最大13,000円キャッシュバック!

Xperia 10 IV│スペック・価格・コスパ考察

Xperia 10 IVレビュー

UQモバイルより2022年7月8日に発売となる、SONY製ミッドレンジスマホ「Xperia 10 IV」のスペック・コスパ・価格予想をしていきたいと思います!

同時期発売の「Xperia Ace III」は、「AQUOS wish」を意識したスペックでしたが、Xperia 10 IVも明らかにSHARP「AQUOS sense6s」を意識したスペック。

SONYとしては、国産格安スマホで圧倒的なシェアを誇るSHARPの牙城を切り崩したいという意図がありそうです。

この記事でわかること
  • Xperia 10 IVのスペック・価格・コスパ
  • AQUOS sense6sとの比較
  • スペック的な適正価格は3~4万円程度
  • 価格帯別オススメスマホ
AQUOS sense6sとのサイズ感 比較

【価格比較】最安値はいくら?

下記表内のリンクは、各販売元の公式サイトにリンクしています。
最新価格は、リンク先よりご確認ください。

販売 端末価格
UQモバイル 新規:58,985円
MNP:47,985円
機種変更:69,985円
ワイモバイル 55,000円前後
au 55,000円前後
docomo 55,000円前後
Softbank 55,000円前後

現状、Xperia 10 IVは、3キャリア+UQモバイルでの販売が発表されていますが、UQモバイルの販売価格が最安値となることは間違いありません。

Xperia 10 IV / AQUOS sense6s 比較

AQUOS sense6sとの比較ポイント
  • メモリ・ストレージはXperia 10 IVが上
  • バッテリー容量はXperia 10 IVの方が上
    (5,000mAh vs 4,570mAh)
  • ただ、電池持ちで選ぶならAQUOS sense6s
  • カメラスペックはXperia 10 IV が上
    (光学式手ぶれ補正搭載)
  • 持ち安さは、Xperia 10 IVが上

価格差は約30,000円ほどとなっています。(Xperia 10 IVの方が高い)

スペックはXperia 10 IVの上ですが、メモリ・ストレージ容量を除いて考えると、この価格差をXperiaブランドに払うかどうかという感じになるかと思います。

コスパで言うと、断然AQUOS sense6sに軍配が上がります。

【スペック比較表】Xperia 10 IV / AQUOS sense6s

Xperia 10 IVのスペックを表にまとめました。
右側に対比させる形で、「AQUOS sense6s」のスペックを掲載しています。

スペック
比較表
Xperia 10 IV AQUOS sense6s
価格
(新規)
58,985円 29,470円
価格(MNP) 47,985円 18,470円
発売日 2022年7月8日 2022年4月28日
本体色 ブラック
ホワイト
ミント
ラベンダー
ライトカッパー
シルバー
ブラック
サイズ 67×153×8.3 70×152×7.9
重量 161g 156g
画面
サイズ
6.0インチ 6.1インチ
画面種別 有機EL 有機EL
SoC Snapdragon 695 5G Snapdragon 695 5G
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 128GB 64GB
おサイフ
ケータイ
防水 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8
防塵 IP6X IP6X
SIM
サイズ
nano SIM nano SIM
eSIM
バッテリー
容量
5,000mAh 4,570mAh
生体認証 指紋 顔/指紋
連続通話
時間
約2,910分 約3,730分
連続待受
時間
約830時間 約940時間

Xperiaシリーズといえば、指紋認証センサー内蔵の電源ボタンを搭載し、顔認証には非対応というのがスタンダードです。

筆者は長い間Xperiaシリーズを愛用していますが、顔認証非対応で不便さを感じたことはありません。

カメラ性能

続いて、Xperia 10 IVとAQUOS sense6sのカメラ性能を比較していきましょう!

