UQモバイルの機種変更方法│最大3,000円の損!手続き方法と機種変更できないケース

UQモバイル機種変更

今回は、UQモバイルの機種変更方法と機種変更できないプランの場合の対処法をまとめました。

UQモバイルの機種変更方法まとめ

・オンラインでも店頭でも手続き可能!
・機種変更よりも新規契約の方がお得!
・キャリアと価格比較した結果…
・Y!mobileへのMNP乗換えはどう?

UQモバイルの機種変更方法

UQモバイルでは、キャリア同様に契約中のスマホを機種変更することも可能です。
機種変更の手続きは非常に簡単で、UQモバイル公式サイトから機種変更を申込むだけで簡単に機種変更が完了します!

参考:UQモバイル公式サイト

店頭での機種変更受付も可能です。
参考:店頭でのUQモバイル機種変更

機種変更申込ページへのアクセス方法

機種変更申込みページへのたどり方を解説していきます。

機種変更ページはどこ?

1. UQモバイル公式サイトにアクセス
2. ページ左側の「機種変更」をクリック
スマホの場合、UQモバイル公式サイトTOPページを少し下にスクロールしたところに「機種変更」というボタンがあります。

UQモバイル機種変更手続き01

機種変更手続きの進め方

UQモバイル機種変更手続き02

機種変更ページでは、現在取扱いのある端末一覧が表示されますので、お好きな端末を選択してください。
ログイン画面へ飛びますので、myUQモバイルのIDとパスワードを入力し、ログインしましょう。

本体色の選択や支払い方法(一括払い・24回払い)等の選択に進み、そのまま進めば機種変更の申込が完了となります。

すべてオンラインで完結するので、簡単ですね!
あとは、新端末が到着するのを待つだけです。

でも、実際のところ、UQモバイルで機種変更するとお得なのか?損しないのか?を検証していきたいと思います。

機種変更手数料

UQモバイルでは、機種変更の際に、「機種変更手数料」として3,000円(税抜)が掛かります。

3,000円の手数料がかかるというのは、新規契約時と同様ですね。

新規契約なら3,000円お得

電話番号が変わっても大丈夫!という方であれば、一度解約をして、再度、新規契約をする方が少しお得です。
新規契約であれば、3,000円キャッシュバックが適用となりますので、機種変更よりもお得です。

機種変更でも、新規契約でも、契約事務手数料として3,000円がかかるため、新規契約であれば、キャッシュバックで相殺できます。

2019年10月に施行された、総務省による「改正電気通信事業法」により、携帯各社の端末割引が大きく制限され、UQモバイルの超強力な端末割引「マンスリー割」が終了した現在、UQモバイルで端末を買うメリットはかなり薄くなりました。

Amazonや中古スマホショップなどで、端末を購入するのもオススメです。

電話番号を変えたくない場合

上記で、電話番号が変わっても良いなら、一度解約をして新規契約をするほうが3,000円お得とご紹介しましたが、電話番号を変えたくない場合には、やはり機種変更を選択するしかありません。

他社MVNOへの乗り換えは慎重に検討を

他社へのMNPで他社開催中のキャッシュバックを獲得するのも1つですが、UQモバイルを使っている方が、他社MVNOへ乗り換えると、速度の遅さにイライラし、不満が爆発するかと思います。

やはり実用面を考えるとUQモバイルが圧倒的にオススメですので、他社への乗換え・MNPに関しては、十分に検討されることをオススメします。

とはいえ、少しでも安く抑えたい!スマホ代を節約したい!というのが本音ですので、他社へのMNPについても考察していきます。

キャリアへのMNP乗り換えは料金がネック

逆にキャリアへの乗り換えであれば、UQモバイルからの乗り換えでも実効速度において不満を抱くことはありません。
ただ、唯一、月額料金の部分だけがネックです。

機種変更する場合、旧端末代金は一括精算が必要?

UQモバイルで、機種変更をする場合に、
「機種変更したいんだけど、今の端末の分割支払いがまだ終わってないんだよな…」
という方への解説となります。

1回線あたり最大2端末まで分割契約が可能

UQモバイルでは、1回線に対して最大2端末の分割購入が可能です。
つまり、1端末目の分割払いが終了する前に機種変更をしても、1端末目の分割払いを継続することが可能です。

キャリアの場合には、機種変更した時点で1端末目の残債を一括精算する必要がありますので、この点はUQモバイルのメリットですね。

旧プラン「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」契約者の場合、端末割引「マンスリー割」や「増量オプション2年間無料キャンペーン」が機種変更した時点で終了となります。
これについては、当記事下部で詳しく解説していますので、旧プラン契約者の方は、そちらも参考になさってください。

新プラン「スマホプラン」契約者の場合、端末割引が毎月適用される訳ではありませんので、いつ解約・機種変更しても、端末の実質負担額が上がることはありませんので、ご安心を!

