HUAWEI nova 3レビュー!スペック・価格比較│UQモバイル販売の予感。

nova3-review

今回は、nova3レビュー!UQモバイルでも販売されてきたHUAWEI製SIMフリースマホ「nova 2」の後継モデル「nova 3」が大幅進化して登場!
P20 liteを上回る高コスパ端末とも言えそうなスペックと価格バランスの良さです。

2018年11月に「au VoLTE」「docomo VoLTE」対応のアップデートが配信となり、「nova 3」でもUQモバイル等のau系格安SIMでも利用可能に

UQモバイルだとHuawei端末のマンスリー割の割引率の低さが難点。
とは言え、他社比では安いんですけど、108円スマホが魅力的すぎて…。笑

ちなみに、UQモバイル契約時には、最大13,000円の「UQモバイルキャッシュバック」の適用をお忘れなく!

nova 3レビュー

Huaweiが日本で展開する格安スマホは主に、「novaシリーズ」「Pシリーズ」「Mateシリーズ」の3シリーズとなっています。
3シリーズの中でも若者や女性をメインターゲットにしているのが、この「novaシリーズ」でインカメラでのセルフィー機能にも力を入れています。

HTC U12+」同様に、デュアルインカメラ・デュアルアウトカメラで計4つのカメラを搭載。

価格帯も、P20やMate 10 Proよりも手の届きやすい価格帯となっています。

docomo VoLTE / au VoLTE対応!

まず、2018年11月中旬より、「nova 3」向けに順次アップデートが配信されており、「nova 3」がdocomo VoLTE / au VoLTE対応となりました!
これで、au系格安SIM・docomo系格安SIMともに、「nova 3」で利用可能となります!

Mate 10 Pro・P20も同時期にアップデートし、au/docomo VoLTE対応になっており、「GPUターボ」も同時アップデート。
(nova 3は発売時よりGPU Turbo実装済み)

nova 3 価格比較

Huawei nova3 は現時点で6MVNOでの取扱が決まっています。
各MVNOでの販売価格をまとめました。

2018年11月15日より、「au VoLTE対応」「docomo VoLTE対応」となるソフトウェアアップデートが配布されましたので、au系格安SIM・docomo系格安SIMにおいても、VoLTE通話が可能となりました。

MVNO 一括価格 分割価格
OCNモバイルONE
(音声通話SIM)
29,808円 一括のみ
OCNモバイルONE
(データ専用SIM)
46,224円 一括のみ
NifMo 52,800円 2,201円
mineo 53,784円 2,241円
IIJmio 53,784円 2,246円
楽天モバイル 53,870円 2,244円
DMMモバイル 59,184円 2,912円
イオンモバイル 59,184円 2,466円
BIGLOBE(docomo) 分割のみ 853円
BIGLOBE(au) 分割のみ 691円

nova 3スペック

nova 3では、「P20 Pro」「Mate 10 Pro」といったハイエンドモデルと同じSoC「Kirin970」を採用したことにより、処理能力が抜群に上がっています。
前作「nova 2」に搭載されていた「Kirin 659」比で映像処理能力や演算性能が70%以上改善し、ハードウェア性能としては、かなり大幅にアップグレードしています。

4GBメモリを搭載し、普段遣いには贅沢なスペック。
AIによる自動シーン識別に対応した二眼カメラを前後両面に採用。

HUAWEI nova3スペック表
カラー ・ブラック
・アイリスパープル
・レッド(goo限定)
サイズ(mm) 約157×73.7×7.3
重量 166g
画面サイズ 約6.3インチ
画面種別 TFT液晶
画面解像度 FHD+(2,340×1,080)
OS Android 8.1 / EUMI 8.2
CPU Kirin 970
CPUコア数 オクタコア(8コア)
RAM 4GB
ROM 128GB
メインカメラ 約1600万画素(F値1.8)
カラーセンサー約2400万画素(F値1.8)
モノクロセンサー
像面位相差AF
コントラストAF
22シーン自動識別AI撮影
HDR Pro
フロントカメラ 約2400万画素 + 約200万画素
8シーン自動識別AIセルフィー
メインカメラ(動画)
フロントカメラ(動画)
外部メモリ microSD(最大256 GB)
バッテリー容量 3,750mAh
急速充電 9V/2A
充電端子 USB Type-C
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver 4.2 with BLE
(aptX, aptX HD, HWA対応)
テザリング 対応
衛星測位 GPS / AGPS / Glonass
生体認証 顔認証・指紋認証
防水 非対応
防塵 非対応
耐衝撃 非対応
おサイフケータイ 非対応
ハイレゾ 非対応
ワンセグ・フルセグ 非対応
SIMサイズ nano SIM ×2(DSDV対応)
対応バンド FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/
12/17/18/19/26/28
TDD LTE: B38/40/41
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900

