【最新版】UQモバイルキャッシュバック専用ページ

AQUOS sense3レビュー│2年総額・価格比較・スペック・ベンチマーク

AQUOS sense3レビュー

AQUOS sense 3レビュー!Sharpの人気スマホ「AQUOS sense」シリーズ最新モデル「AQUOS sense 3」の特徴からスペック・ベンチマーク・2年総額・実質負担額まで、「AQUOS sense 3」を徹底的にレビューしていきます。

2019年上半期、最も売れたスマホ「AQUOS sense 2」の後継モデルにあたる「AQUOS sense 3」は、大幅進化!
3万円前後での販売となり、UQモバイルに加え、docomo(SH-02M)・au(SHV45)でも販売されています。
(UQモバイルでの売価:21,600円)

また、機能を絞り、より安価な「AQUOS sense3 basic」も登場!

AQUOS sense3レビュー

遅ればせながら、「AQUOS sense3」の実機が到着しましたので、レビューしていきます!
今回、レビューするのは、キャリア版でもなくUQモバイルでもなく、SIMフリー版となります。

キャリア版・UQモバイル版・SIMフリー版の違いは、カラーラインナップとSIMロックの有無になります。
UQモバイル版とSIMフリー版がSIMフリーキャリア版がSIMロック。)

「AQUOS sense3」のパッケージは、いつもどおりのAQUOSデザインパッケージ。

AQUOS sense3 パッケージ01

早速、「AQUOS sense3」を開封していきましょう!

AQUOS sense3 開封01

AQUOS sense 2」では付属してこなかった充電器が今作「AQUOS sense3」では付属!
しかも、USB PDの超急速充電器!

AQUOS sense3 付属品02

超急速充電器(27W)

「AQUOS sense 3」には、27Wの出力を誇る、超急速充電器が付属!
30Wクラスの急速充電器ともなると、Amazonでも3,000円前後しますので、これはかなり嬉しいですね!
30Wクラスの急速充電器 – Amazon

AQUOS sense3 充電器

「AQUOS sense 3」はバッテリー容量がAQUOS senseシリーズ最大の4,000mAhとなっていますので、5Wの低速充電器などではかなり時間が掛かります。

取扱説明書・保証書

「AQUOS sense 3」のクイックスタートガイドがこちら。(簡易取扱説明書)
こちらに記載されているのは、基本的な仕様や操作方法となっています。

「AQUOS sense 3」の取扱説明書は、SHARP公式サイトより無料でダウンロード可能です。
参考:AQUOS sense 3取扱説明書

AQUOS sense3 取扱説明書01

「AQUOS sense 3」の保証書がこちら。
今回購入したのはSIMフリーモデルですので、「形名」の欄には「SH-M12」という記載になっています。

AQUOS sense 3
形名一覧(型番)
docomo版SH-02M
au版SHV45
UQモバイル版SHV45u
SIMフリー版SH-M12
AQUOS sense3 保証書01

外観レビュー

「AQUOS sense 3」の外観をレビューしていきましょう!

AQUOS sense3 外観レビュー01

「AQUOS sense3」本体背面がこちら!
前作「AQUOS sense2」と異なり、リアカメラがデュアルカメラに!
それ以外に、大きなデザインの変更はありません。

AQUOS sense3 外観レビュー02

デュアルカメラの周りには、アルマイト処理が施されたアルミ製リングが光ります。

AQUOS sense3 外観レビュー08

「AQUOS sense3」本体底面には、USB Type-Cソケットとマイクを配置。

AQUOS sense3 外観レビュー04

「AQUOS sense3」本体右側面には、電源ボタンと音量調節ボタンを配置。

AQUOS sense3 外観レビュー05

「AQUOS sense3」本体上部には、イヤホンジャックを配置。
Bluetoothイヤホンはもちろん、有線イヤホンにも対応しているのは嬉しいですね。

AQUOS sense3 外観レビュー06

「AQUOS sense3」本体左側面にはSIMトレーを配置。

AQUOS sense3 外観レビュー07

SIMトレー

「AQUOS sense3」のSIMトレーは、本体左上にあります。
SIMトレーイジェクトピンなしでアクセスできるので、爪を引っ掛けるだけで、SIMトレーが取り出せます。

AQUOS sense3 SIMトレー02

DSDV(SIMカード2枚)で使うもよし、SIM+micro SDで使うもよしのハイブリッド仕様。
セカンダリートレイがnano SIMとmicro SDの共用となっているので、DSDV+micro SDの併用は不可能です。

AQUOS sense3 SIMトレー01

ホーム画面

「AQUOS sense3」のホーム画面がこちら。

AQUOS sense3 ホーム画面02

AQUOS sense3 スペック

前作「AQUOS sense2」から大きく進化し、価格据え置きの高コスパ端末「AQUOS sense 3」のスペックを詳しく見ていきましょう!

