【最新版】UQモバイルキャッシュバック専用ページ

【必読】9月中の申し込みに関する注意点│自動キャンセルの可能性アリ

201909-warning

「9月中の申し込みが断然お得」、「10月以降の契約では2年総額で3万円~6万円損する」と口酸っぱく解説していますが、
9月中の申込みに関して、注意点を解説させてください。

9月中の契約では、超強力な端末割引「マンスリー割」と最大18,000円の「UQモバイルキャッシュバック」の2つが併用できる最後のチャンスということで、駆け込み需要もあるかと思います。
しかし、気をつけて頂かないと、9月中の申し込みとならず、自動キャンセルとなってしまう可能性もありますので、当記事の注意事項を事前に把握されることをオススメします。

「9月中の申込み」だけでは自動キャンセルとなる

マンスリー割」「UQモバイルキャッシュバック」を適用したい方や
9月で受付終了となる「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」で申し込みをしたい方、
絶対にご注意ください。

9月中に申込をしただけでは自動キャンセルとなる可能性があります。
9月末に消費増税によるシステムメンテナンスを挟む為、今月のみ特例的な対応となっている点にご注意ください。

10月1日以降の申込みは、端末セットや音声通話SIMプランにおいては、
新プラン「スマホプラン」しか申込みできなくなります。(マンスリー割対象外)

「9月中の審査完了が必須条件」

マンスリー割」「UQモバイルキャッシュバック」「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン
これらを適用して申し込むには、「9月中の審査完了」が必須条件となります。

「審査完了」とは、申込内容・クレジットカード情報・本人確認書類等すべてに不備がなく、
UQモバイルの審査を通過することです。

UQモバイルの申込の流れは、
「申込み」→「審査」→「審査完了」→「発送」
となります。

審査中ステータス → 10月またぐと自動キャンセル

通常であれば、月末に申し込んで、身分証明書の不備などがあった場合、再提出を求められ次月の頭に提出しても、問題なければそのまま契約ができます。

しかし、今回、2019年10月1日より、「新プランへの移行 & 消費税増税」という大イベントがある為、
2019年9月30日20時より、UQモバイルのシステムメンテナンスがあります。

このシステムメンテナンスにより、
「書類の再提出を求められたりしている等、審査が完了していない状態で、9月30日23時59分をまたいでしまうと自動的にキャンセルとなります。
通常、このようなことはないのですが、新プランへの移行・消費税増税のせいで今月だけの特別対応?となっています。

そのため、是が非でも、9月中に審査完了をさせる必要がありますので、ご注意ください。

自動キャンセル → 最大6万円の損

自動キャンセルとなってしまった場合、10月の新プランでの申込みとなり、
「マンスリー割」が適用できません。

下記記事で詳しく解説していますが、最大6万円の損となり、
圧倒的に9月中の申込みがお得です。

参考:9月中に契約すべき2つの理由│4万円以上損するケースも

審査窓口は24時間営業ではない

また、UQモバイルの審査窓口も24時間営業ではありません。
審査窓口の営業時間は公表されていない為、不明ですが、MNP受付の時間が9時半~20時半となっているので、これに近い営業時間かと思われます。

例えばですが、30日の19時に申し込んで、提出書類(身分証)や申込内容に不備がある場合、おそらく一発NGです。
審査が当日間に合うかもわかりませんし、再提出を求められてすぐに再提出したとしても、当日の再審査が間に合うかもわかりません。

改正電気通信事業法やら消費税増税やら、いいことが何もないですね…。笑

特需により、審査窓口の混雑も…

さらにさらに、
9月での「マンスリー割」の廃止により、乗り換え特需が想定されます。
iPhone 7が12,500円で買える最後のチャンスですし)

そもそも、携帯電話の乗り換えは月初よりも月末に多いですし、
今月は特需もありますので、9月末は普段の比にならないほど、審査窓口が混雑するのは間違いないです。

しかし、審査窓口の混雑状況も審査に要する時間も公開されていません。
絶対に9月中に乗り換えたい方は、早め早めの申込みを!

9月中に乗り換えるべき2つの理由」でも解説していますが、
端末セット契約の場合、10月以降の契約となると2年総額で最大6万円前後損しますので、
そのリスクを考えると…ねぇ。笑

審査で落ちる主なポイント

下記記事でもまとめていますが、再度、UQモバイルの審査で落とされるよくある理由をご紹介しておきます。
これからご紹介するポイントは絶対に抑えておきましょう。
参考:UQモバイル審査

契約時には、「UQモバイルキャッシュバック専用ページ」からの申込みをお忘れなく!

10月以降の契約であれば、全然気にする必要はありませんが、9月中の申込みを完了させるためには、下記の審査落ちしない為の注意点も必ずお読みください!

クレジットカードの名義が契約者と違う

これ審査で落とされます。
よくあるのが、奥さん名義の契約で、支払いは旦那さんのクレジットカードというケース。

100%落ちます。

契約者とクレジットカードの名義は、同一人物にしてください。

奥さん名義で契約するなら、奥さんのクレジットカードで。
旦那さん名義で契約するなら、旦那さんのクレジットカードで。

身分証明書の写真

これもありがち。
「ピントが合っていなくて不鮮明」で落ちるケースよりも、
室内照明の反射で、身分証の文字が一部読めない」というケースで落ちるのが多いんだとか。

身分証明書の画像をスマホのカメラで撮影をする方が多いと思いますが、
ちゃんと、「ピントが合っているか」「文字がすべて判読できるか」確認しましょう。

これで画像の再提出となると、また審査完了が遠のいてしまいます。
一発合格を目指しましょう!

名字・住所が身分証と違う

これも落ちます。

結婚で姓が変わった場合や、引っ越しで住所が変わった場合で、
「免許証の更新や住所変更手続きがまだ!」というケース。

残念ながら、審査で落ちます。
免許証を提出する予定の方であれば、「住民票の写し」を持って、警察署に行けば、即日で「運転免許証の記載事項変更手続き」を行ってくれます。
すぐに警察署に行きましょう!

他の手立てとしては、「健康保険証+住民票」や「パスポート」などの提出を検討してください。

住所の細かな入力ミス

住所の細かな表記ミスで審査が落ちる方も多いようです。
まず間違いないのが、「身分証記載の住所と一字一句違わずに入力すること」です。

免許証を本人確認書類として提出する方が多いと思いますが、
番地表記や建物名表記など、身分証記載のモノと統一しましょう。

例えば、免許証記載の住所が下記のような感じで、
「品川区品川1丁目1番1号 東京第一住宅3号棟-999号室」
普段は、
「品川区品川1-1-1-3-999」と入力している場合でも、
今回ばかりは、きちんと免許証記載どおりに入力しましょう。

こんなことで審査落ちしている時間はありません。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※注意 UQモバイルキャッシュバックページについて

キャッシュバック専用ページ以外からの申込はキャッシュバック対象外となりますので、ご注意下さい。
リンク先に「キャッシュバック」の記載があることをご確認ください。

→ UQモバイルキャッシュバック専用ページ