nova 3 ベンチマークスコア

人気の各種ベンチマークアプリでnova3のスコアを測定してみました。
今回使用したベンチマークソフトは「Antutu」「Geekbench 4 Pro」「3DMark」「PCMark」の4つ。

Antutuスコア

nova3のAntutuのベンチマークスコアがこちら。

スコア
総合 203,987
CPU 70,131
GPU 75,188
UX 45,302
MEM 13,366

Geekbench4 スコア

nova3のGeekbench4のベンチマークスコアがこちら。

スコア
Single Core Score 1,871
Multi Core Score 6,541
OpenCL Score 13,821
RenderScript 10,061
Battery Score 2,961

CPU性能としては、Samusung 「Galaxy S8」「Galaxy Note8」やGoogle「Pixel 2」同等の処理能力と言えそうです。

3DMarkスコア

nova3の3DMarkのベンチマークスコアがこちら。

スコア
Sling Shot Extreme
OpenGL ES 3.1
2,945
Sling Shot Extreme
Vulkan
3,166
Sling Shot 3,324
Ice Storm Extreme MAX
Ice Storm 30,774
API Overhead
OpenGL ES 3.0
63,000
API Overhead
Vulkan
132,740

PCMarkスコア

nova3のPCMarkのベンチマークスコアがこちら。

スコア
Work 2.0 Performance 7,563
Work 2.0 Battery life 8h37m
Work Performance 9,424
Work Battery life 9h46m
Storage 13,895
Computer Vision 5,063

nova 3のコスパはいかがなものか

Huaweiシリーズで「nova 3」と同じCPU「Kirin 970」を搭載した端末には、「P20 Pro」「Mate 10 Pro」があります。
まずは、これらの実売価格を比較してみましょう。

Kirin 970搭載端末の実売価格

nova 3:実売5万円程度
P20 Pro:実売7万円程度
Mate 10 Pro:実売8.5万円程度

「nova 3」が4GBメモリ、「P20 Pro」「Mate 10 Pro」が6GBメモリという差こそありますが、このスペックで5万円ということであれば、コスパは良い!
現在人気の「P20 lite」が3.5万円程度であることを考えると、1.5万円プラスでこの性能と考えてもコスパは良いと思います。

「P20 Pro」はLeicaレンズ搭載・防水・防塵対応・おサイフケータイ対応という実用機能満載ですので、予算が許すのであれば、「P20 Pro」もコスパは抜群に良いでしょう。
ただし、前回の記事でご紹介したとおり、au系MVNOでは実質使えませんので、ご注意ください。

現状、「Mate 10 Pro」は圧倒的にコスパが悪いです。8万円出して買う価値は無いでしょう。
次期「Mate 20 Pro」が間もなく発表となりますので、こちらに期待したいところですね。

au系MVNOで使える?対応バンドとau VoLTE

「nova 3」はau系MVNOで使えるのか?ということを検証していきます。

「nova 3」はソフトウェアアップデートで「au VoLTE」に対応予定です。
当記事執筆時点では、まだソフトウェアアップデートが入っていませんので、au系MVNO利用予定の方は、ソフトウェアアップデート以降に利用しましょう!

