iPhone XS SIMフリー版 実機レビュー│スペック・ベンチマーク・質感

iphonexs

Appleの最新スマホ「iPhone XS」のSIMフリー版(Apple Store版)の実機を購入しましたので、レビューをお届けしていきます!

iPhone XSの価格比較と2年総額比較

iPhone XS / iPhone XS Maxの価格比較・2年総額比較については以前の記事で、徹底検証しましたので、そちらを参考にしてみてください。

iPhone XS価格・2年総額比較

3キャリアの価格比較に加え、UQモバイルと3キャリアの2年総額も比較しています!
UQモバイルのマルチSIMを使用して、動作確認も行っております。

iPhone XS実機レビュー

iPhone XSのパッケージがこちら。
いつもどおりのシンプルかつスタイリッシュなデザイン。
今回は、謎の惑星?がテーマ。

iPhone XSレビュー01

iPhone XS本体前面を見る限りは、iPhone Xの後継モデルそのままですね。
全く変わり映えしない!この点は、前評判通りです。

iPhone XSレビュー02

iPhone XS付属品

iPhone XSの付属品もいつもどおり。

iPhone XS付属品

・ライトニングケーブル
・有線イヤホン
・USB充電器

iPhone XSレビュー03

次期モデル(iPhone XI?iPhone X2?)から、ようやく、USB Type-Cが採用されると噂ですね。
めでたしめでたし!

いい加減、昔のSONYの如く、業界標準を作ろうとするアメリカメーカー気質やめてほしいですよね。
ライトニングケーブルだのUSB Type-Cだの何種類持たなあかんねん!

iPhone XSレビュー04

しめじデザインの有線イヤホン「EarPods」。
iPhone XSにはイヤホンジャックがなく、付属のEarPodsはLightningコネクタとなっています。
手持ちのイヤホンを利用する場合には、別途、Lightning – イヤホンジャック変換コネクタが必要となります。

iPhone XSレビュー05

12万円以上払っても、充電器は5Wタイプ。(5V1A)
純正充電器もいい加減、どうにかしてしてほしいところではあります。

iPhone XSレビュー06

iPhone XS本体レビュー

パッと見、iPhone Xそのものですね。
Sがつくモデルは、いままでもマイナーチェンジモデルの位置付けでしたし、前評判通りなので、特段驚きはありません。

デザイン面での進化は、次期モデルに期待しましょう!

iPhone XSレビュー07

外観でiPhone XSとiPhone Xが異なる点はほとんどありません。
細かいことを言うと、

iPhone XとiPhone XSの外観上の違い

・iPhone XSの方がDラインが増えている。
・iPhone XSの方がスピーカー部分の穴数が少ない。
・同じシルバーでも若干色が違う。
(並べないと判別不可なぐらい近い色味)

iPhone XSレビュー08

iPhone Xから引き継いでいる「デュアルカメラ」
デュアルレンズの間にLEDフラッシュが搭載されています。
ここもiPhone Xとの判別は不可ですね。

iPhone XSレビュー09

iPhone XSの初期設定

毎度、iPhoneを使っているAppleユーザーであれば、もう読む必要無し!笑
ここからは、これからiPhoneデビューをする方、Androidからの乗り換えの方向けのコンテンツとなります。

まずは、本体の右側に配置されている電源ボタンを長押しして、iPhone XSを起動します。

iPhone XSレビュー10

こんにちは!

iPhone XS初期設定・データ移行01

言語選択画面が起動しますので、言語を選択しましょう。
多くの方は「日本語」でしょう!

iPhone XS初期設定・データ移行02

続いて、国の選択です。こちらも「日本」を!

iPhone XS初期設定・データ移行03

「クイックスタート」は、iOS11で搭載された新機能で、端末乗り換えの際に便利です。
ようやく、Androidに並んだなという印象。

iPhone XS初期設定・データ移行04

キーボードの設定。お好きなキーボードをお選びください!

iPhone XS初期設定・データ移行05

Wi-Fiの設定画面が出ますので、自宅のWi-Fiを選択して、パスワードを入力したら、自動でアクティベートが始まります。

この画面を開いたまま、しばらくお待ちを。

iPhone XS初期設定・データ移行07

「データとプライバシー」の設定。「続ける」をタップ。

iPhone XS初期設定・データ移行08

iPhone Xより搭載された新たな生体認証、「Face ID」
iPhone 8までは指紋認証が唯一の生体認証でしたが、「Face ID」の搭載により、指紋認証センサーが排除されました。

机に置いたまま、ロック解除したい時などには、指紋認証の方が使い勝手が良く、賛否両論あります。
とは言え、パスコードよりも楽ですので、設定しておきましょう!