カメラ構成の違い

「Xperia 10 IV」「AQUOS sense6s」ともに、リアカメラ・インカメラともにトリプルカメラ構成。
超広角(120°前後)+広角(80°前後)+望遠(45°前後)という構成です。

カメラ構成比較
項目 Xperia 10 IV AQUOS sense6s
超広角
広角
望遠
マクロ

カメラスペック詳細(画素数・F値・センサーサイズ・画角)

それぞれの搭載カメラのスペック詳細を比較していきましょう。
両機ともに、カメラスペックは同等です。

エントリモデルの為、どちらもシングルカメラ構成となっています。
あまりカメラ性能を求めない方向けですね。

カメラ
比較
Xperia 10 IV AQUOS sense6s


画素数 800万画素 800万画素
F値 F2.2 F2.4
センサーサイズ 1/4インチ 非公表
画角 120° 120°

画素数 1,200万画素 4,800万画素
F値 F1.8 F1.8
センサーサイズ 1/2.8インチ 1/2インチ
画角 79° 79°

画素数 800万画素 800万画素
F値 F2.2 F2.4
センサーサイズ 1/4.4インチ 非公表
画角 43° 非公表
光学式手ぶれ補正
電子式手ぶれ補正
ズーム倍率
(静止画)
10倍 16倍
ズーム倍率
(動画)
10倍 16倍

バッテリー持ち・電池容量の比較

バッテリー持ちと電池容量の比較をしていきます。

バッテリー容量だけで見ると、Xperia 10 IVの方が上ですが、実際の電池持ちはAQUOS sense6sの方が上となっています。

バッテリー持ちで選ぶなら、断然、AQUOS sense6sでしょう。

バッテリー持ち
電池容量 比較
Xperia
Ace III
AQUOS
wish
バッテリー
容量
5,000mAh 4,570mAh
連続通話
時間
約2,910分 約3,730分
連続待受
時間
約830時間 約940時間

バッテリー容量は、Xperia 10 IV の方が大容量なのですが、AQUOS sense6sはSHARP独自の省電力技術により電池持ちがかなり向上されています。

電池持ちで選ぶのであれば、AQUOS sense6sに軍配が上がります。

【コスパ考察】Xperia 10 IVはあり?なし?

AQUOS sense6sのメモリ・ストレージ・カメラ増強版、というイメージのスペックなので、Xperia 10 IVの適正価格の参考値としては、AQUOS sense6s+10,000円程度というのを基準に考えます。

AQUOS sense6sとの価格差 約3万円

AQUOS sense6sとの価格差は約3万円となっています。
当記事上部でもご紹介した通り、スペック的にはAQUOS sense6sのメモリ・ストレージ増強版と言ったイメージ。

スペック差から考えると、かなりコスパは悪いと言わざるを得ません。

このクラスのスマホをお探しであれば、「AQUOS sense6s」の方が断然高コスパです。

コスパで選ぶなら、550円スマホ

UQモバイルの取扱端末で考えると、処理能力は若干落ちますが、550円で購入可能な「OPPO A54 5G」のコスパの良さが際立ちすぎて、Xperia 10 IVが霞んで見えます。
※記事執筆時点の価格.comでのOPPO A54 5G最安値は24,990円

おサイフケータイ非対応・防水防塵非対応という点が気にならなければ、OPPO A54 5Gのコスパが圧勝です。

OPPO A54 5Gは、550円という価格で販売されていますが、カメラ画質もこの価格帯のスマホとしては最高クラスです。

以前、Redmi Note 10 JEと比較した記事で実際の撮影画像をご紹介したいますので、そちらの記事をご参照ください。

OPPO A54 5GとRedmi Note10 JEの比較

OPPO A54 5GとXperia 10 IVのハードウェアスペック(SoC・メモリ・ストレージ容量)は同一です。

一番の大きな違いとしては、画面サイズと本体サイズが、Xperia 10 IVよりも断然大きい点です。

本体&画面サイズの大きさ・防水防塵非対応・おサイフケータイ非対応という点が気にならない方であれば、「OPPO A54 5G」はかなりオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※注意 UQモバイルキャッシュバックページについて

キャッシュバック専用ページ以外からの申込はキャッシュバック対象外となりますので、ご注意下さい。
リンク先に「キャッシュバック」の記載があることをご確認ください。

→ UQモバイルキャッシュバック専用ページ