iPhone 11 Proレビュー│2年総額・価格比較・スペック・ベンチマーク

iPhone11 Proレビュー

iPhone 11 Proレビュー!Apple最新のフラッグシップモデル「iPhone 11 Pro」の特徴からスペック・ベンチマーク・2年総額・実質負担額まで、「iPhone 11 Pro」を徹底的にレビューしていきます。

iPhone 11 Proレビュー

まずは、Apple iPhone 11 Proの実機を開封しながらレビューしていきましょう!

iPhone 11 pro パッケージ01

iPhone 11 Pro パッケージ開封

今回は、SIMフリー版(Apple Store版)iPhone 11 Proを購入しました!
早速開封していきましょう。
色は、「ゴールド」
iPhone 11 Proで新しく追加となった、「ミッドナイトグリーン」は見送りました。
「ミッドナイトグリーン」が追加されたので、iPhone 11 Proでは計4色展開となっています。

iPhone 11 Pro開封レビュー01

付属品はいつもどおりのiPhoneかと思いきや…。

iPhone 11 Pro付属品

iPhone 11 Proの本体レビューの前に、付属品からご紹介していきたいと思います。
本体以外の同梱物は、下記3点のみ。

iPhone 11 Pro付属品レビュー01

・Lightning – USB Type-C ケーブル
・Apple 純正急速充電器(18W)
・EarPods(有線イヤホン)

ようやくですよ…。
10万円超のiPhone XSでも、5Wの低速充電器が付属していましたが、
今作iPhone 11 Proより、18Wの急速充電器が付属しています!

付属書類

iPhone 11 Pro付属の書類がこちら。
SIMイジェクトピン・Appleステッカーも付属しています。

iPhone 11 Pro付属品レビュー02

取扱説明書

昔っから、まともな取扱説明書がついてこないiPhoneですが、
実は、Safari(iPhone標準ブラウザ)のブックマークから、iPhone 11 Proの取扱説明書が閲覧できます。

Safari起動→ブックマーク→iPhoneユーザーガイド

保証書

iPhone 11 Proに、保証書は付属していません。
シリアルナンバーで購入日・保証期間を確認してもらえる為、修理の際に保証書は必要ありません。

iPhone 11 Pro 本体レビュー

iPhone 11 Pro ゴールドの質感をレビューしていきましょう。
トリプルカメラがごついですねー。笑

iPhone 11 Proレビュー01

本体前面

iPhone XS / iPhone XRから踏襲したノッチデザイン。
本体正面を見ただけでは、「iPhone 11」との違いがほぼ分からない!

iPhone 11 Proレビュー11

本体背面

iPhone 11 Pro本体背面がこちら。

iPhone 11 Proレビュー02

iPhone XS」では、デュアルカメラでしたが、iPhone 11 Proではトリプルカメラ仕様に。
広角カメラ・望遠カメラに加え、超広角カメラを搭載したことで、室内撮りや風景撮影等でも大活躍してくれる予感。

つづいて、iPhone 11 Proの本体外周をチェックしていきましょう!

本体左側面

本体左側面には、音量調節ボタン・サイレントスイッチを配置。

iPhone 11 Proレビュー06

本体上部

本体上部には、何もなし!

iPhone 11 Proレビュー05

本体右側面

本体右側面には、
上部にサイドボタン、下部にSIMトレーを配置。

iPhone 11 Proレビュー04

本体下部

本体下部には、
・スピーカー
・マイク
・Lightning端子

iPhone 11 Proレビュー03

iPhone 11 Pro SIMトレー

iPhone 11 ProはDSDVにも対応したデュアルSIM仕様です。
しかし、デュアルSIMのうち1枚は、eSIMとなっている為、物理SIMカードは1枚のみ。
その為、SIMスロットは、シングルSIM仕様となっています。

