Galaxy A30レビュー│2年総額・価格比較・スペック・ベンチマーク

Galaxy A30レビュー

Galaxy A30レビュー!Samsungの人気スマホ「Galaxy」シリーズ最新モデル「Galaxy A30」の特徴からスペック・ベンチマーク・2年総額・実質負担額まで、「Galaxy A30」を徹底的にレビューしていきます。

SamsungのGalaxyシリーズ初のSIMフリースマホ「Galaxy A30」。
UQモバイルより6月14日、auより6月6日発売となりました!
au版もUQモバイル版もパッケージ表記のモデル名は「SCV43」となっています。
(Googleアカウント上では、UQモバイル版は「SCV43u」となっています。)

Galaxy A30レビュー

まずは、Samsung Galaxy A30の実機を開封しながらレビューしていきましょう!

Galaxy A30 パッケージ開封

今回、国内正規モデルのUQモバイル版「Galaxy A30(SCV43u)」の実機をレビューしていきます!

Galaxy A30 パッケージ01

早速、開封していきましょう。
UQモバイル版はパッケージにも、UQモバイルロゴがプリントされています。

Galaxy A30 開封レビュー01

Galaxy A30付属品

Galaxy A30の本体レビューの前に、付属品からご紹介していきたいと思います。

Galaxy A30 開封レビュー02

パッケージ底部には、
・SIMイジェクトピン
・micro USBケーブル
・OTG対応USB変換アダプタ

Galaxy A30 データ移行アクセサリー

「ん?Galaxy A30ってUSB Type-Cじゃないの?」と思った方、さすがです。
付属のmicro USBケーブルは、データ移行時に旧端末と接続する用のケーブルなので、Galaxy A30の充電には使えません。
「OTG対応USB変換アダプタ」に関しても、USB Type-CとUSBソケットの変換アダプタですので、こちらもデータ移行用となっています。
Galaxy A30を充電するUSB Type-Cケーブルは別途購入する必要がありますので、ご注意ください。

こちらが「OTG対応USB変換アダプタ」。
片側がUSB Type-C。

Galaxy A30 OTG対応USB変換アダプタ01

反対側がUSBソケット。
iPhoneからのデータ移行の際には、こちらにライトニングケーブルのUSB側を差し込み、反対側をGalaxy A30に接続します。
旧端末がアンドロイド端末(micro USB)の場合には、付属のmicro USBケーブルをこちらに接続し、旧端末と接続します。

Galaxy A30 OTG対応USB変換アダプタ02

コチラの箱には、
各種書類と純正クリアケースが入っています。

Galaxy A30 付属書類01

左から、
・データ移行用試供品取扱説明書
・Galaxy A30取扱説明書
・Galaxy A30専用純正クリアカバー

Galaxy A30 付属書類02

純正のケースですが、ソフトタイプ(TPU素材)のもので、クリアというよりは若干黒っぽいクリアとなっています。

Galaxy A30 純正クリアケース

Galaxy A30のストラップホールは、日本限定仕様ですが、この純正クリアケースも日本限定仕様に合わせてストラップ用の穴が設置されています。

保証書

付属の取扱説明書の最終ページに、保証書がついていますので、間違って取扱説明書を捨てないようにご注意ください。
無償修理規定もこちらに記載されています。

Galaxy A30 SCV43 取扱説明書08

Galaxy A30のメーカー保証期間は、購入日より1年間となっています。

Galaxy A30 SCV43 取扱説明書09

Galaxy A30 本体レビュー

Galaxy A30 ブラックの質感をレビューしていきましょう。

本体前面

液晶画面はインカメラをセンター配置したノッチデザイン。

Galaxy A30 レビュー01

本体背面

本体背面がこちら。
背面パネルは、アクリル樹脂とポリカーボネートによる構成。
指紋センサー・Felicaポート・デュアルカメラ・LEDフラッシュを背面に配置しています。

Galaxy A30 レビュー02

Galaxy A30の本体外周をチェックしていきましょう!

本体左側面

本体左側面には、SIMトレーとストラップホールを配置。

Galaxy A30 レビュー07

本体上部

本体上部には、イヤホンジャックとセカンドマイク。
セカンドマイクは通話時のノイズキャンセリングやハンズフリー通話時に働きます。

Galaxy A30 レビュー08

本体右側面

本体右側面には、電源ボタンと音量調整ボタン。
ここは、一般的なAndroid端末の流れを汲んでいます。

Galaxy A30 レビュー09

本体下部

本体下部には、スピーカー・USB Type-Cソケット・マイク。

Galaxy A30 レビュー10

SIMトレー

SIMトレーがこちら。SIMイジェクトピンを差し込んで取り出すタイプです。

Galaxy A30 レビュー SIMトレー04

SIMサイズはnano SIM仕様で、micro SDも併用可能です。
Galaxy A30は、DSDS/DSDV非対応の機種です。
その為、micro SDスロットはnano SIM併用ではなく、micro SD専用スロットとなっています。

