arrows M03のレビュー・価格・スペック【販売終了】

uqmobile_arrows_m03

arrows M03レビュー

今回は、UQモバイルでも販売されている人気のSIMフリースマホ「arrows M03」をレビューしていきます!

arrows M03概要

arrows M03は国内メーカーである富士通製のSIMフリースマートフォンであり、日本人にはお馴染みのおサイフケータイ機能や防水機能・防塵機能などが備わっているので海外メーカーのSIMフリースマートフォンと比較すると安心して利用できます。

またドコモ回線利用した格安SIMで利用できるのはもちろん、au回線を利用した格安SIMでも利用可能なので契約できるプランが他のSIMフリー端末よりも多いという特徴もあります。

スマートフォンを利用する場合、多くの人がバッテリーの持ち具合を気にしますが、arrows M03は長期間充電しなくてもよいようにバッテリーの消費に大きく関係するディスプレイ電流に独自の電源回路を導入しているので、少なくとも3日間は電池が持つという特性があります。

また独自のバッテリーセーバー機能が備わっていますし、急速充電機能もあるので朝の出かけ前に充電を忘れていても直ちに充電して1日使うことができます。

arrows M03のスペック

arrows M03のスペックをレビューしていきます。
arrows M03をご検討中の方の参考になれば幸いです。

搭載CPU

搭載されているCPUはSnapdragon 410 MSM8916という種類のものであり、CPUのコア数はクアッドコアとなっています。

このCPUのおかげで日常生活で使用する分には快適に動作しますし、比較的動作要件が厳しいゲームアプリなどを入れてもほとんどアプリが強制終了してしまうことないので、スマートフォンでゲームをすることが多いという人でも安心して利用できます。

またバッテリーセーバー機能をオンにして動作制限をした場合でも、普段使いであれば特に不満なく使えます。

メモリとストレージ容量

arrows M03に搭載されているメモリは2GBとやや控えめではありますが、動作要件が厳しいアプリを同時に幾つも立ち上げるといった無理な使い方をしない限りは途中でアプリが落ちてしまうことはありませんし、特に動作不調が起きることもありません。

また内蔵ストレージについては16GBとこちらも控えめではありますが、arrows M03はmicroSDを使うことができ、こうした外部ストレージを使うことでストレージの容量を200GB以上増やすことができます。

ディスプレイ

ディスプレイのサイズは5インチであり、画面解像度については1280×720となっているのでHD画質の映画なども快適に視聴ができます。

また高解像度のディスプレイを搭載しているにもかかわらず、独自の省エネ技術がディスプレイの電流回路に使われているので長時間動画や写真などを見ていても電池の減りが少ないというメリットもあります。

またディスプレイには傷が付き難い加工が施してあるので、もしも落下させてしまった場合でも画面割れのリスクが低くなっています。

カメラ

arrows M03には富士通独自の映像処理エンジンであるグランビューという機能に加えてSONY製のCMOSセンサーが搭載されているため、場所やシーンを選ばずに絶妙な陰影をつけて鮮明な写真の撮影が可能です。
加えてF値2.0の高性能レンズを搭載しているので暗い場所でも鮮やかな写真撮影が可能です。

背面カメラの画素数は1,310万画素であり、前面カメラの画素数は500万画素とデジタルカメラに匹敵するほどの画素数でもあるので、写真好きの人にもおすすめできます。

防水・防塵・耐衝撃

arrows M03は国内メーカーの端末ということで防水機能・防水機能が備わっていることに加えて耐衝撃機能もしっかりしているので、日常生活の中でうっかり落下させてしまっても安心ですし、アウトドアシーンでも快適に使えます。

DSDSについて

arrows M03はデュアルSIMデュアルスタンバイには対応しておらず、複数のSIMを使いたい場合にはその都度SIMカードを差し替える必要が有ることを覚えておく必要があります。
海外旅行などの際には注意が必要です。

arrows M03 SIMサイズ

arrows M03に差し込めるSIMカードのサイズはnanoサイズのSIMカードとなります。注文の際にはサイズを間違えないようにすると良いでしょう。

ハイレゾ

arrows M03はMP3などの音源の再生は可能ですが、ハイレゾ音源の再生には非対応であるため、ハイレゾを聴きたい場合には注意が必要です。

おサイフケータイ

おサイフケータイに対応している機種であるため問題なく利用できます。楽点Edy・nanacoモバイル・WAONなど主要な電子マネーに対応しているので不満なく使えるでしょう。

セルフィー

インカメラの有効画素数は500万画素となっているのできれいな写真を取ることができます。セルフィー機能も十分だと言っても過言ではありません。

arrows M03の価格

arrows M03はUQモバイルでは41,904円という価格で販売されておりました。
現在では、販売終了となっているので、Arrows M04 PREMIUMが後継機にあたります。

ただし、スペックを考えると、Arrows M04 PREMIUMよりもDIGNO Aの方がオススメです。

おしゃべりプランやぴったりプランを契約した場合には端末購入割引である「マンスリー割」が受けられます。
プランSを契約して分割払いで購入した場合の実質負担額は月額1,296円ですが、プランMやプランLを契約した場合の実質負担額は月額864円となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)