最大10,000円相当 au Pay残高還元!

UQモバイル「あんしんフィルター」の機能・設定方法解説

UQモバイルあんしんフィルター

今回は、UQモバイルのスマホを子供に使わせる時に絶対につけておきたい無料オプション「あんしんフィルター」について徹底解説していきます!
「あんしんフィルター」はdocomo・au・Softbankの3キャリアで導入されているフィルタリングオプション。
UQモバイルのも導入されており、キッズスマホとしての利用も安心です!

くどいようですが、UQモバイル「あんしんフィルター」は無料!お子様のキッズスマホとして使う際には、必ずつけておきましょう!

【契約者専用】あんしんフィルター管理者ページ

【まもなく終了】子供も家族も割引!

現在、開催中の「UQ親子応援割」適用で、5歳~18歳の子供とその家族全員も割引対象となり、かなりお得!20GBで10分かけ放題もついて、なんと1,958円!

親子応援割

またスマホも超特価で販売中。Androidが1円~、iPhoneが4,800円~!
参考:UQモバイル1円スマホ

端末は手持ちのを使うから要らない!という場合には、
SIMのみ契約特典の最大10,000円相当のau Pay残高が獲得可能!
参考:UQモバイル au Pay残高還元

5月のお得情報

5月19日キャンペーン

・iPhone 12が一括19,000円~!
・Arrows Weが一括1円~!
・Redmi 12 5Gが一括1円~!
・Galaxy A23 5Gが一括3,800円~!
・【SIMのみ契約】最大10,000円相当 au Pay残高還元!
・【端末セット契約】最大22,000円割引
 (トクトク/コミコミ+増量オプションII)

UQモバイル「あんしんフィルター」

UQモバイルの「あんしんフィルター」は、子供向けのフィルタリングサービスです。
正式名称は「あんしんフィルター for au」です。
UQモバイルがauに吸収合併される以前は、「あんしんフィルター for UQ mobile」という名称で提供されていました。

未成年に有害となるサイトやアプリの閲覧・利用を制限してくれる無料オプションなので、キッズスマホとして子供にUQモバイルのスマホを与える際には必須のオプション!

無料のくせに、かなり高機能なのが憎いところです。

Google Play Storeでの「あんしんフィルター」のレビューは2点と低いですが、レビューの大半が利用を制限されているお子様から投稿で、利用制限されていることに対する酷評で評価が低くなっていますが、保護者サイドの評価は上々です。

「あんしんフィルター」で制限できること

「あんしんフィルター」で出来ることは大きく3つあります。

あんしんフィルターで制限できること

・Webサイトフィルタリング
・アプリフィルタリング
・利用時間帯の制限

これらの機能詳細を解説する前に、フィルタリング強度の設定について解説をさせてください。

【保護者側の操作】制限設定の方法

保護者側は、遠隔でお子様のスマホの制限詳細を随時変更可能です。
具体的な制限設定の登録・変更方法は、「あんしんフィルター管理者ページ」内ですべてを管理することができます。

お子様のスマホに直接触れることなく、すべての設定をインターネット上で設定出来るため、お子様が外出中でも、ご自身が仕事中・旅行中でも、24時間365日、遠隔で設定変更が出来るのは嬉しいポイント。

あんしんフィルターの利用開始に伴い、最初に管理者設定(保護者が管理者ページで登録)を行うのですが、ここで登録したIDとパスワードを利用してログインし、各種項目を設定していきます。
ですので、特定の端末からのみ設定できるという訳ではなく、両親がIDとパスワードを共有しておけば、お父さんもお母さんもWeb上で設定のカスタマイズが可能です。
(逆にいうと、このIDとPWがお子様に漏れてしまうと、勝手に設定を変更されてしまいますので、ご注意ください。)

フィルタリング強度の設定

「あんしんフィルター」では、お子様の学齢に応じて、フィルタリング強度レベルを4段階から設定可能です。

フィルタリング強度レベル

・小学生モード
・中学生モード
・高校生モード
・高校生プラスモード

「小学生モード」が最もフィルタリングが強力で、有害サイトはもちろん、多様な危険性を孕むサイトがアクセス制限の対象となっています。
逆に、「高校生プラスモード」が一番制限がゆるく、4レベルの中では、最も自由度の高いフィルタリングレベルとなります。