他社とUQモバイルの料金比較

auのみ3GBプランの設定がなく、4GBプランで算出しています。

価格は税抜き UQモバイル Y!mobile docomo au Softbank
容量 4GB 4GB 3GB 4GB 3GB
月額料金 1,980円
スマホプランS
2,680円
プランS
3,980円
ギガライト
4,480円
auピタットプラン
6,480円
月額料金
(家族割適用時)
1,480円 2,180円 3,480円

2,980円
3,980円

3,480円
6,480円
月額料金
(学割適用時)
980円 2,180円 2,480円

1,980円
2,980円

2,480円
5,500円

以前までは、各キャリアともに、ほぼ同額での料金プラン設計でしたが、最近は総務省の指導の成果で3キャリアともに、価格は落ち着いて来ています。

Softbankのみ、大容量プラン「ギガモンスター」推しで、小容量プランである「ミニモンスター」は他社比でだいぶ高めの料金設定となっています。

Y!mobileへのMNP乗り換えは…

UQモバイル同じような料金プランを用意しているY!mobileへのMNPもアリかな?と思いますが、2年間の支払総額で考えると、UQモバイルの方が若干安くなっています。

Y!mobileでは、MNP特典なども特にありませんので、Y!mobileへMNPしても良いですが、2年間の総額は若干上がります。
若干上がるとはいえ、ほぼ同額ですので、選択肢の一つとしてはアリです。

下記記事で、料金比較・通話オプション比較・2年総額比較など、UQモバイルとY!mobileを比較しながら、完全解説していますので、参考になれば幸いです。

参考:UQモバイル・Y!mobile比較

UQモバイルで機種変更できないケース 2パターン

UQモバイルでは全契約者が機種変更できるワケではありません。
下記2つのケースでは、機種変更ができません。

機種変更できないケース

・法人契約の方
・データ通信プランを契約中の方
データ高速プランデータ無制限プラン

法人契約の方は少数かと思いますが、データ通信専用SIMを契約している方はそこそこいるかと思います。
(データ通信専用プランでは、端末のセット購入ができません。)

新規契約・機種変更ともにデータSIMでは…

そもそも、UQモバイルでは、データ専用SIMを契約する場合、スマホのセット購入ができず、SIMのみ契約できるようになっている為、機種変更時のみならず、新規契約時においても、データSIMと端末をセット購入することはできないようになっています。

ですので、UQモバイルの契約を引き続き利用したい場合で端末を購入したい場合には、一度、手持ちのデータ専用プランのSIMカードを解約し、新規契約で音声通話プラン+端末をセット購入する必要があります。

【注意!】旧プラン「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」契約中の方

おしゃべりプラン・ぴったりプラン」ご契約中の方であれば、下記2つの割引をご存知かと思います。

割引名 内容
イチキュッパ割 契約から13ヶ月間、毎月1,000円割引
増量オプション 月間データ容量が2倍となる、
「増量オプション(500円/月)」が2年間無料

機種変更時の注意点として、下記2点が大きなデメリットです。

  1. イチキュッパ割は再適用とならない
  2. 増量オプションは有料化

1. イチキュッパ割は再適用とならない

契約から13ヶ月間適用となる1,000円割引の「イチキュッパ割」ですが、機種変更時には再適用となりません。
そのため、14ヶ月目以降の機種変更であれば、新プラン「スマホプランへのプラン変更の方がお得です。

旧プラン「おしゃべり・ぴったりプラン」から、新プラン「スマホプラン」への変更は、通常、契約満了月(25ヶ月目)以降でないとプラン変更できません。
機種変更時のみ、特例として、24ヶ月以内でも新プランへのプラン変更可能となっています。

参考:旧プランから新プランへのプラン変更

毎月1,000円割引が契約から25ヶ月間継続する「スマトク割」に関しては、25ヶ月目以降も「長期利用割引」と名を変えて、毎月1,000円割引が継続しますので、機種変更してもしなくても、影響ありません。