AQUOS sense 3 スペック表

AQUOS sense 3のスペック表がこちらになります。

Sharp AQUOS sense 3スペック
カラー【UQモバイル版】
・ライトカッパー
・シルバーホワイト
【docomo版】
・ライトカッパー
・シルバーホワイト
・ディープピンク
・ブラック
【au版】
・ライトカッパー
・シルバーホワイト
・ソフトピンク
・ブラック
サイズ(mm)147×70×8.9
重量167g
画面サイズ5.5インチ
画面種別IGZOディスプレイ
TFT液晶
画面解像度2,160×1,080(FHD+)
OSAndroid 9.0 Pie
SoCSnapdragon630
CPUコア数8コア(オクタコア)
GPUAdreno 508
RAM4GB
ROM64GB
メインカメラデュアルカメラ
広角:1,200万画素 F値2.4
標準:1,200万画素 F値2.0
LEDフラッシュ
フロントカメラ800万画素 F2.2
カメラ機能FHD動画撮影対応
外部メモリmicro SD(最大512GB)
バッテリー容量4,000mAh
連続待受時間約910時間
連続通話時間約2,820分
充電端子USB Type-C
急速充電
無線充電非対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0
aptX・aptX HD対応
テザリング対応(最大15台)
衛星測位GPS/GLONASS/BeiDou/Galileo
QZSS(みちびき)は非対応
生体認証顔認証
防水IPX5/IPX8
防塵IP6X
耐衝撃MIL規格準拠
おサイフケータイ対応
ハイレゾ対応
イヤホンジャック搭載
ワンセグ・フルセグ非対応
SIMサイズnano SIM
SIMスロット
DSDS・DSDV
VoLTE対応
対応バンド

各社VoLTE・CA対応。

スペック総評

AQUOS sense 3」のスペック詳細を項目別にレビューしていきます。

おサイフケータイ対応!

「AQUOS sense 3」は、MVNO版・キャリア版ともに、Felicaを搭載し「おサイフケータイ」に対応しています。
楽天Edy・モバイルSuica・nanacoモバイル・WAON等の各種電子マネーが使え、キャッシュレス時代に即した格安スマホとなっています。

防水・防塵にも対応

「AQUOS sense 3」は、「防水・防塵」対応となっています。
(IP68規格の防水・防塵に対応)

同時期に発売となるUQモバイル端末では、「OPPO A5 2020」を除き、「Xperia 8」「Galaxy A20」「AQUOS sense3」が防水に対応しています。
参考:UQモバイル端末

バッテリー持ちが1.5倍に!

前作「AQUOS sense2」では、2,700mAhのバッテリーを搭載。
今作「AQUOS sense3」では、4,000mAhのバッテリーを搭載し、
バッテリー持ちも劇的に改善しています。

さらに次の項目でご紹介する、プロセッサーのアップグレードに伴い、処理能力を向上させながら、電池の消費量は従来とほぼ同様。
その為、処理能力が向上したにも関わらず、電池持ち時間もバッテリー容量に順比例し1.5倍となっています。

CPUがアップグレード

AQUOS sense」「AQUOS sense2」では、エントリーモデルのSoC(CPU)が搭載されていました。
前作までは、Qualcomm社製の「Snapdragon400」シリーズと言う、エントリーモデルのSoCを採用してきましたが、今作「AQUOS sense3」より、「Snapdragon600」シリーズというミドルロークラスのSoCにアップグレードしています。
(AQUOS sense3の搭載SoCは、Snapdragon630)

これに伴い、省電力性能を向上させながら、処理能力を向上
処理能力を確実に上げながらも、電池消費量を抑えることに成功しています。

この点は、非常に良い進歩と言えます。
「AQUOS sense 3」になり、価格据え置きでかなり大きく進化しているので、高コスパ端末として人気のP30 lite」キラーともなり得る唯一の国産スマホです。

UQモバイル端末との比較

UQモバイルから同時期発売の「Xperia 8」と同じSoCを搭載しているので、処理能力は同等ですが、価格は断然「AQUOS sense3」の方が安いです。
UQモバイルから同時期発売の「A5 2020」は、ワンランク上の「Snapdragon665」を搭載しており、処理能力は完敗です。
処理能力で端末を選ぶなら、「A5 2020」一択でしょう!能力差はかなり大きいです。

参考:UQモバイル端末

二眼カメラへと進化!

前作「AQUOS sense2」では、シングルカメラでしたが、今作「AQUOS sense3」では、デュアルカメラを搭載。
広角レンズ+標準レンズという二眼構成になり、カメラ性能も着実に進歩しています。

121度の広角撮影が可能となり、「Xperia 1」「Galaxy S10」などキャリアのフラッグシップモデルも採用する広角カメラの搭載で、よりシーンを選ばず万能に撮影できるスマホへと進化しています。
これも個人的にはかなり大きな進歩だと思います。

AQUOS sense 3のコスパはどうなの?

