって、表記が若干異なります。
また、au版の白ロムでは、「APN設定」ではなく「CPA設定」という表記になっています。

「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→右上の「︙」→「新しいAPN」

端末ごとのAPN設定ページまでの辿り方は、mineoサポートサイトで詳しく解説されていますので、下記ページからご利用の端末のAPN設定方法を参照すると、とてもわかり易いです!

参考:mineo ネットワーク設定方法

入力する項目は、上記のmineoサポートページのものではなく、下記UQモバイルのAPN設定を入力してください。

UQモバイルAPN設定
APN名、アクセスポイント名 uqmobile.jp
APN、APN設定 uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 uq@uqmobile.jp
Password、パスワード uq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプ default,mms,supl,hipri,dun

iOSのAPN設定

iPhoneやiPadの場合には、UQモバイル公式サイトから「APN構成プロファイル」をダウンロードし、インストールする必要がありますので、Wi-Fiのセットアップをしてインターネットが利用できる状態にしておきましょう。

Safariで下記URLにアクセスし、「APN構成プロファイル」をダウンロードし、インストールしましょう!

これで、白ロムでUQモバイルを利用する準備が整いました。
「白ロム」「格安SIM」と聞くと、一見難しそうですが、意外とかんたんですよね。

白ロム利用の場合でも端末セット契約がオススメな理由

以前の記事でもご紹介していますが、UQモバイルには強力な端末購入サポート割引である「マンスリー割」があり、人気のSIMフリースマホが108円で購入できます。

SIMのみ契約も端末セット契約も「UQモバイルキャッシュバック」の対象ですので、この点で変わりはないのですが、UQモバイルキャッシュバックと108円スマホはどちらも活用しておきたいところです。

108円で端末が買えると聞くと、月額料金や2年総額が高くなるんでしょ?と思いますが、SIMのみ契約と端末セット契約で、本当に108円しか変わりません。

つまり、SIMのみ契約の2年総額に108円を追加するだけで、端末がついてきます。
詳しくは下記記事にて、ご紹介していますので、ご覧になってみてください。

参考:SIMのみ契約は最大36,646円の損?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)