UQモバイル「セキュリティサービス」は加入すべき?料金・機能・解約方法レビュー

UQモバイル セキュリティサービス

UQモバイルのオプション「セキュリティサービス」についてレビューしていきます!
個人的には不要なオプションだと思っていますので、推奨していません。
この点も詳しく解説していきますので、「セキュリティサービスは加入すべき?」の項目をご参照ください。

UQモバイル「セキュリティサービス」とは?

UQモバイルの「セキュリティサービス」オプションですが、中身は、「ウイルスバスター モバイル for UQ mobile」ということで、中身は「ウィルスバスターモバイル」となっています。

UQモバイル セキュリティサービス
月額料金 313円(税込)
利用環境 端末の空き容量:
30MB以上の空き容量メモリ:
85MB以上の空き容量
対応OS Android
4.1 / 4.2 / 4.3 / 4.4
5.0 / 5.1
6.0 / 7.0 / 7.1 / 8.0 / 8.1iOS
9.0 / 9.1 / 9.2 / 9.3
10.0 / 10.1 / 10.2 / 10.3
11.0 / 11.1 / 11.2
機能 不正アプリ対策(ウイルス対策)
Web脅威対策
迷惑SMS・迷惑電話対策
盗難・紛失時対策
スマホ最適化
その他

「セキュリティサービス」は加入すべき?

加入する必要はないと思います!

PCのセキュリティソフトについてでも、「セキュリティソフト必須派」「セキュリティソフト不要派」と分かれますが、筆者は、なんとなくあったほうが安心なので、入れておきたいというタイプ。

そんな筆者がどうしているかというと、「ESET Smart Security」の5台版を購入して、PCとスマホにインストールしています。
これなら、自宅のデスクトップPC・ノートPCに加えスマホ3台までインストールでき、5台3年版が6,980円で購入できます。
つまり1台あたり1,396円で3年使えるので、1年あたり465円、1ヶ月あたり39円で使える計算

UQモバイル「セキュリティサービス」と比較すると圧倒的に安いです。
各セキュティソフトの機能的に差こそありますが、普通に使っている分にはそこまで神経質になる必要もないかなと思っています。

上記はESET Smart Securityの例ですが、UQモバイルの「セキュリティサービス」と各セキュリティソフトの価格を比較してみました。

各社のセキュリティソフトともに、PC・スマホ・タブレットに対応しています。

セキュリティソフト
価格比較
UQモバイル
セキュリティサービス
ESET ウィルスバスター ノートン カスペルスキー
価格 月額313円 6,980円 12,780円 18,986円 12,150円
台数 1台 5台 3台 5台 5台
年数 月額制 3年 3年 3年 3年
1ヶ月あたり/台 313円 39円 118円 105円 68円

このように比較してみると、PCやタブレット・家族のスマホなど、自分のスマホ以外にもセキュリティソフトをインストールしたい端末がある場合には、セキュリティソフトの複数台版を購入する方が圧倒的にお得です。

「セキュリティサービス」は加入を忘れてもOKですが、最大13,000円の「UQモバイルキャッシュバック」は絶対に忘れないようにしましょう!

トレンドマイクロ公式「ウィルスバスターモバイル」との価格差

また、UQモバイルの「セキュリティサービス」の中身は「ウィルスバスターモバイル」ですが、トレンドマイクロ公式サイトでの「ウィルスバスターモバイル」販売価格の方が安いです。

これが気になる点ですね。

1ヶ月あたり 価格
セキュリティサービス 313円 月額制
ウィルスバスターモバイル
1年版
256円 3,065円
ウィルスバスターモバイル
2年版
235円 5,637円

上記表の通り、トレンドマイクロ公式サイトより、ウィルスバスターモバイルを購入する方がお得ですので、UQモバイル「セキュリティサービス」を契約する必要は無いかなと思います。

また、先程ご紹介した通り、「ウィルスバスターモバイル」に特にこだわりがない場合、「ESETファミリーセキュリティ」や「カスペルスキー5台版」の方が圧倒的にお得です。

「セキュリティサービス」解約方法

UQ mobileエンタメマーケット」から解約を行う「家族みまもりパック」「UQあんしんパック」などとは解約手続きが異なります。

「セキュリティサービス」は、「my UQ mobile」より解約手続きを行います。

セキュリティサービス解約手順

  1. my UQ mobile」にアクセス
  2. 「ご契約内容」をタップ
  3. 「契約回線情報一覧」をタップ
  4. 「詳細へ」をタップ
  5. 「オプション変更」をタップ
  6. 「セキュリティサービス」のチェックを外し、「次へ」をタップ
  7. 解約手続きを進める

以上で、「セキュリティサービス」の解約が完了となります。

ウィルスバスターモバイルの機能詳細

「ウイルスバスター モバイル for UQ mobile」となっていますが、「ウイルスバスター モバイル」と機能は同等となっています。

・不正アプリ対策・安全性チェック

この機能は、Android限定となっており、iOSは対象外となっています。
そもそもiOSでは、「App Store」以外からのアプリのインストールが不可となっており、「App Store」の審査の段階である程度守られているといえます。

Androidの場合には、「提供元不明のアプリのインストール」を許可することで、「Google Play Store」以外で提供されているアプリもインストールすることができます。
このような場合に、インストール前にウィルスチェックをすることができます。

その他、アプリの権限チェックや脆弱性チェック、銀行系アプリのフィッシング対策なども搭載。

・WEB脅威対策

WEBサイトの脅威や安全性をチェックし、フィッシングサイトやウィルスサイトから防衛してくれます。
Android限定となりますが、LINE・Whatsapp内で共有されるURLのチェックも可能。

・プライバシー保護 / SNS対策

FacebookやTwitterのプライバシー設定の安全性を判定してくれます。
WEBサイトのトラッキング防止(iOS)、Wi-Fi安全性チェック(Android)なども搭載。

・ペアレンタルコントロール

これは「保護者機能」とも言われるもので、子供のスマホの有害サイトの閲覧制限やアプリの制限をすることができます。
そもそもUQモバイルでは、「あんしんフィルター」という無料のフィルタリングサービスがあるので、この点は不要ですね。

・スマホ最適化

Androidでは「メモリ最適化」「バッテリー最適化」「アプリの管理」といった項目が管理できますが、わざわざセキュリティアプリでやる必要もなく、メモリ最適化やバッテリー最適化に関しては、各自でできます。
メモリ最適化は起動中アプリの終了、バッテリー最適化は、設定画面よりカスタマイズできます。

Android iOS
・メモリ最適化
・バッテリー最適化
・アプリの管理
・セキュリティ設定チェック
・通信量のチェック

・迷惑電話拒否・迷惑SMS拒否

迷惑電話や迷惑SMSの着信拒否・受信拒否ができます。
この機能は、Android限定となっており、iOSでは利用できません。

・盗難・紛失時の対策

Androidでは、遠隔操作で端末のロックやデータの消去が可能、また、SIMカードが抜かれると自動的に端末がロックされ、不正利用や転売を未然に防ぎます。

Android iOS
・リモートロック
・遠隔データ消去
・端末の捜索
・SIMカード保護
・端末の捜索

・その他

Androidでは、パスワードを入力しないと、ウィルスバスターモバイルをアンインストールできないようになります。
これは、第三者がスマホを拾得し、悪用を図る際に、ウィルスバスターモバイルのアンインストールを保護することで、不正利用を防ぎます。

iOSでは、トレンドマイクロ パスワードマネージャーとの連携が可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)