お子様の学齢や教育方針に合わせて、制限レベルを調節できるのも、UQモバイルの「あんしんフィルター」の魅力の一つ。

制限レベルが4段階で調節できることをご理解頂けたかと思いますので、UQモバイル「あんしんフィルター」でできるそれぞれの機能を詳しく解説していきます。

Webフィルタリング

Webフィルタリング機能では、子供・未成年に有害なWebサイトへのアクセスを遮断することができます。
フィルタリング対象サイトはカテゴリに分類され、各設定レベルごとのアクセス可否の一覧表が下記です。

  小学生 中学生 高校生 高校生プラス
違法・不法情報
出会い、アダルト、暴力
ギャンブル、飲酒、喫煙
フィッシング、ウイルスなど
セキュリティに問題があるサイト
× 制限 × 制限 × 制限 × 制限
SNS、掲示板などの
コミュニケーションサイト
× 制限 × 制限 × 制限 ○ 許可
グラビア、オカルト、懸賞 × 制限 × 制限 ○ 許可 ○ 許可
ゲーム、占い、電子書籍
動画配信、芸能情報
ショッピング、オークション
Webメール
× 制限 ○ 許可 ○ 許可 ○ 許可

違法情報・アダルトサイト・ギャンブルサイト・ウィルスサイトなどは、学齢問わず、アクセス制限の対象となっています。
それ以降のゲームサイト・グラビアサイト・SNSサイトなど、学齢に応じて、徐々にアクセスを許可していくことができます。

小学生設定の場合、青少年に有害なサイトはもちろん、ゲーム関連サイト・オークションサイト・通販サイト・Webメールもアクセス禁止となります。

中学生設定では、Webメールや通販サイトなどへアクセスできるようになります。
個別にアクセスの許可を設定したい場合には、小学生モードに設定し、個別に許可を設定することもできます。
(個別許可は、Androidのみ可能、iPhoneでは不可能。)

個別許可設定について

「あんしんフィルター」のアクセス禁止サイトであっても、Androidスマホの場合には、個別に保護者が許可をすることが可能ですが、iOSの場合、個別許可はできません。

アプリフィルタリング

アプリフィルタリングは、「あんしんフィルター」で規定されている制限対象カテゴリに属するアプリの起動が制限されます。
お子様が規制対象アプリのダウンロード・インストールまでは可能ですが、「あんしんフィルター」により、制限対象アプリが起動ができないようになります。

Android端末ではWebフィルタリング同様に、「小学生」「中学生」「高校生」「高校生プラス」の4段階でのフィルタリング設定が可能ですが、iOSの場合には、App Storeの分類「17+(17歳以上の利用が適切)」に設定されているアプリが一律で制限され、保護者が制限レベルを調整することはできません。

アプリフィルタリングでも、Webフィルタリングでも、
Androidの方が、設定を個別にカスタマイズできますので、
個別に細かく設定したい場合には、Androidのスマホを買い与えることをオススメします。

利用時間帯の制限

インターネットやアプリの利用時間を制限でき、保護者が「制限」を設定した時間では、インターネットとアプリの利用ができなくなります。
お子様のスマホ依存や使いすぎ・ゲームアプリでの遊びすぎを防げる機能となっています。

利用時間帯制限設定は、曜日別・時間別で細かく設定できるので、月曜日の15時~17時と水曜日の7時~9時のようにかなり細かく設定ができます。

学校や塾の時間帯に加えて、夜の時間帯を制限することで、夜更かしによって生活リズムが崩れるのを防ぐのにも役立ちます。

制限レベル別主要SNS利用可否

Androidスマホでは、Webフィルタリング同様に、制限レベルの設定が可能ですし、個別アプリごとに許可も可能です。
iPhoneでは、SNSアプリの許可・制限設定は、App Storeの推奨年齢基準に準拠し、17歳以上推奨アプリが一括で制限される為、保護者側で制限レベルの設定や個別アプリごとに許可設定をすることもできません。

SNS Android iOS
レベル設定不可
小学生 中学生 高校生 高校生
プラス
LINE × 制限 ○ 許可 ○ 許可 ○ 許可
Snow
Youtube × 制限 × 制限
Facebook × 制限 ○ 許可
Instagram
Twitter × 制限

