11月30日まで│最大15,000円キャッシュバック!

Galaxy A41レビュー│2年総額・価格比較・スペック・ベンチマーク

Galaxy A41

UQモバイルの新端末「Galaxy A41(ギャラクシー エーフォーティーワン)」は、UQモバイルの2020年夏モデルとして発表された格安スマホ。
「Galaxy A41」のスペック・価格・ベンチマークなどをレビューしていきます!

「Galaxy A41」と「OPPO Reno3 A」の比較はこちらの記事で解説しています。
参考:Galaxy A41・OPPO Reno3 A比較

Galaxy A41レビュー

Galaxy A41の特徴からレビューしていきます。
Galaxy A41は、Galaxy A40の後継モデルにあたりますが、Galaxy A40が日本で販売されなかった為、日本人の感覚としては、Galaxy A30の後継モデルという印象ですね。

Galaxy A41

カメラ

Galaxy A41は、リアカメラに3眼カメラ。

Galaxy A30では、標準+超広角という2眼構成でしたが、Galaxy A41では、4,800万画素の標準カメラ、800万画素の超広角カメラ、500万画素の深度測位カメラの3眼構成

深度測位カメラが追加されたことで、被写体のピントを合わせたまま背景だけをキレイにぼかす、一眼レフで撮影したかのような写真を誰でもかんたんに撮れます。

インカメラは、2,500万画素のシングルカメラ構成。

Galaxy A41カメラ

ディスプレイ

6.1インチ、解像度2,400×1,080(FHD+)のSuper AMOLED(有機EL)没入型Infinity-U Displayを搭載。

また、画面内指紋認証センサーも搭載。画面内指紋認証は賛否両論出てきそうですね。

バッテリー持ち

Galaxy A41は、3,500mAhの大容量バッテリーを搭載。
電池もちは悪くなさそうですね。

Galaxy A41バッテリー

急速充電

15Wの急速充電に対応しています。

おそらくですが、USB PD・QuickCharge、両方に対応かと思われます。

便利機能

Galaxy A41では、おサイフケータイ・防水・防塵に対応
日本人が求めるスペックは一通り用意されている感じ。

Galaxy A41便利機能
おサイフケータイ
生体認証
防水
IPX5
IPX8
防塵
IP6X
耐衝撃×
ワンセグ・フルセグ×

耐衝撃性能は手帳型ケースなどでカバーすれば良いとして、ワンセグ・フルセグには非対応となっています。
UQモバイル端末」で、ワンセグ・フルセグに対応しているスマホは一台もありませんので、ワンセグ・フルセグ必須な方は、ワンセグ・フルセグ対応端末を中古スマホショップなどで購入し、UQモバイルをSIMのみ契約して使いましょう!

処理能力

Galaxy A41のチップセットはMediaTek社製「Helio P65(MT6768)」。
MediaTek社製のミドルレンジスマホ向けSoCを搭載。

スペック表

2020年5月末時点で判明している、Galaxy A41のスペックを記載しています。
情報が公開され次第、随時追記していきます。

Galaxy A41スペック表
発売日2020年7中旬予定
カラー・ホワイト
・ブラック
・ブルー
サイズ(mm)153×70×8.1
重量160g
画面サイズ6.1インチ(公称値)
実質 約6インチ
画面種別有機EL
画面解像度2,400×1,080(FHD+)
OSAndroid 10
SoCHelio P65
CPUコア数8コア(オクタコア)
CPU2xA75 + 6xA55
GPUMali-G52 MP2
RAM4GB
ROM64GB
メインカメラトリプルカメラ
超広角:800万画素
標準:4,800万画素
深度測定:500万画素
LEDフラッシュ
フロントカメラ2,500万画素
カメラ機能123°超広角撮影
自動シーン判別
ライブフォーカス
美肌モード
外部メモリmicro SD(最大512GB)
バッテリー容量3,500mAh
連続待受時間
連続通話時間
充電端子USB Type-C
急速充電最大15W
無線充電非対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0
テザリング対応
衛星測位GPS
生体認証指紋認証
顔認証
防水IPX5・IPX8
防塵IP6X
耐衝撃×
おサイフケータイ対応
ハイレゾ×
イヤホンジャック搭載
ワンセグ・フルセグ×
SIMサイズnano SIM
SIMスロット
DSDS・DSDV
VoLTE
対応バンド

 

ベンチマーク

Galaxy A41実機が到着次第、ベンチマークテストの結果を追記していきます。

SoCとメモリ容量から推察すると、Antutu V8にて14~18万点前後と想定されます。
ただし、Galaxy A41と同じSocであるMediaTek製「 Helio P65」を搭載した「vivo S1」にて、ベンチマークブーストが発覚しており、今回のGalaxy A41でのベンチマークもどうなることやら…。
Anandtechの調査では、「PC Mark」のWork2.0 Performanceにおいて、30%~75%のブーストが認められたとのこと。

価格比較

日本国内では、UQモバイルとdocomo・auからGalaxy A41発売されています。

3社の端末価格を比較していきましょう!

Galaxy A41最安値
UQモバイル27,720円
docomo37,224円
au39,540円

Galaxy A41の端末価格は、圧倒的にUQモバイルが安いですね。
UQモバイルがやすいのは明らかですが、次の項目ではキャリアの2年総額とどれぐらい差があるのか比較していきます。

2年総額

2年総額算出式

初期費用+月額料金24ヶ月分+その他費用-各種割引

2年総額比較
Galaxy A41代金込み
UQモバイル83,292円
docomo146,784円
au162,300円

スマホプランS」で契約「通話オプション」なしの場合で、2年総額83,292円。
スマホプランR」で契約「通話オプション」なしの場合、上記金額+24,000円が2年総額となります。

上記でご紹介したUQモバイルの2年総額には、最大10,000円の「UQモバイルキャッシュバック」も含んでいます。
かならず、キャッシュバックだけは忘れないようにしてください!

また、キャッシュバックと併用可能な11月のキャンペーンは下記記事でまとめております。
参考:UQモバイルキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※注意 UQモバイルキャッシュバックページについて

キャッシュバック専用ページ以外からの申込はキャッシュバック対象外となりますので、ご注意下さい。
リンク先に「キャッシュバック」の記載があることをご確認ください。

→ UQモバイルキャッシュバック専用ページ