Galaxy A30 レビュー SIMトレー03

Galaxy A30ホーム画面

今回レビューしたGalaxy A30はUQモバイル版の為、起動時には、UQモバイルのロゴが表示されます。

Galaxy A30 レビュー16

Galaxy A30のホーム画面がこちら!
なんかホーム画面のテイストがAppleに似ているような。笑

こうして見ると、画面表示領域がわかりやすいですね。
指紋センサーが背面配置なので、画面占有率もかなり高いです。

Galaxy A30 レビュー14

Galaxy A30 スペック表

Galaxy A30のスペック表がこちらになります。

Samsung Galaxy A30スペック
カラー ・ブラック
・ブルー
・レッド
サイズ(mm) 160.0×75.0×8.2
重量 176g
画面サイズ 6.4インチ
画面種別 有機EL(Super AMOLED)
画面解像度 2,340×1,080(フルHD+)
OS Android 9.0 Pie
SoC Exynos 7904
CPUコア数 8コア(オクタコア)
GPU Mali-G72 MP2
RAM 4GB
ROM 64GB
メインカメラ デュアルカメラ
広角1,300万画素(F値1.9)
超広角500万画素(F値2.2)
LEDフラッシュ
13mm超広角撮影対応
フロントカメラ 800万画素 F2.0
カメラ機能
外部メモリ micro SD(最大512GB)
バッテリー容量 3,900mAh
連続待受時間 約670時間
連続通話時間 約1,990分
充電端子 USB Type-C
急速充電 USB PD対応(15W)
無線充電
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
テザリング 対応
衛星測位 GPS、AGPS、GLONASS、Galileo
生体認証 顔認証・指紋認証
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
耐衝撃 非対応
おサイフケータイ 対応
ハイレゾ
イヤホンジャック 搭載
ワンセグ・フルセグ 非対応
SIMサイズ nano SIM
SIMスロット デュアルスロット
nano SIM × 1
nano SIM or micro SD × 1
DSDS・DSDV
VoLTE 対応
対応バンド

各社VoLTE・CAにも対応し、デュアルスロット搭載。

スペック総評

「Galaxy A30」のスペック詳細を項目別にレビューしていきます。

おサイフケータイ対応!

Galaxy A30は、日本仕様に限り、Felicaを搭載し「おサイフケータイ」に対応しています。
(海外仕様では、Felica非搭載)

おサイフケータイ以外にもカメラ仕様変更・ストラップホールの搭載など、日本向けにローカライズしており、かなり本気で日本市場を狙ってきています。日本メーカーには、本当に頑張ってほしい。
もはやエントリーモデル・ミドルレンジモデルは中国メーカーにシェア奪われてしまっています。ここに来て、Samsungも本気を出して、日本市場でのミッドレンジモデルで中国メーカーに本気の対抗。

国内メーカーとして、唯一人気のあるSIMフリーミッドレンジモデルの「AQUOS sense 2」の後継モデル「AQUOS sense3」に期待しましょう!
SHARPさん頼みます。ガッカリさせないで下さい。笑

防水・防塵にも対応

また、これも日本仕様限定で、「防水・防塵」対応となっています。
(IP68規格の防水・防塵に対応)

AQUOS sense2」同等の仕様で、人気が出そうな感じ。
個人的には、SHARP「AQUOS sense2」を推奨します。鴻海傘下とは言え日本メーカーですからね。

画角123°の超広角カメラ搭載

3万円台のミッドレンジモデルで、超広角カメラの搭載。
(UQモバイル価格。auでは43,200円。)

これは正直、魅力的だなぁ。と思ってしまいます。
筆者はかなり韓国メーカーを避けていますが、このスペックはちょっと魅力的。

トリプルカメラ構成のXperia最新モデル「Xperia 1」では、画角135°の超広角カメラを搭載していますが、本体価格が違いますからね…。
ちなみに、「Xperia 1」もレビュー予定です!

日本モデル限定仕様まとめ

日本仕様のみ、海外仕様とは大きく構成が異なっています。
日本仕様限定の仕様として、下記が挙げられます。

・ストラップホールの搭載
・Felicaの搭載(おサイフケータイ機能)
・カメラ仕様の変更
・防水防塵対応

カメラの仕様に関しては、海外仕様では1,600万画素+500万画素のアウトカメラと、1,600万画素のインカメラという構成になっています。

バッテリー持ちの比較

「Galaxy A30」とUQモバイルの人気機種、OPPO「R17 neo」とSHARP「AQUOS sense 2」の3機種で、バッテリーベンチマークのスコア比較をしてみました。

バッテリー持ち
比較
Galaxy A30 R17 neo AQUOS
sense 2
バッテリー容量 3,900mAh 3,600mAh 2,700mAh
Work 2.0
Battery life
hm hm hm
Work
Battery life
hm hm hm

Galaxy A30のデメリットは?