Androidの方が細かく設定出来る!iPhoneは注意

制限を適用する端末(お子様が使う端末)がAndroid端末だと、細かく設定が可能ですが、iOSの場合、設定の自由度はかなり低いです。

Webフィルタリングの設定の違い

Webフィルタリングでは、Androidの場合、制限対象カテゴリのサイトでも個別に許可設定ができますし、制限対象外のサイトでも個別にアクセス禁止設定が可能です。
しかし、iPhoneの場合では、「あんしんフィルター」で用意されている各制限レベルごとの一律設定となり、個別に許可や禁止をすることはできません。

アプリフィルタリングの設定の違い

アプリフィルタリングも同様で、Androidでは、Webフィルタリング同様に制限レベルを4段階で設定できますし、禁止アプリでも、個別に利用許可設定をすることも可能です。

iPhoneでは、そもそも4段階の制限レベル設定ができませんし、一律でApp Storeの「17+」のアプリが利用禁止アプリとなります。制限レベルを「小学生」にしても「高校生」にしても、アプリフィルタリングの制限内容は一律ということになります。

Android端末の方が親子で納得できる

上記でご紹介した理由から、お子様に与えるスマホは、Android端末の方が設定内容の自由度が高く、親子で話し合って妥協点を見つけられるというのは、双方にとって、良いのではないでしょうか。

iPhoneの場合には、特定のサイトや特定のアプリの許可や禁止を設定することができませんので、設定の自由度はかなり低いです。

キッズスマホにオススメのUQモバイル端末

また、UQモバイルでは、通称「0円スマホ」と言われている、500円~5,000円程度で購入できるAndroid/iPhoneがいくつかありますので、UQモバイルをキッズスマホとして子供にわたす際にも安心です。

割引とUQキャッシュバックで更にお得に!

お子様にUQモバイルをキッズスマホとして与える際に、絶対に忘れないで頂きたいのが、下記2点。

・自宅セット割
・家族セット割
・UQモバイルキャッシュバック

それぞれ解説していきます。

自宅セット割

自宅セット割」は、対象となる「光回線」「ケーブルテレビ」「auでんき」など、いずれかのサービスの契約がある場合に適用できる割引で、毎月1,100円が永年割引となります。

しかも、家族全員が1,100円割引の対象となりますので、家族の人数 ✕ 1,100円が毎月割引となる超強力な割引です。

また、後ほどご紹介する、「UQモバイルキャッシュバック」や「端末 最大22,000円割引」とも併用可能です。
ただし、「自宅セット割」と、次にご紹介する「家族セット割」との併用は不可能となります。

家族セット割

家族セット割」は、家族で複数台UQモバイルの契約がある場合に適用可能な家族割です。
永年毎月550円割引となる割引ですので、かなり強力です。

また、家族セット割という名称になっていますが、同一名義で2回線以上の契約がある場合においても、適用可能です。

つまり、一人で複数台持ちの場合でもOK!

割引額としては、「自宅セット割」の方が強力です。
自宅セット割と家族セット割の併用は不可能ですが、どちらの適用対象にもなっている場合は、割引額の大きい「自宅セット割」が自動で適用されますので、ご安心ください。

UQモバイルキャッシュバック

UQモバイルキャッシュバック」は、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンです。
この「UQキャッシュバック」ですが、家族全員適用が可能!

家族5人でUQモバイルに乗り換えた場合、最大50,000円のキャッシュバックとなります。
また、MNPだけでなく、新規契約でもキャッシュバックを受け取れるのが魅力!

あんしんフィルターに関するよくある質問

UQモバイルのあんしんフィルターに関してよく頂く質問に回答していきます。

UQモバイルのあんしんフィルターの料金は?

あんしんフィルターは完全無料で利用できます。費用は一切発生しませんので、キッズスマホとしてUQモバイルの利用を考えている方にも安心です。

UQモバイルで子供のスマホの制限はできますか?

UQモバイルに無料付帯する「あんしんフィルター for au」では、アプリやインターネットの利用時間帯を制限することができます。お子様のスマホ依存症対策としても有効です。

【5月】開催中キャンペーン

【5月】開催中キャンペーン一覧

下記が今月のオススメキャンペーンとなっています。

5月19日キャンペーン

・iPhone 12が一括19,000円~!
・Arrows Weが一括1円~!
・Redmi 12 5Gが一括1円~!
・Galaxy A23 5Gが一括3,800円~!
・【SIMのみ契約】最大10,000円相当 au Pay残高還元!
・【端末セット契約】最大22,000円割引
 (トクトク/コミコミ+増量オプションII時)

その他の細かな最新キャンペーンは下記、UQモバイル公式サイトよりご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)