まず、auで使用している7つのBandとnova 3の対応可否をまとめました。
対応バンドと各バンドの必要度は下記の記事を参考にしてみてください。
参考:au各バンドの必要度

au 4G/
LTEバンド
nova 3 備考
1 対応 2.1GHz
11 非対応 1.5GHz
18 対応 800MHz
26 対応 800MHz
バンド18を内包
28 対応 700MHz
41 対応 2.5GHz
42 非対応 3.5GHz

au系MVNOを使うにあたって、絶対に外せないのが、Band 1と18 or 26です。
Band 26はBand 18を含むので、どちらかが対応していればOK。

上記の3Bandで全国の人口カバー率99%超をカバーしているので、上記3Bandがau系MVNO利用時に必須の対応バンドとなります。

その他の周波数帯に関しては、CA等でより高速な実効速度や安定した通信に繋がりますので、対応してれば良いけど、必須ではないという感じですね。
HUAWEI nova 3 に関して言うと、上記3Bandをしっかり抑えているので、UQモバイルやIIJmio/mineo/BIGLOBEモバイル/Fiimo/QTモバイル等のau系MVNOでもしっかり利用できます。

nova 3 開封レビュー

「nova 3」実機を注文済みですので、到着次第、開封レビューを追記していきます!

追記:OCNモバイルONE(goo SIM Seller)で注文していた、HUAWEI nova 3 アイリスパープルが到着しましたので、実機レビューしていきます!

nova3-開封レビュー01

nova 3のパッケージは、いつもおなじみのホワイトを基調としたデザイン。

nova3-開封レビュー05

今回のHUAWEI nova3 のモデルナンバーはPAR-LX9。
RAM 4GB、ROM128GB

nova3-開封レビュー06

日本正規版の為、背面には、日本語の注意書き。

nova3-開封レビュー07

それでは、nova3いざ開封!

nova3-開封レビュー09

nova3付属品レビュー

付属品もいつもどおり、必要最小限。

nova3付属品

・nova3本体
・HUAWEI QUICK CHARGER(急速充電器)
・USB Type-Cケーブル
・イヤホン
・SIMイジェクトピン
・クリアカバー
・nova3クイックスタートガイド

nova3-開封レビュー10

左から、純正急速充電器、USB Cケーブル、イヤホンマイク。

nova3-付属品レビュー01

最大18Wの急速充電器。

nova3-急速充電器

P20 ProiPhone XSiPhone XRHTC U12+など、昨今のハイエンドモデルは積極的にイヤホンジャックを廃止していますが、nova3ではまだイヤホンジャック搭載!

nova3-純正イヤホン

HUAWEIおなじみのクリアカバーが付属。

nova3-付属書類

純正クリアカバー

THEシンプル、なクリアカバー。

nova3-クリアカバー

柔らかい素材です。

nova3-クリアケース

nova3純正クリアカバーの装着イメージ。

nova3-純正クリアカバー02

本体下部のカットは適度。

nova3-純正クリアカバー03

マイク部分もきっちり穴あけ加工されてます。

nova3-純正クリアカバー05

本体背面のカットも、大きすぎず小さすぎずで、結構丁度よい感じですね。

nova3-純正クリアカバー07

指紋認証時も全然邪魔になりません。

nova3-純正クリアカバー08

ただし、装着時、画面周囲の張り出しが全然ないので、画面側から落下させた場合の液晶保護性能は皆無と言えそうです。

nova3-純正クリアカバー09

nova3本体レビュー

こちらが、nova3 アイリスパープルの背面カラー。
注文前は、ドギツそうな色味してるなー。なんて思ってたのですが、実機を手にすると、そこまでの派手さは感じません。
まぁ、派手なんですが。

nova3-本体背面01

そして、先代honorから受け継いでいる?多重層コーティングによる複雑な光の反射がなんとも美しい。

nova3-本体背面02

角度を変えてもう一枚。

nova3-本体背面03

SIMトレーがこちら。
DSDV対応のデュアルSIMトレー。
SIMスロット2はmicro SDとの共用です。

nova3-SIMトレー

nova3 本体左側面に、SIMトレーを配置。

nova3-本体左側面

nova3 本体下部には、イヤホンジャックとUSB Type-Cソケットを配置。
その右側には、マイクとスピーカー。

nova3-本体下側面

nova3 本体右側面には、Androidで定番の電源ボタンと音量調節ボタン。

nova3-本体右側面

本体上側面には、サブマイク。

nova3-本体上側面

深度測定用のサブカメラを搭載した、HUAWEIモデルとしては初?のデュアルインカメラ。

nova3-デュアルインカメラ

電源ボタン部分には、滑り止め加工が施されています。

nova3-電源ボタン質感

本体背面パネルの側面はラウンドエッジ加工により、手に馴染みやすい。

nova3-曲面筐体

ということで、かんたんなnova3実機レビューでした。

nova3-背面質感01

nova3 初期設定の流れ

これは、Androidおなじみの流れですので、過去、Androidを利用していた方は読まないで大丈夫です!