iPhone XS初期設定・データ移行09

最初に、「Face IDの設定方法」が表示されますので、このガイド通り、顔情報を登録していきます。

iPhone XS初期設定・データ移行10

丸枠に顔が映るようにし、上下左右にグルッと回転させて、登録します。

iPhone XS初期設定・データ移行11

2回、登録動作を行うとFace IDの設定が完了します。

iPhone XS初期設定・データ移行12

Face IDでの解除が不可な場合の為の補助として、パスコードを設定します。
数字6桁を設定しましょう。

iPhone XS初期設定・データ移行13

Androidからのデータ移行方法

iPhoneユーザーさんであれば、いつもおなじみの流れなので、
今回は、Androidからiphoneへ乗り換える方向けに、「Androidからデータを移行」の流れをご紹介していきたいと思います。

iPhone XS初期設定・データ移行15

「Androidから移行」を選択すると、現在使用中のAndroid端末に専用アプリのインストールをするように表示が出ます。

下記URLにアプリのダウンロード先が掲載されていますので、そのリンクから、「iOSに移行」アプリをインストールしましょう。
Google Play Storeで「iOSに移行」と検索しても出てきます。
https://www.apple.com/move-to-ios

iPhone XS初期設定・データ移行16

アプリ名は「Move to iOS」となっています。
これをAndroid端末にダウンロードし、インストールしましょう。

iPhone XS初期設定・データ移行17

Android端末で「Move to iOS」を起動し、「続ける」をタップ。

iPhone XS初期設定・データ移行18

「利用条件」が表示されますので、問題なければ「同意する」をタップ。

iPhone XS初期設定・データ移行19

「コードを検索」と表示されますので、データ移行先のiPhone XSで「続ける」をタップ。

iPhone XS初期設定・データ移行20

すると、iPhone XSに6桁のコードが表示されます。

iPhone XS初期設定・データ移行21

Android端末側で、この6桁のコードを入力しましょう。

iPhone XS初期設定・データ移行22

iPhoneに接続が完了すると、「データを転送」という画面が表示され、移行したい項目を選択しましょう。
「Googleアカウント」「メッセージ」「カメラロール」が表示されています。

今回は、すべて選択したまま、データ移行を進めます。

注意点

Android端末側で、「現在のWi-Fiネットワークは、インターネットに接続できません。別のネットワークに切り替えますか?」というポップアップが出ますが、「切替」をタップすると、iPhoneとの接続が切れてしまいます。
「キャンセル」をタップしましょう!

現在のWi-Fiというのは、iPhoneとAndroidの接続なので、そのままで大丈夫です!

iPhone XS初期設定・データ移行24

そのまま進めると、データ移行が始まります。
動画など、容量の重いデータが多いと、それなりに時間が掛かります。

iPhone XS初期設定・データ移行25

しばらく待ちましょう!

iPhone XS初期設定・データ移行26

転送が完了すると、Android端末に入っていたデータがiPhone XSにコピーされます。

iPhone XS初期設定・データ移行27

Apple IDをお持ちであれば、Apple ID(メールアドレス)を入力しましょう。
お持ちでない場合、新規登録をしてください。

iPhone XS初期設定・データ移行28

当方、Apple IDを持っているので、ID/PWを入力すると、2ファクタ認証になります。
手持ちのApple端末やSMSで2ファクタ認証コードを確認し、入力します。

iPhone XS初期設定・データ移行29

続いて、利用規約の同意画面。

iPhone XS初期設定・データ移行30

「エクスプレス設定」
これはお好みで設定しましょう。

iPhone XS初期設定・データ移行31

「自動アップデート」の設定。
私の友人もそうですが、たまに、iOSリリース直後はインストールせずに様子見をする方もいますので、これもお好みで!

