「UQ家族割」の詳細と申込方法│家族で乗り換えた場合のお得額シミュレーション

uqmobile家族割

UQ家族割」は、毎月500円が永年割引となる、超強力な家族割引!
この記事では、「UQ家族割」の詳細と申込方法を徹底解説していきます。

「UQ家族割」の詳細と適用条件

まず、UQモバイルの家族割引サービス「UQ家族割」の詳細と適用条件をまとめていきます。

UQ家族割
割引額 毎月500円割引
割引回線数 最大9回線
対象プラン おしゃべりプラン
ぴったりプラン
対象外プラン データ高速プラン
データ無制限プラン
申込方法 回線開通後、UQお客さまセンターに電話

割引内容

おしゃべりプラン」・「ぴったりプラン」契約の子回線が対象。
(親回線もおしゃべり・ぴったりプランであるのが適用条件です。)

親回線(最初の1回線目)は、「UQ家族割」の500円割引対象外です。
子回線(家族回線)のみが割引対象となっています。

子回線が最大9回線まで、「UQ家族割」の割引対象なので、10人家族まで対応できます。
※家族10人以上で「UQ家族割」を適用する場合、親回線を2つに分ける必要があります。

適用条件

まず、料金プランは、親回線・子回線ともに「おしゃべりプラン」か「ぴったりプラン」である必要があり、「データ高速プラン」「データ無制限プラン」の子回線は「UQ家族割」の割引対象外となります。

「住所」もしくは「苗字」のいずれかが、親回線の契約者情報と同一である家族が割引対象です。

別居の家族の場合

別居の家族でも、苗字が同一であれば「UQ家族割」の適用対象となります!
単身赴任やお子様が大学進学で上京中、というようなケースでも「UQ家族割」の適用対象です。

同居で別姓の場合

結婚して苗字が変わっていても、二世帯住宅などで同居であれば、自分たちの家族に加え、苗字の異なる両親も「UQ家族割」の適用対象となります!

結婚して苗字が変わり、親と別居の場合、別住所・別姓となるので、両親と自分達の家族はそれぞれで「UQ家族割」は適用できますが、両親含めてひとまとめでの「UQ家族割」の適用はできません。

適用外条件

「UQ家族割」が適用対象外となる条件をまとめます。

UQ家族割の割引対象外条件

・別住所かつ別姓の家族との家族割は不可
(同居で別姓、別居で同姓の場合は適用可)
・おしゃべりプラン、ぴったりプラン以外の契約者は割引対象外
・10回線目以上の子回線は割引対象外

「UQ家族割」の申込方法

「UQ家族割」は、UQモバイル契約時には申込ができません。
回線開通後に、「UQスポット」「UQmobile 取扱店」への来店、もしくは、「UQお客さまセンター」への電話で申込をします。
別姓や別住所の場合には、「郵送申込」となります。

それぞれ、申込時に必要な書類と手続きの流れを解説していきます。

来店申込の方法(UQスポット・UQ mobile取扱店)

親回線・子回線ともに、開通が完了した状態で、
UQモバイル店舗」に、必要書類を持参の上、「UQ家族割」を申込みます。
(必要書類はこのスグ下にまとめています。)

一部、「UQ mobile 取扱店」では、同時に新規契約が必要なケースがありますので、「UQ家族割」のみの来店申込の際には「UQスポット」への来店がオススメです。
店頭で新規契約してしまうと、オンライン限定の最大13,000円「UQモバイルキャッシュバック」が対象外となります。
UQモバイルのサイトから、UQキャッシュバック適用で回線開通後、UQスポットで家族割申込、というのがスマートです。

ただ、後ほど、ご紹介する電話申込の方が楽です!

「UQ家族割」来店申込時の必要書類

・親回線と子回線、それぞれの本人確認書類

別姓や別居の場合には、下記書類が追加で必要となります。
・戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類など
(発行から3ヶ月以内のもの)

電話申込の方法(UQお客さまセンター)

親回線・子回線ともに、開通が完了した状態で、
親回線の契約者本人が、「UQお客さまセンター」で電話し、「UQ家族割」の申込をすすめます。
「同居・同姓」の場合には、電話口で「UQ家族割」の申込が完了します。
「同居・別姓」、「別居・同姓」の場合には、郵送での申込となりますので、次の項目で解説していきます。

UQお客さまセンター:0120-929-818
対応時間:年中無休 9時~21時

「UQ家族割」電話申込時の必要な情報

・親回線の契約者情報
・子回線のご契約者氏名、電話番号および住所

郵送申込の方法

「同居・別姓」、「別居・同姓」の場合、
「UQお客さまセンター」での電話申込ができない為、郵送申込となります。
UQモバイル公式サイトのメールフォームより、「UQ家族割契約申込書」の郵送依頼をしましょう。

UQ家族割申込書

後日郵送される「UQ家族割契約申込書」に記入の上、下記必要書類を添付して、返送します。

「UQ家族割」郵送申込時の必要書類

・親回線と子回線、それぞれの本人確認書類
・戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類など
(発行から3ヶ月以内のもの)

各キャリア・各MVNOの家族割の内容

昨今、基本料金やデータ料金の値下げが進むに連れ、家族割の割引内容が乏しくなっているのが通常です。

そんな中、UQモバイルの毎月500円を永年割引というのはかなり強力なんじゃないのか?と思ったのですが、実際、他社の割引内容を調べてみないとわからないなと思い、まとめてみました。

3キャリアに加え、シェア上位のMVNO15社、計18社の家族割の有無と割引内容のまとめになります。

事業者 家族割 名称 家族割 内容
docomo ファミリー割引 家族間の国内通話無料
au 家族割 家族間のSMS無料(2年契約なしの場合)
家族間のSMS・通話無料(2年契約の場合)
Softbank みんな家族割+ 50GBプランのデータ料金割引
UQモバイル UQ家族割 2回線目以降、毎月500円割引
Y!mobile 家族割引サービス UQモバイルと同様
(2回線目以降、毎月500円割引)
楽天モバイル プラス割 2回線目以降、基本料金3ヶ月無料
通話SIMなら、契約時5,000円割引
mineo 家族割引 毎月50円割引(主回線も含む)
NifMo ファミリープログラム 家族一人につき500MBデータ量増量
OCNモバイルONE なし
IIJmio なし
BIGLOBEモバイル なし
イオンモバイル なし
DMMモバイル なし
Freetel なし
LINEモバイル なし
nuroモバイル なし
U-mobile なし
J:COMモバイル なし

キャリアの家族割引は、通話無料やSMS無料といった内容で、月額料金や端末代金の割引やキャッシュバックはありません。
MVNOの大半で、家族割引は用意されておらず、「UQモバイル」「Y!mobile」「楽天モバイル」「mineo」「NifMo」の5社のみとなっています。

キャリア含む18社の家族割引をまとめましたが、やはり「UQモバイル」と「Y!mobile」の家族割が圧倒的に強力ですね。
楽天モバイルの家族割も「3ヶ月無料+5,000円割引」という内容になっていますが、永年500円/月割引の方が長期的に見れば圧倒的に魅力です。

家族でUQモバイルへ乗り換えたら、いくら節約できる?

実は、以前の記事で、ひっそりと真面目に計算しております。
下記記事を参考にしてみてください。
参考:家族でUQモバイルへ乗り換えたら、いくら節約できる?

2019年5月31日までの期間限定で、「ファミゼロ学割」という5歳~18歳のお子様とその家族を対象とした、期間限定の割引キャンペーンが実施中です。
親子・家族での乗り換えなら、今がチャンス!
参考:ファミゼロ学割

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)