iPhone 11 Proレビュー10

iPhone 11 Proホーム画面

iPhone 11 Proのホーム画面がこちら。

iPhone 11 Proレビュー11

iPhone 11 Pro スペック表

iPhone 11 Proのスペック表がこちらになります。

カラーバリエーションは、
iPhone XR同様、計6色となっていますが、
一部色の入れ替えがあります。

Apple iPhone 11 Proスペック
カラー ・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド
・ミッドナイトグリーン
サイズ(mm) 約144×71.4×8.1
重量 188g
画面サイズ 5.8インチ
画面種別 Super Retina XDRディスプレイ
OLED Multi-Touchディスプレイ
HDRディスプレイ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
最大輝度800ニト(標準)
最大輝度1,200ニト(HDR)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
画面解像度 2,436×1,125 458ppi
OS iOS 13
SoC A13 Bionic
CPUコア数 6コア(ヘキサコア)
GPU Apple 4コアGPU
RAM 4GB
ROM 64 / 256 / 512GB
メインカメラ トリプル12MPカメラ
(超広角、広角、望遠)
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大10倍のデジタルズーム
ポートレートモード
ポートレートライティング
デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)
5枚構成のレンズ(超広角)
6枚構成のレンズ(広角、望遠)
より明るいTrue Toneフラッシュ
スローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
自動調整
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
フロントカメラ 12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
ポートレートモード
ポートレートライティング
アニ文字とミー文字
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
120fpsスローモーションビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
ビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
Retina Flash
カメラ機能 自動手ブレ補正
バーストモード
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
次世代のスマートHDR(写真)
外部メモリ 非対応
バッテリー容量 3,046mAh
連続待受時間
連続通話時間
充電端子 Lightning
急速充電 USB PD対応
無線充電 対応(Qi対応)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
MU-MIMO対応
Beamforming対応
Bluetooth Bluetooth 5.0
テザリング 対応
衛星測位 GPS、GLONASS、Galileo、
BeiDou、QZSS(みちびき)
生体認証 顔認証
防水 IPX8
防塵 IP6X
耐衝撃 非対応
おサイフケータイ 対応
ハイレゾ 対応
イヤホンジャック 非搭載
ワンセグ・フルセグ 非対応
SIMサイズ nano SIM
SIMスロット デュアルSIM シングルスロット
nano SIM × 1
eSIM × 1
DSDS・DSDV 対応
VoLTE 対応
対応バンド LTE:Band 1,2,3,4,5,7,8,11,
12,13,17,18,19,20,21,25,26,28,29,30,32,
34,38,39,40,41,42,46,48,66
3G:Band 1,2,4,5,6,8,19
GSM:850,900,1800,1900MHz
CDMA EV-DO Rev. A:800,1900MHz
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA:
850,900,1700/2100,1900,2100MHz
4×4 MIMO,256QAM対応

各社VoLTE・CA・4×4 MIMO・256QAM対応にも対応。

スペック総評

「iPhone 11 Pro」のスペック詳細を項目別にレビューしていきます。

おサイフケータイ対応!

iPhone 11 Proは、日本仕様に限り、FeliCaを搭載し「おサイフケータイ」に対応しています。
ここは、安定のApple製スマホ。日本市場のニーズをしっかりと汲み取っています。

モバイルSuica・楽天Edy・nanacoモバイルなどを活用している方でも安心!

防水・防塵にも対応

これもおサイフケータイ同様の定番機能。
iPhone 11 Proは、「防水・防塵」対応となっています。
(IP68規格の防水・IP5Xの防塵に対応)

超広角撮影にも対応

iPhone 8 / iPhone XR ともに、シングルカメラでしたが、
iPhone 11 / iPhone 11 Proよりデュアルカメラ構成となり、超広角カメラが追加搭載されました!

