最大10,000円相当 au Pay残高還元!

BASIO active2レビュー│スペック・価格比較・コスパ考察

BASIO active2レビュー

UQモバイルより2024年4月5日発売の京セラ製シニアスマホ「BASIO active2」のスペック・価格・コスパ検証をしていきたいと思います!
BASIO active2の前モデルである「BASIO active」とのスペック比較・コスパ比較もご紹介していきます。

この記事でわかること
  • BASIO active2のスペック・コスパ
  • 旧機種BASIO activeとの比較
  • UQ最安機種 Arrows Weとの比較(1円~)

メーカー公式サイト
スペック詳細ページ

【まもなく終了】子供も家族も割引!

現在、開催中の「UQ親子応援割」適用で、5歳~18歳の子供とその家族全員も割引対象となり、かなりお得!20GBで10分かけ放題もついて、なんと1,958円!

親子応援割

またスマホも超特価で販売中。Androidが1円~、iPhoneが4,800円~!
参考:UQモバイル1円スマホ

端末は手持ちのを使うから要らない!という場合には、
SIMのみ契約特典の最大10,000円相当のau Pay残高が獲得可能!
参考:UQモバイル au Pay残高還元

5月のお得情報

5月19日キャンペーン

・iPhone 12が一括19,000円~!
・Arrows Weが一括1円~!
・Redmi 12 5Gが一括1円~!
・Galaxy A23 5Gが一括3,800円~!
・【SIMのみ契約】最大10,000円相当 au Pay残高還元!
・【端末セット契約】最大22,000円割引
 (トクトク/コミコミ+増量オプションII)

【価格比較】BASIO active2の最安値はいくら?

下記表内のリンクは、各販売元の公式サイトにリンクしています。

最新価格は、リンク先よりご確認ください。
BASIO active2の取り扱いは、au(SHG12)/UQ mobileの2社での取り扱いと発表されています。
(発売時点ではJ:COM mobileは取扱なしの模様です。)

販売 端末価格
新規 MNP
UQ モバイル 30,800円 19,800円
au 28,900円 17,900円
J:COM mobile 取扱なし

UQモバイルでの機種変更価格は、41,800円

BASIO active2は、UQモバイル・au・J:COMモバイルの3社で販売されます。
※最新価格は上記リンクより、各社公式サイトをご確認ください。

BASIO active2の注目ポイント

BASIO active2のスペックは、BASIO activeのマイナーチェンジという印象です。
Basio activeからの進化点として、おサイフケータイに対応して、カメラが高画素化された程度しかスペックデータからは読み取れません。

その上でスペックをご紹介していくと、Snapdragon 695 5Gプロセッサーを搭載し、メモリは4GB、ストレージ64GB。

同プロセッサーを搭載するモデルとしては、「AQUOS sense7」「Xperia 10 IV」などがあります。

BASIO active2のメインターゲット層がシニア層であることを考えると必要十分なスペックと言えます。

とは言え、価格を考えると、1円~販売されている「arrows We」をオススメしたいところです。
BASIOシリーズには、電話・ホーム・メールの物理ボタンが搭載されているので、物理ボタンが必須条件となると、BASIO active2一択にはなってしまいます。

ただ、これも中古スマホショップで、前モデル「BASIO active」を購入するほうが圧倒的にコスパが良いのでは?というのも事実です。

BASIO active2 / BASIO active 比較

BASIO active2 / BASIO active サイズ感比較
BASIO activeとの比較ポイント
  • おサイフケータイに対応
  • リアカメラの高画素化(1,200万画素→5,030万画素)

【スペック比較表】BASIO active2/ BASIO active

BASIO active2と「BASIO active」のスペック比較がこちらになります。

スペック
比較表
BASIO active2 BASIO active
価格
(新規)
30,800円 6,800円
価格(MNP) 19,800円 6,800円
発売日 2024年4月5日 2023年3月17日
本体色 シルバー
ネイビー
レッド
シルバー
ネイビー
レッド
サイズ 71×158×9.4 71×158×9.4
重量 174g 174g
画面
サイズ
5.7インチ 5.7インチ
画面種別 TFT液晶 TFT液晶
SoC Snapdragon 695 5G Snapdragon 695 5G
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB
おサイフ
ケータイ
×
防水 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8
防塵 IP6X IP6X
SIM
サイズ
nano SIM nano SIM
eSIM
バッテリー
容量
4,000mAh 4,000mAh
生体認証 顔/指紋 顔/指紋
連続通話
時間
約3,000分 約3,000分
連続待受
時間
約640時間 約770時間

