最大26,000円キャッシュバック開催中!

【実測】UQモバイルの速度測定結果まとめ(1,581件)

UQモバイル速度

「安かろう遅かろう」が当たり前の格安SIMにおいては、「速度が遅くてイライラする!」「まともに通信できない!」と言った悩みはつきものの。

全国のUQモバイルユーザーのスピードテストの測定結果から、実際に速いのか遅いのか、検証していきます。

子供も家族も割引!

現在、開催中の「UQ親子応援割」適用で、5歳~18歳の子供とその家族全員も割引対象となり、かなりお得!20GBで10分かけ放題もついて、なんと1,958円!

親子応援割

またスマホも超特価で販売中。Androidが1円~、iPhoneが4,800円~!
参考:UQモバイル1円スマホ

端末は手持ちのを使うから要らない!という場合には、
SIMのみ契約特典の最大26,000円キャッシュバックが獲得可能!
参考:UQモバイルキャッシュバック

4月のお得情報

4月23日キャンペーン

・iPhone SE2が一括4,800円~!
・Arrows Weが一括1円~!
・Redmi 12 5Gが一括1円~!
・Galaxy A23 5Gが一括3,800円~!
・【SIMのみ契約】最大26,000円キャッシュバック!
・【端末セット契約】最大22,000円割引
 (トクトク/コミコミ+増量オプションII)

当記事では、みんそく 様のデータを参照させて頂いております。

平均実効速度 80.74Mbps(1,581件)

調査日(2023年9月2日)時点における、UQモバイルの直近3ヶ月の平均ダウンロード速度・アップロード速度・Ping値は下記の通りです。

UQモバイル実効速度
測定件数 1,581件
ダウンロード速度 80.74Mbps
アップロード速度 12.91Mbps
Ping 50.77ms

最新の測定結果は、下記よりご確認ください。
UQモバイルの通信速度レポート

格安SIMシェアNo.1「IIJmio」の速度と比較すると…?

格安SIMシェアNo.1の「IIJmio」の速度はというと、下り48.33Mbps(au回線)なので、UQモバイルの方が1.7倍近い速度が出ています。
参考データ:国内MVNO市場調査(2023年3月末時点)

IIJmio実効速度
測定件数 1,019件
ダウンロード速度 40.15Mbps
アップロード速度 8.97Mbps
Ping 67.03ms

【時間帯別】実効速度

格安SIMと言えば、「朝の通勤時間帯」「お昼休みの時間帯」「夜の帰宅~就寝時間帯」に著しく速度が低下することも知られています。

ただし、UQモバイルに関しては、時間帯問わず、安定して高速な実効速度を維持しています。

こちらも執筆時を起点とした直近3ヶ月のデータですが、時間帯別のUQモバイルの平均実効速度が下記の通りです。

時間帯 下り 上り Ping
84.38 Mbps 14.49 Mbps 47.64 ms
67.63 Mbps 11.49 Mbps 47.42 ms
夕方 78.77 Mbps 13.8 Mbps 52.19 ms
60.33 Mbps 9.68 Mbps 47.37 ms
深夜 100.71 Mbps 12.12 Mbps 58.13 ms

お昼と夜で若干の速度低下が見られますが、それでも60Mbpsオーバーの超高速通信。
現状の格安SIMで通信速度に不満のある方であれば、UQモバイルは良い候補の一つです。 

回線が同じなのに、実効速度が違う訳

日本において、MNOは現在4社。うち、MVNOに回線を貸与しているのが、docomo/au/Softbankの3社。

格安SIMは、これら3社の回線を借りて、格安SIM事業を展開しています。
UQモバイルはauの回線でサービス提供していますが、他にも、IIJmio/mineo/BIGLOBEモバイル/J:COMモバイル/イオンモバイルなど、同じau回線を利用する格安SIMは多数あります。

では、回線が同じなのに、なぜ、MVNOによって実効速度が違うのでしょうか?

キャリアとの契約内容の違い

キャリアとの契約内容(帯域幅)が、MVNOごとに異なります。

帯域幅が広ければ、一度に流せるデータ量が多くなり、回線が混雑(輻輳)しづらくなりますし、実効速度を高い水準で維持できます。

キャリアから借りる帯域幅広ければ広いほど、MVNOがキャリアに支払う回線利用料も高くなります。

逆もまた然りで、帯域幅が狭いほど、キャリアに支払う回線利用料が安くなる代わりに、通信が混雑しやすく速度が全然出ないという状況に陥りがちです。

つまり、キャリアとの契約内容と実際に使われている通信量に応じて、実効速度は変動します。

MVNOの通信を制御するPOI

キャリアはMVNOとの契約内容に応じた通信量を接続点(POI)で制御しています。

その為、キャリア契約のスマホではサクサク通信ができているのに、同じ回線のMVNOでは通信速度が遅いという状況になります。

参考:https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1512/04/news111.html

実効速度と収益性はトレードオフ

キャリアから借りる帯域幅を広くすればするほど、実効速度も速くなり、顧客満足度も上がります。
その分、キャリアに支払う回線利用料が高くなる為、実効速度を高い水準で維持しようとすればするほど、収益性はトレードオフの関係になります。

受賞歴

UQモバイルが第三者評価機関(株式会社イード)から受賞した、速度関連アワードが下記となります。

UQモバイルは2014年12月18日のサービス開始以降、毎期、通信速度に関する賞を受賞しております。2022年上半期・下半期が優秀賞(実質2位)だった以外は、毎期、最優秀賞(実質1位)という実績。

まとめ:速度重視ならサブブランドが良い!

速度と料金でスマホを選ぶのであれば、サブブランドが間違いないです。

UQモバイルは、現在ではKDDI株式会社にUQモバイル事業を合併されていますが、合併以前のUQコミュニケーションズ株式会社の時から、実効速度に関する評判は良かったです。

格安SIM黎明期は、安かろう遅かろうが当たり前でしたが、当時からUQモバイルは頭一つ抜けて速かったです。

速度・料金のバランスで選ぶなら、断然サブブランドでしょう!

【4月】開催中キャンペーン一覧

下記が今月のオススメキャンペーンとなっています。

4月23日キャンペーン

・iPhone SE2が一括4,800円~!
・Arrows Weが一括1円~!
・Redmi 12 5Gが一括1円~!
・Galaxy A23 5Gが一括3,800円~!
・【SIMのみ契約】最大26,000円キャッシュバック!
・【端末セット契約】最大22,000円割引
 (トクトク/コミコミ+増量オプションII時)

その他の細かな最新キャンペーンは下記、UQモバイル公式サイトよりご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)