部屋撮りから景色写真の撮影においても、撮影できる画の幅がグッと広がります。

Super Retina XDRディスプレイ搭載

有機ELディスプレイ「Super Retina XDR」を採用。
iPhone 11では、液晶ディスプレイ「Liquid Retina HD」を採用しており、
画面性能で差別化を図っています。

医療グレードのステンレスボディ+ガラス

医療産業で使われるグレードのステンレス合金を採用したフレームに、
ガラスパネルを組み合わせたボディ構造。

高級感はさすがのiPhoneシリーズと言えます。
iPhone 11では気にならなかったのですが、
iPhone 11 Proの側面フレームは鏡面仕上げとなっており、指紋がかなり目立ちます。

iPhone 11 Proのコスパはどうなの?

iPhone 11 Proの実売価格は、106,800円~144,800円となっています。
ハイエンドモデルとしての処理能力・カメラ性能等を考えれば、「価格が高すぎる」という印象は受けません。

ただ、処理能力は、「iPhone 11」と同等です。
望遠カメラ・有機ELディスプレイ+αの違いで、「iPhone 11」と32,000円の差額をどう取るかでしょう!

UQモバイル端末」には、iPhone 7もありますが、iPhone 11 Proのような最新シリーズは残念ながらありません。

docomo・au・Softbank系の格安SIMで使える?対応バンド

docomo系格安SIM・au系格安SIM・Softbank系格安SIMでの利用可否をまとめました。
「iPhone 11 Pro」を購入して、格安SIMを使うのも全然アリ!むしろオススメです!

au系格安SIMの利用可否

「iPhone 11 Pro」は、UQモバイル/mineo/IIJmio/BIGLOBEモバイル/楽天モバイル/イオンモバイル等のau系格安SIMでも使えます。
キャリア版iPhone 11 Proの場合には、お決まりのSIMロックが掛かっていますので、SIMロック解除が必須となりますので、ご注意ください。

docomo系格安SIMの利用可否

「iPhone 11 Pro」は、docomo系MVNOで必須となるバンドは抑えている為、楽天モバイルやmineo・IIJmio・OCNモバイルONE・NifMoなどでも使えます。

Softbank系格安SIMの利用可否

「iPhone 11 Pro」は、Softbank系MVNOで必須となるバンドは抑えている為、LINEモバイルやmineo・U-mobile・nuroモバイルなどでも使えます。

Y!mobileの利用可否

「iPhone 11 Pro」は、Y!mobile系MVNOで必須となるバンドは抑えている為、LINEモバイルやmineo・U-mobile・nuroモバイルなどでも使えます。

海外での利用について

「iPhone 11 Pro」は世界で販売されているモデルであり、国内向けSIMフリーモデルの多くよりも対応バンドが多いです。
その為、海外旅行や海外出張でも、SIMロック解除しておけば、安心して使えます。

iPhone 11 Pro ベンチマーク

各種人気ベンチマークアプリでのApple iPhone 11 Proのベンチマークスコアをまとめてレビューしていきます。

Antutu

スマホ性能を総合的に計測する「Antutu Benchmark」での「iPhone 11 Pro」のベンチマークスコアがこちら。
中国の「Beijing Antutu Technology」製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
総合 456,899
CPU 総合 145,829
演算処理 40,011
一般使用 26,658
マルチコア 79,160
GPU 総合 218,532
3D Marooned 53,243
3D Coastline 86,014
3D Refinery 79,275
UX 総合 77,099
データセキュリティ 36,413
データ処理 25,291
画像処理 4,300
UXスコア 11,095
MEM 総合 15,439
RAM 6,439
ROM 9,000

Geekbench 5 Pro

CPU性能を中心に測定する「GeekBench 5 Pro」での「iPhone 11 Pro」のベンチマークスコアがこちら。
カナダのPrimate Labs製のベンチマークスコアでCPUの処理能力の測定に特化。

ベンチマーク スコア
Single Core Score 1,339
Multi Core Score 3,510
Metal Score 6,321

3D Mark

グラフィック性能を測る「3DMark」での「iPhone 11 Pro」のベンチマークスコアがこちら。
フィンランドの「Futuremark」社製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
Ice Storm
Unlimited
96,815
Ice Storm
Extreme
Max
Ice Storm Max
Sling Shot 測定不能
Sling Shot
Unlimited
10,568
Sling Shot
Extreme
5,354
Sling Shot
Extreme
Unlimited
6,228
API OVERHEAD
OpenGL ES 3.0
357,077
API OVERHEAD
Metal
1,915,013