スペックの大きな違いは、おサイフケータイへの対応とカメラの高画素化になります。

マイナーチェンジと言った印象で、大きなスペックのバージョンアップはありません。

バッテリー持ち・電池容量の比較

バッテリー持ちと電池容量の比較をしていきます。

スペックシート上では、おサイフケータイ対応によるNFCモジュールの追加程度しかバッテリー駆動時間に影響を与える要素はなさそうなのですが、連続待受時間が大分短くなっていますね。
バッテリー持ちで選ぶのであれば、前モデルBASIO activeになります。

バッテリー持ち 電池容量 比較 BASIO active2 BASIO active
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh
連続通話時間 約3,000分 約3,000分
連続待受時間 約640時間 約770時間

BASIO active2 / Arrows We比較

BASIO active2 / Arrows We サイズ感比較
Arrows Weとの比較ポイント
  • 価格は圧倒的にarrows Weの方が安い
  • 処理能力はBASIO active2の方が上
  • 物理ボタンはBASIO active2のみ

【スペック比較表】BASIO active2 / arrows We

BASIO active2のスペックを表にまとめました。 右側に対比させる形で、「arrows We」のスペックを掲載しています。

スペック
比較表
BASIO active2 Arrows We
価格
(新規)
30,800円 1円
価格(MNP) 19,800円 1円
発売日 2024年4月5日 2021年12月24日
本体色 シルバー
ネイビー
レッド
ローズゴールド
ホワイト
ブラック
サイズ 71×158×9.4 71×147×9.4
重量 174g 172g
画面
サイズ
5.7インチ 5.7インチ
画面種別 TFT液晶 液晶
SoC Snapdragon 695 5G Snapdragon 480 5G
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB
おサイフ
ケータイ
防水 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8
防塵 IP6X IP6X
SIM
サイズ
nano SIM nano SIM
eSIM ×
バッテリー
容量
4,000mAh 4,000mAh
生体認証 顔/指紋 指紋
連続通話
時間
約3,000分 約1,770分
連続待受
時間
約640時間 約660時間

BASIO active2とarrows Weを比較すると、処理能力はBASIO active2の方が上となっています。

ただ、端末価格の点において、arrows Weの方が断然安い為、コスパで選ぶのであれば断然arrows Weをオススメします。

ただし、物理ボタンが装備されているのはBASIO active2ですので、この機能が必要不可欠な場合はBASIO active2を選ぶべきです。

どうしてもシニア向けのスマホを購入したいということであれば、やはりBASIO active2に強みが出てしまいますね。

バッテリー持ち・電池容量の比較

バッテリー持ちと電池容量の比較をしていきます。 バッテリー持ちは、BASIO active2の方が良いですね。 

バッテリー持ち 電池容量 比較 BASIO active2 Arrows We
バッテリー 容量 4,000mAh 4,000mAh
連続通話 時間 約3,000分 約1,770分
連続待受 時間 約640時間 約660時間

【コスパ考察】BASIO active2はあり?なし?

BASIO active2のコストパフォーマンスについて考察します。

この記事を執筆する現時点で、arrows Weは非常に安価で販売されており、正直なところBASIO active2のコストパフォーマンスはかなり低いと言えます。

シニア層に向けたスマートフォンを購入する際、物理ボタンが必要不可欠であればBASIO active2が唯一の選択肢です。しかし、物理ボタンが不要であればarrows Weの方がコストパフォーマンスに優れています。

物理ボタンは重要な選択肢となり得ますが、その点を基準に選ぶと良いでしょう。

シニア向けスマートフォンとしてはarrows Weを推奨します。

【在庫限り】国産スマホが一括1円

くどいようですが、とにかく安いスマホが良いなら、富士通製「arrows We」がオススメです。
シニアスマホやキッズスマホとしては、必要十分なスペックとなっており、コスパは抜群に良いです。

最新というだけで価格の高い「BASIO active2」を購入する必要は無いでしょう。

下記より、Arrows Weの在庫有無をご確認ください。

UQモバイル契約前には、下記ページにてクーポンの確認もお忘れなく!
参考:UQモバイルクーポン

iPhone SE2が24,400円~!

安定人気のiPhone SE2も24,400円で購入できるのがUQモバイルの魅力。

果たしてシニアスマホとして、これほどのスペックが必要かはわかりませんが、高性能な処理能力と安定品質のカメラ画質を兼ね備えた高コスパモデル。

写真を撮る機会の多い方であれば、BASIO active2よりも断然オススメです。

【5月】開催中キャンペーン一覧

下記が今月のオススメキャンペーンとなっています。

5月19日キャンペーン

・iPhone 12が一括19,000円~!
・Arrows Weが一括1円~!
・Redmi 12 5Gが一括1円~!
・Galaxy A23 5Gが一括3,800円~!
・【SIMのみ契約】最大10,000円相当 au Pay残高還元!
・【端末セット契約】最大22,000円割引
 (トクトク/コミコミ+増量オプションII時)

その他の細かな最新キャンペーンは下記、UQモバイル公式サイトよりご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)