2. 増量オプションは有料化

2019年9月末までは、機種変更した時点から、増量オプションが2年間無料となっていました。
参考:増量オプション2年間無料キャンペーン

しかし、新プランの登場に伴い、「増量オプション2年間無料キャンペーン」は2019年9月30日で受付終了となっています。
また、機種変更時点で、契約時から適用となってきた「増量オプション2年間無料キャンペーン」は終了となります。

つまり、旧プランの方が機種変更すると、その時点から増量オプションが有料化となります…。

【旧プラン】24ヶ月より早いタイミングでの機種変更の注意点

この項目は、旧プラン「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」契約者向けの項目です。
新プラン「スマホプラン」契約者の方は、読み飛ばして頂いて大丈夫です!

24ヶ月よりも早いタイミングでの機種変更ではいろいろとデメリットが生じますので、ご注意ください。
具体的には下記の通りです。

24ヶ月以内の機種変更注意点

  1. 機種変更しても契約更新月は変わらない
  2. 「増量オプション」の無料期間が前倒しで終了する
  3. 機種変更前の端末のマンスリー割は機種変更時点で終了

1. 機種変更しても契約更新月は変わらない

以降の項目を解説するにあたり、最初に解説しておかなくてはならないのが、こちら。
「機種変更しても、契約更新月は変わらない」という点。

どのタイミングで機種変更をしようが、契約更新月は常に、UQモバイルで、おしゃべりプラン・ぴったりプランを契約した日から、24ヶ月間の自動更新となることを頭に入れておいてください!

現行プランである

2. 「増量オプション無料」が前倒しで終了する

おしゃべりプラン・ぴったりプランには契約時から25ヶ月間、「増量オプション」が無料で付帯しています。
データ増量オプションの無料期間が残っていても、機種変更した時点で無料期間が終了となります。

2019年10月の新プラン登場と同時に、「増量オプション2年間無料キャンペーン」はすでに終了しており、2019年10月以降に機種変更した場合、「機種変更=増量オプション有料化」となってしまいます。

ここで、先程解説した「機種変更しても契約更新月は変わらない」という点が影響してきます。

例えば、2019年9月に、旧プラン「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約し、契約の半年後、2020年3月に機種変更した場合を例にお話させて頂きます。

機種変更した月である2020年3月から「増量オプション」が有料化となります。
しかし、契約更新月は変わらず、契約から24ヶ月後の2021年9月となりますので、2020年3月からの1年半は「増量オプション」が有料となります。

逆に、「増量オプション」を外してしまえば、月額500円のオプション料金は掛かりません。
その代わり、プランSの場合、月間3GBではなく月間2GBとなってしまいます。

3. 機種変更時点で最初の端末の「マンスリー割」が終了

キャリアでは、24回払いで端末を購入して、分割払いの期間が終わる前に機種変更すると、その端末の端末購入サポート割引が終了し、新たに購入した端末に対して、端末購入サポート割引が新しく適用となります。

これはUQモバイルでも同様で、機種変更前の端末に対する「マンスリー割」が機種変更時点で終了となり、機種変更後の端末に対する「マンスリー割」が適用開始となります。
※法改正により「マンスリー割」は2019年9月で完全終了となりました。

例えば、12ヶ月目で機種変更した場合、マンスリー割は12ヶ月分しか適用されない為、実質負担額が高くなります。

UQモバイルで100円・500円で購入できる、通称「0円スマホ」は、24ヶ月分の端末分割代金と24ヶ月分のマンスリー割を差し引いて100円・500円となっているので、機種変更のタイミングが早ければ早いほど、実質負担額が高くなってしまいます。

当記事、上部で解説した繰り返しとなってしまいますが、機種変更後も、機種変更前の端末の分割払いが継続可能です。
(機種変更前と後の2機種分の分割払いを並行して継続可能)

UQモバイルの機種変更まとめ

UQモバイルの機種変更についてまとめてみたいと思います。

UQモバイル機種変更まとめ

・長期利用する場合でも24ヶ月目での機種変更がお得!
・電話番号が変わっても良いなら、24ヶ月ごとに新規契約が最もお得!
・24ヶ月より早いタイミングでの機種変更は要注意!

という感じですね。

UQモバイルには魅力的な端末が毎年2回登場しますので、お見逃し無く!
端末選びに迷った際には、下記記事を参考にしてください。

参考:UQモバイル端末

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)