iPhone 11 Pro価格比較

各キャリア・人気MVNOでのiPhone 11 Proの販売価格と、人気のMVNOでiPhone 11 Proを利用した場合の2年総額をまとめました。

iPhone 11 Pro価格比較表

各キャリアのiPhone 11 Pro 64GB販売価格の比較表がこちら。

iPhone 11 Pro
64GB 価格比較
Apple Store
(SIMフリー版)
docomo au Softbank
端末価格 106,800円 115,200円
(3,200円×36回)
約115,728円
(2,411円×48回)
約117,778円
(2,454円×48回)
端末返却割引
プログラム
適用時
76,800円
(3,200円×24回)
約67,224円
(2,411円+390円
×24回)
約68,256円
(2,454円+390円
×24ヵ月)

総務省の指導による分離プラン導入後、
キャリア3社は「月々サポート」等の端末割引を廃止し、
「スマホおかえしプログラム」「アップグレードプログラムEX」「半額サポート+」等、24ヶ月で端末を返却した場合に、以降の賦払金(残債)がなくなるという割引形態に移行しています。

iPhone 11 Proの2年総額

2年総額計算式

3GB+5分 or 10分かけ放題のプランで算出
初期費用+月額料金24ヶ月分-各種割引

キャリアは「端末セット購入+端末返却プログラム」、
MVNOは、「Apple StoreのSIMフリー版iPhoneを購入」する形で2年総額をシミュレーションしています。

MVNO プラン 2年総額 内訳
2年総額
(SIM代金)
端末価格
docomo ギガライト 189,120円 112,320円 76,800円
au ピタットプラン 189,744円 122,520円 67,224円
Softbank ミニモンスター 298,776円 230,520円 68,256円
UQモバイル プランS 158,320円 51,520円 106,800円
DMMモバイル 3GBプラン 166,594円 59,794円 106,800円
mineo
(au回線)
3GBプラン 166,670円 59,870円 106,800円
イオンモバイル
(docomo回線)
4GBプラン 168,120円 61,320円 106,800円
NifMo 3GBプラン 168,120円 61,320円 106,800円
イオンモバイル
(au回線)
4GBプラン 168,120円 61,320円 106,800円
BIGLOBEモバイル
(docomo回線)
3GBプラン 168,514円 61,714円 106,800円
BIGLOBEモバイル
(au回線)
3GBプラン 168,514円 61,714円 106,800円
IIJmio
(docomo回線)
3GBプラン 168,514円 61,714円 106,800円
IIJmio
(au回線)
3GBプラン 168,526円 61,726円 106,800円
mineo
(docomo回線)
3GBプラン 168,941円 62,141円 106,800円
楽天モバイル
(docomo回線)
3.1GBプラン 168,994円 62,194円 106,800円
楽天モバイル
(au回線)
3.1GBプラン 169,006円 62,206円 106,800円
LINEモバイル
(docomo回線)
3GBプラン 171,880円 65,080円 106,800円
LINEモバイル
(au回線)
3GBプラン 171,880円 65,080円 106,800円
LINEモバイル
(Softbank回線)
3GBプラン 171,880円 65,080円 106,800円
OCNモバイルONE 3GBプラン 173,794円 66,994円 106,800円
mineo
(Softbank回線)
3GBプラン 177,337円 70,537円 106,800円

やはりUQモバイルが強いですね。
最大10,000円の「UQモバイルキャッシュバック」が効いています。
UQモバイル+iPhone」が最強最安です。

iPhone 11 Proを利用する場合であっても、「R17 neo」や「nova lite 3」といった540円で購入できる通称「0円スマホ」をセット購入して、売却してしまうのがオススメです。
ヤフオク等で2万円以上で取引されているような端末がUQモバイルの強力な端末購入サポート割引「マンスリー割」のお陰で、540円で購入可能。
タイミングによっては、売却益で25,000円ほど出せます。

※マンスリー割は2019年9月30日で完全廃止となります。
(改正電気通信事業法で、回線契約の継続を条件とする端末割引が制限された為)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)