iPhone XS初期設定・データ移行32

「Apple Pay」の設定。
後でも設定できますので、この時点でやらなくてはならない訳ではありません。

iPhone XS初期設定・データ移行33

クレジットカードやSuicaを登録することで、「Apple Pay」が利用可能となります。

iPhone XS初期設定・データ移行34

「iCloudキーチェーン」の設定。
クレジットカード情報やID/パスワードと言った各種サイトのログイン情報をiCloudに保存することができます。

iPhone XS初期設定・データ移行35

「Siri」の設定。
Androidでいうところの「Okay Google」のAppleバージョン。
「Hey Siri」でアシスタントが起動します。

iPhone XS初期設定・データ移行36

iOS12で新たに搭載された新機能「スクリーンタイム」。
起動時間や画面を見ている時間が自動で分析され、確認できます。

iPhone XS初期設定・データ移行37

「App解析」を利用することで、アプリごとのアクティビティやアプリのカテゴリ別に、スマホをどういう使い方をしているのかを見返すことができます。

iPhone XS初期設定・データ移行38

「True Toneディスプレイ」は、様々な環境光条件下でも、同様な閲覧体験を実現する機能。
要するにオートホワイトバランス機能ですね。

ただ、蛍光灯下では、かなり黄色味が強くでる傾向にあるので、好き好きが分かれる機能ではあります。

iPhone XS初期設定・データ移行39

iPhone XSでは、iPhone X同様に、ホームボタンが排除され、ノッチデザインの全画面液晶が採用されています。
ホームボタンがなくなった影響で、「ホームへの移動」などの操作方法が新しくなっているので、この辺のチュートリアルになります。

iPhone XS初期設定・データ移行40

最近使用したアプリへの切替方法

iPhone XS初期設定・データ移行41

コントロールセンターの開き方は、旧来のiPhone 8以前と同様です。

iPhone XS初期設定・データ移行42

これにて、iPhone XSの初期設定が完了!
長かった!Androidと比べると長い!

iPhone XS初期設定完了

今回、「Androidからデータ移行」を選択肢、データ移行を進めてきました。
初期セットアップが完了した後のホーム画面で、「AndroidデバイスのAppを追加しますか?」というポップアップが出てきます。

これで「Appを追加」を選択すると、「App Store」に同じアプリがある場合、一括でインストールしてくれるので、非常に便利!

当然ながら、Google Play Storeにあって、App Storeにないものはインストールされません。

iPhone XS APP自動インストール

ホーム画面にも、パッケージに印刷されていた、謎の惑星が。キレイ。

iPhone XSホーム画面

LINEのデータ移行は手動で!

LINE IDの移行に際して、メールアドレス登録が必要です。
これは必ず済ませておきましょう。

「設定」→「アカウント」→「メールアドレス登録」をタップして、メールアドレス登録をしましょう。
設定画面は、友達一覧の画面の右上にある歯車のマークをタップすることで、「設定」画面に遷移します。

この「メールアドレス登録」を済ませると、機種変更した際に、LINEの基本データ(プロフィール・友達・スタンプなど)を移行できます。
「メールアドレス登録」と言われると想像し辛いですが、会員登録のようなものですね。

iOS⇔Android間のトーク履歴の移行は不可!

メールアドレス登録をすませば、基本的な情報は引き継ぎが可能です。
ただし、トーク履歴の移行はできません。

Androidでは、Googleドライブへのバックアップが可能です。
Android端末へ機種変更した場合には、Googleドライブにバックアップしたデータからトーク履歴の復元・移行が可能ですが、iOSへの移行は不可です。
同様に、iOSからAndroidへの移行も不可となっています。
これは改善に期待ですね。

iPhone XSを使う場合でも、端末セット契約がオススメな理由

iPhone XSをUQモバイルで使う場合、通常であれば、「SIMのみ契約」を選択するのが普通かと思います。
私も何も知らなければ、間違いなく「SIMのみ契約」を選択します。

しかし、「端末セット契約」をする方が圧倒的にお得になります。
UQモバイルでは、実質108円で購入できる、通称「108円スマホ」をセット購入し、売却や買取に出すと断然お得!具体的には2万円前後お得になります!

参考:SIMのみ契約は最大36,646円の損!?

ちなみに、「SIMのみ契約」と「0円スマホセット契約」の2年総額の差額は、本当に108円のみ。
UQモバイルでは「マンスリー割」というかなり強烈な端末割引を実施しており、このマンスリー割のおかげで、市場価格2~3万円程度で取引されている国産の人気SIMフリースマホが108円で購入できます。

そのため、108円端末を一括購入して、個人売買やスマホ買取店・中古スマホショップなどで売却するのがオススメです。
一括購入と書いたのは、分割残債が残っている状態での端末売却がNGな為です。
(分割残債が残っている状態では、所有権が利用者に移らない為)

一括購入でも、分割購入でも、マンスリー割は24ヶ月継続しますので、2年間の支払総額は一切変わりません。
一括購入の場合、端末代金を一括で支払う必要がありますが、月々の支払いに端末の分割代金が上乗せされない為、月額料金は驚くほど安くなります。

参考:端末一括購入時の月額料金 – UQモバイル

手持ちの端末があるのに、端末セット契約なんてしたくない!という方は、最大13,000円の「UQモバイルキャッシュバック」だけでも必ず適用しておきましょう!

SIMのみ契約でキャッシュバックを適用する際には、下記の記事も参考にしてみてください。
参考:UQモバイルSIMのみ契約時のキャッシュバックについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)