UQモバイル「マンスリー割」解説!機種別割引額一覧(iPhone / Android)一括や機種変更の場合は?

UQモバイル マンスリー割

UQモバイルの2大魅力といえば、「UQモバイルキャッシュバック」と「0円スマホ」!
0円スマホがこの価格で購入できるのは、「マンスリー割」のおかげです。
今日は、この「マンスリー割」を徹底解説していきます!

2018/10/15追記:「nova2」「P20 lite」「iPhone 6s 32GB」「iPhone 6s 128GB」が大幅値下げとなりました。

「マンスリー割」対象プラン

「マンスリー割」は、UQモバイルの一部プランのみ適用対象となっています。

「おしゃべりプランS」「おしゃべりプランM」「おしゃべりプランL」「ぴったりプランS」「ぴったりプランM」「ぴったりプランL」これら6プランのみ、「マンスリー割」の適用対象となっています。

「データ高速プラン(データ専用・音声通話プラン)」「データ無制限プラン(データ専用・音声通話プラン)」は「マンスリー割」の適用対象外となっています。

下記が、UQモバイルの全プランとマンスリー割の適用可否の一覧表となります。

プラン マンスリー割
ぴったりプラン
(S/M/L)
適用対象
おしゃべりプラン
(S/M/L)
適用対象
データ高速
(データSIM)
対象外
データ高速
(音声通話SIM)
対象外
データ無制限
(データSIM)
対象外
データ無制限
(音声通話SIM)
対象外
マンスリー割適用対象プラン

「おしゃべりプランS」「おしゃべりプランM」「おしゃべりプランL」
「ぴったりプランS」「ぴったりプランM」「ぴったりプランL」

マンスリー割適用対象外プラン

下記は、適用対象外のプランですので、ご注意ください。

「データ高速プラン(データ専用・音声通話プラン)」
「データ無制限プラン(データ専用・音声通話プラン)」

【機種別】マンスリー割の割引額・実質負担額一覧

「マンスリー割」の割引額・実質負担額一覧を機種別・プラン別に、一覧表にしてみました。
プランM・プランLの割引額は同額ですので、「プランS」と「プランM/L」でまとめています。

Android

AndroidのSIMフリースマホのマンスリー割、割引額と実質負担額の一覧がこちらになります。

端末 端末価格 プランS プランM/L
マンスリー割
割引額
実質負担額 マンスリー割
割引額
実質負担額
P20 lite 31,212円 -756円 13,068円 -756円 13,068円
DIGNO A 31,212円 -972円 7,884円 -1,296円 108円
nova 2 31,212円 -1,296円 108円 -1,296円 108円
AQUOS sense 31,212円 -1,296円 108円 -1,296円 108円
Arrows M04
PREMIUM
31,212円 -1,296円 108円 -1,296円 108円
DIGNO Phone 20,844円 -864円 108円 -864円 108円

iPhone 6s / SE

iPhoneのマンスリー割、割引額と実質負担額の一覧がこちらになります。

端末 端末価格 プランS プランM/L
マンスリー割
割引額
実質負担額 マンスリー割
割引額
実質負担額
iPhone SE 32GB 44,172円 -1,404円 10,476円 -1,404円 10,476円
iPhone SE 128GB 54,540円 -1,728円 13,068円 -1,728円 13,068円
iPhone 6s 32GB 59,724円 -1,404円 26,028円 -1,944円 13,068円
iPhone 6s 128GB 72,684円 -1,404円 38,988円 -1,944円 26,028円

ちなみに、最新のiPhone XS / iPhone XS Max / iPhone XRのSIMフリー版を購入して、UQモバイルで使う場合の2年総額をこちらでご紹介していますので、参考にしてみてください。

参考:iPhone XS / XS Max / XR UQモバイル

端末代金を一括払いした場合の月額料金

端末代金を一括払いした場合でも、「マンスリー割」は24ヶ月間適用となります。

その場合、月額料金は最安値で維持費410円で回線契約が持てます。
410円*24ヶ月で2年総額9,840円、プランSでキャッシュバックが10,000円つきますので、実質ゼロ円で2年間、回線が維持できます。

端末一括払い時の月額料金

プランS:410円~1,922円
プランM:1,490円~2,462円
プランL:3,650円~4,622円

端末・プラン別の詳細は下記の記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

参考:一括払い時の維持費

機種変更時のマンスリー割・割引額は?

機種変更時でも、「マンスリー割」は適用となります。
割引額も同額ですので、新規契約時・MNP時と同様の実質負担額で、新端末に機種変更できます。

UQモバイルの場合、「増量オプション」が2年間無料で付帯していますが、機種変更すると更に「増量オプション」が2年間無料となりますので、2年毎に機種変更するのが1番お得です。

ただし、機種変更時は、最大13,000円の「UQキャッシュバック」適用対象外となりますので、電話番号が変わっても問題ないという場合には、一度解約して、新規契約すれば、再度「UQキャッシュバック」が獲得できるため、こちらの方がお得です。

プラン変更した場合、割引額はどうなる?

UQモバイルでプラン変更した場合、プランと端末の組み合わせに応じた、マンスリー割の割引額が適用となります。
下記にプラン変更した場合の例をまとめます。

・プランSからプランM/Lに変更した場合
→プラン変更時から割引額が増額

・プランM/LからプランSに変更した場合
→プラン変更時から割引額が減額

・「おしゃべりプラン」・「ぴったりプラン」から、「データ高速プラン」「データ無制限プラン」に変更した場合
→プラン変更時からマンスリー割終了

ただし、プランSとプランM/Lでマンスリー割の割引額が同額の端末で、プランS⇔プランM/Lをプラン変更した場合、マンスリー割の割引額は変動しません。

マンスリー割の割引額は変動する

「マンスリー割」の割引額は変動します。
以前は、iPhone SE 32GBが実質負担額108円で購入できましたが、「マンスリー割」の割引額の改定により、実質負担額10,476円へと実質値上げとなりました。

このように、一概に値下げ方向への改定だけではないので、安い端末は安いうちに買っておく!というのがオススメです。

今回は、UQモバイルの超絶お得な「マンスリー割」についてまとめましたが、なにか質問などございましたら、お気軽にコメント頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)