Galaxy A30は、有機EL搭載・おサイフケータイ対応・防水・防塵と日本人が欲しがる機能てんこ盛りで3万円台ということでかなり注目を集めていますが、唯一気になるのは、搭載SoC「Exynos 7904」。

インドで約17,000円で販売されているエントリーモデル「Galaxy M20」に採用されている「Exynos 7904」。

同価格帯の「R17 neo」「P30 lite」「nova lite 3」「AQUOS sense 2」などと比較すると、処理能力が劣ります。

安価なSoCを入れる代わりに、防水・防塵・おサイフケータイ対応等でコストを合わせてきたという感じでしょうか。
機能面・性能面でも「AQUOS sense2」にかなり近いかと思います。

Galaxy A30のコスパはどうなの?

Galaxy A30の実売価格は31,104円。
マンスリー割」適用で、26,460円となります。
もちろん、Galaxy A30購入時でも、UQモバイルキャッシュバックの併用が可能です。

Galaxy A30は、auでもほぼ同時期に発売となり、(SCV43)
auでの販売価格は43,200円。

Galaxy A30に関しては、
端末価格的にも月額料金的にも、auよりも断然UQモバイルの方がお得ですね。

ただし、現状、500円で買える「nova lite 3」がコスパ最強でしょう!

予算がもう少しあるのであれば、
Pixel 3a」(48,600円)の方が処理能力的にも・カメラ性能的にもコスパは良いと思います。
おサイフケータイにも対応していますし、Pixel 3譲りのカメラ性能は、Galaxy A30よりも断然良いです。

ハードスペック的にはR17 neoを下回る

ハードウェアのスペック的には、R17 neoを下回るという点は否めません。
Galaxy A30搭載のSoC「Exynos 7904」は、R17 neo搭載のSoC「Snapdragon 660」よりも処理能力において下回っています。

CPU性能・GPU性能ともに、Snapdragon 660の方が30~40%上回っていますので、処理能力という点で見ると、Snapdragon 660搭載の「R17 neo」やSnapdragon670搭載の「P30 lite」の方が上ですね!

Galaxy A30・R17 neo・P30 lite、どれが買い?

CPU・GPUの処理能力に関する比較は、一つ上の項目でご紹介した通りです。

その他の点に関して比較していくと、
R17 neoも有機EL採用のスマホとなっており、防水・防塵・おサイフケータイの要否が選択を分けるポイントになるかと思います。

P30 lilteに関しては、「Kirin710」搭載で、こちらもGalaxy A30よりも処理能力は30%ほど高速となっています。
こちらは有機ELでも、防水・防塵対応でもないので、有機EL非搭載のR17 neoといった感じでしょうか。
被写界深度測定用カメラを搭載している以外に、特筆すべき点はありませんね。

とはいえ、540円で購入できる「nova lite 3」が現状、コスパ最強端末です。

docomo・au・Softbank系MVNOで使える?対応バンドとVoLTE

docomo系格安SIM・au系格安SIM・Softbank系格安SIMでの利用可否をまとめました。
「Galaxy A30」を購入して、docomo系格安SIMやSoftbank系格安SIMで使うのもアリですね!

au系格安SIMの利用可否

「Galaxy A30」は、UQモバイル/mineo/IIJmio/BIGLOBEモバイル/楽天モバイル/イオンモバイル等のau系格安SIMでも使えます。
au版の場合には、お決まりのSIMロックが掛かっていますので、SIMロック解除が必須となりますので、ご注意ください。

参考:auバンド

au 4G/
LTEバンド
Galaxy A30 備考
1 2.1GHz
11 1.5GHz
18 800MHz
26 800MHz
バンド18を内包
28 700MHz
41 2.5GHz
42 3.5GHz

docomo系格安SIMの利用可否

au系端末にありがちな対応バンド非公開という状況なので、docomo系MVNOの利用可否は不明です。

Softbank系格安SIMの利用可否

au系端末にありがちな対応バンド非公開という状況なので、Softbank系MVNOの利用可否は不明です。

Y!mobileの利用可否

au系端末にありがちな対応バンド非公開という状況なので、Y!mobile系MVNOの利用可否は不明です。

海外での利用について

「Samsung Galaxy A30」は日本国内向けモデルですが、SIMフリーとなっていますので、海外の現地SIM利用でも安心です。
(au版 Galaxy A30は要SIMロック解除)