まずは、言語設定から!

nova3-初期設定01

HUAWEI利用規約への同意。

nova3-初期設定02

Wi-Fi設定。

nova3-初期設定04

Googleアカウントの設定。
Gmailをご利用の方であれば、Gmailアカウント=Googleアカウントとなりますので、GmailのID/PWでログインしましょう!

お持ちでない方は、「アカウント作成」をタップしましょう!

nova3-初期設定06

Googleサービスの利用設定。

nova3-初期設定08

Googleアシスタントの設定。
「Okay Google」と話しかけて起動する、iPhoneでいう「Siri」のようなアシスタントの設定です。

nova3-初期設定10

自分の声でのみ反応するように設定できるのが、「Voice Match」

nova3-初期設定11

3回、「Ok Google」と言って、自分の声を認識させます。

nova3-初期設定12

Voice Match登録完了。

nova3-初期設定13

HUAWEI IDの設定。

nova3-初期設定14

端末保護設定。

nova3-初期設定16

まずは、指紋認証の設定から始めます。

nova3-初期設定17

指紋IDの解説

nova3-初期設定18

PINコードの設定。
数字6桁で設定します。

nova3-初期設定19

指紋の登録。

nova3-初期設定20

指紋登録完了

nova3-初期設定23

つづいて、顔認証の登録の為に、先程設定したパスコードを入力します。

nova3-初期設定24

顔情報の登録。
ガイドに従って、顔をぐるぐると回して、顔情報を登録していきましょう。

nova3-初期設定25

EMUI拡張サービスの設定。
これはお好みで!

nova3-初期設定26

データのインポート設定。
「Android端末」「iPhone または iPad」を選択すると、HUAWEIの独自アプリ「Phone Clone」でのデータ移行に進みます。

「Googleクラウドバックアップ」は、過去にAndroid端末を利用していた方向けになります。

nova3-初期設定27

「すべて設定」をタップすると、nova3の初期セットアップが完了です!

nova3-初期設定28

nova3 ホーム画面起動!

nova3-ホーム画面01

HUAWEIの直近のモデルで言うと、P20 Proが有機EL搭載。
そして、このnova3は従来のTFT液晶モデルなのですが、発色が良い!

nova3-ホーム画面02

ロック解除をかんたんに

「設定」→「顔認証」の設定画面で、「ダイレクトロック解除」を選択すると、顔認証後、そのままホーム画面が表示されるので、楽です。

nova3-ダイレクトロック解除

デフォルト設定では、「スライドしてロックを解除」が選択されているので、「顔認証」→「手動でスライド」というステップを踏む必要があります。

nova3-スライドしてロック解除

nova3は、DSDV対応!

nova3-DSDS

nova 3 プリセットAPN

HUAWEI nova 3 にプリセットされているAPNが下記となります。

docomo系

・イオンモバイル(i-aeonmobile.com)
・イオンモバイル(n-aeonmobile.com)
・ANDmarket mobile
・ASAHI NET
・BIGLOBE LTE・3G
・BIGLOBEモバイル
・DMMモバイル(dmm.com)
・DMMモバイル(vmobile.jp)
・IIJmio
・LIBMO
・LINEモバイル
・OCNモバイルONE
・So-net
・U-mobile
・U-mobile PREMIUM
・hi-ho
・mineo
・mopera U
・NifMo
・エキサイトモバイル
・ヤマダニューモバイル
・楽天モバイル(rmobile.jp)
・楽天モバイル(rmobile.co)

au系

・イオンモバイル
・BIGLOBEモバイル
・IIJmio
・UQモバイル
・mineo

Softbank系

・Softbank 4G シンプルスタイル
・Y!mobile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)