Galaxy A30 ベンチマーク

各種人気ベンチマークアプリでのSamsung Galaxy A30のベンチマークスコアをまとめてレビューしていきます。

Antutu

スマホ性能を総合的に計測する「Antutu Benchmark」での「Galaxy A30」のベンチマークスコアがこちら。
中国の「Beijing Antutu Technology」製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
総合 106,084
CPU 総合 46,657
演算処理 9,749
一般使用 6,409
マルチコア 30,499
GPU 総合 23,169
3D Marooned 3,133
3D Coastline 5,759
3D Refinery 14,277
UX 総合 30,316
データセキュリティ 5,258
データ処理 7,793
画像処理 5,349
UXスコア 11,916
MEM 総合 5,942
RAM 2,480
ROM 3,462

Geekbench 4 Pro

CPU性能を中心に測定する「GeekBench 4 Pro」での「Galaxy A30」のベンチマークスコアがこちら。
カナダのPrimate Labs製のベンチマークスコアでCPUの処理能力の測定に特化。

ベンチマーク スコア
Single Core Score 1,309
Multi Core Score 4,097
OpenCL 3,956
RenderScript 3,697

3D Mark

グラフィック性能を測る「3DMark」での「Galaxy A30」のベンチマークスコアがこちら。
フィンランドの「Futuremark」社製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
Ice Storm
Unlimited
13,339
Ice Storm
Extreme
9,487
Sling Shot 768
Sling Shot
Extreme
Open GL ES3.1
630
Sling Shot
Extreme
Vulkan
728
API OVERHEAD
OpenGL ES3.0
59,628
API OVERHEAD
Vulkan
222,236

PCMark

スマホ性能を総合的に計測する「PC Mark」での「Galaxy A30」のベンチマークスコアがこちら。
開発元は、「3DMark」と同じフィンランドのFuturemark。

ベンチマーク スコア
Work 2.0
Performance
5,194
Work 2.0
Battery life
13h18m
Computer
Vision
2,400
Storage 3,817
Work
Performance
6,383
Work
Battery life
18h9m

Galaxy A30価格比較

各キャリア・各MVNOでのGalaxyの販売価格と、人気のMVNOでGalaxy A30を利用した場合の2年総額をまとめました。

Galaxy A30実質負担額

Galaxy A30実売価格をまとめました。
Galaxy A30は、UQモバイルとau限定販売となっているので、家電量販店やAmazonなどでは販売されていません。

販売店 Galaxy A30
販売価格(税込み)
UQモバイル 25,920円
au 43,200円
ヤフオク 約33,000円前後
Amazon 取扱なし
ヨドバシカメラ 取扱なし
ビックカメラ 取扱なし
Joshin 取扱なし
ソフマップ 取扱なし
カメラのキタムラ 取扱なし
ノジマ 取扱なし
DMMモバイル 取扱なし
Linksmate 取扱なし
楽天モバイル 取扱なし
IIJmio 取扱なし
mineo 取扱なし
BIGLOBEモバイル 取扱なし
OCNバイルONE 取扱なし
NifMo 取扱なし

Galaxy A30含め、UQモバイル取扱い全端末の価格比較・スペック比較はこちら!
参考:UQモバイル端末

Galaxy A30の2年総額

2年総額計算式

3GB+5分 or 10分かけ放題のプランで算出
初期費用+月額料金24ヶ月分+端末代金-各種割引

UQモバイルでは、Galaxy A30セット契約時の2年総額、
その他MVNOでは、ヤフオクで33,000円で購入した場合の2年総額を算出しています。

MVNO プラン 2年総額
UQモバイル プランS 84,892円
DMMモバイル 3GBプラン 97,577円
mineo
(au回線)
3GBプラン 97,659円
イオンモバイル
(docomo回線)
4GBプラン 99,225円
イオンモバイル
(au回線)
4GBプラン 99,225円
NifMo 3GBプラン 99,225円
BIGLOBEモバイル
(docomo回線)
3GBプラン 99,651円
BIGLOBEモバイル
(au回線)
3GBプラン 99,651円
IIJmio
(docomo回線)
3GBプラン 99,651円
IIJmio
(au回線)
3GBプラン 99,664円
mineo
(docomo回線)
3GBプラン 100,112円
楽天モバイル
(docomo回線)
3.1GBプラン 100,169円
楽天モバイル
(au回線)
3.1GBプラン 100,182円
LINEモバイル
(docomo回線)
3GBプラン 103,286円
LINEモバイル
(au回線)
3GBプラン 103,286円
LINEモバイル
(Softbank回線)
3GBプラン 103,286円
OCNモバイルONE 3GBプラン 105,353円
mineo
(Softbank回線)
3GBプラン 109,179円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)