「AQUOS sense 3」の実売価格は3万円前後。
もちろん、「AQUOS sense 3」購入時でも、UQモバイルキャッシュバックの併用が可能です。

キャッシュバックを加味すると、「AQUOS sense 3」の実質負担額は約25,000円前後。
コスパは十分に良いと思います。

処理能力重視で考えるなら「A5 2020」のコスパは超絶。
防水やおサイフケータイ・バッテリー持ちと言った全体的なバランスを考えると「AQUOS sense3」のコスパは抜群でしょう。

特に、同時期発売モデル「Xperia 8」の実売価格5万円を対比させて考えると、同じ処理能力でありながら、2万円安い「AQUOS sense3」のコスパの良さがわかりやすいと思います。
Xperia 8」ほどの高級感こそありませんが…。笑

参考:UQモバイル端末

docomo・au・Softbank系MVNOで使える?対応バンドとVoLTE

docomo系格安SIM・au系格安SIM・Softbank系格安SIMでの利用可否をまとめました。
「AQUOS sense 3」を購入して、docomo系格安SIMやSoftbank系格安SIMで使うのもアリですね!

au系格安SIMの利用可否

「AQUOS sense 3」は、au・UQモバイルで販売されている端末ですので、mineo/IIJmio/BIGLOBEモバイル/楽天モバイル/イオンモバイル等のau回線の格安SIMでも使えます。
au版AQUOS sense 3の場合には、お決まりのSIMロックが掛かっていますので、SIMロック解除が必須となりますので、ご注意ください。

参考:auバンド

docomo系格安SIMの利用可否

AQUOS sense 3は、docomoからも販売されている端末ですので、docomo回線の格安SIMもしっかり使えます!
楽天モバイル・LINEモバイル・OCNモバイルONE・リンクスメイト・nifmo・nuroモバイルなど各種docomo系格安SIMが利用できますので、ご安心を!

Softbank系格安SIMの利用可否

対応バンドがまだ公表されていない為、Softbank系MVNOの利用可否は不明です。

Y!mobileの利用可否

対応バンドがまだ公表されていない為、Y!mobile系MVNOの利用可否は不明です。

海外での利用について

UQモバイル版「AQUOS sense 3」は日本国内向けモデルですが、SIMフリーとなっていますので、海外の現地SIM利用でも安心です。
(docomo版&au版 AQUOS sense 3は要SIMロック解除)

AQUOS sense 3 ベンチマーク

各種人気ベンチマークアプリでのSharp AQUOS sense 3のベンチマークスコアをまとめてレビューしていきます。
端末が届き次第、追記していきますので、今しばらくお待ち下さいませ。

Antutu

スマホ性能を総合的に計測する「Antutu Benchmark」での「AQUOS sense 3」のベンチマークスコアがこちら。
中国の「Beijing Antutu Technology」製のベンチマークソフト。

ベンチマークスコア
総合
CPU総合
演算処理
一般使用
マルチコア
GPU総合
3D Marooned
3D Coastline
3D Refinery
UX総合
データセキュリティ
データ処理
画像処理
UXスコア
MEM総合
RAM
ROM

Geekbench 5

CPU性能を中心に測定する「GeekBench 5」での「AQUOS sense 3」のベンチマークスコアがこちら。
カナダのPrimate Labs製のベンチマークスコアでCPUの処理能力の測定に特化。

Geekbench 4からのアプリバージョンアップに伴い、各スコアの算出基準が大幅に刷新されています。
Geekbench 4スコアとGeekbench 5スコアの比較は意味がありませんので、Geekbenchスコア比較の際には、バージョンにご注意ください。

ベンチマークスコア
Single Core Score
Multi Core Score
OpenCL
RenderScript

3D Mark

グラフィック性能を測る「3DMark」での「AQUOS sense 3」のベンチマークスコアがこちら。
フィンランドの「Futuremark」社製のベンチマークソフト。

ベンチマークスコア
Ice Storm
Unlimited
Ice Storm
Extreme
Sling Shot
Sling Shot
Extreme
Open GL ES3.1
Sling Shot
Extreme
Vulkan
API OVERHEAD
OpenGL ES3.0
API OVERHEAD
Vulkan

PCMark

スマホ性能を総合的に計測する「PC Mark」での「AQUOS sense 3」のベンチマークスコアがこちら。
開発元は、「3DMark」と同じフィンランドのFuturemark。

ベンチマークスコア
Work 2.0
Performance
Work 2.0
Battery life
Computer
Vision
Storage
Work
Performance
Work
Battery life

AQUOS sense3と「lite」「Plus」の違い

AQUOS sense3には、下記3種類のモデルラインナップがあります。
販売キャリアが別れているのと、スペックも異なります。

中でも、「AQUOS sense3 lite」は突出してコスパの悪い一台ですので、ご注意ください。
それでは、「AQUOS sense3 lite」「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 Plus」の違いをまとめていきます。

※下記表では、「AQUOS sense3」を「無印」と表現しています。

違いAQUOS sense3
lite無印Plus
販売元楽天モバイル・UQモバイル
・au
・docomo
・au
・Softbank
実売価格29,819円3万円前後4万円前後
カメラ
構成
シングルカメラデュアルカメラデュアルカメラ
広角側
画角
なし121°123°
メモリ4GB6GB
ストレージ64GB64/128GB
ディスプレイ5.5インチ6.0インチ
プロセッサSDM630SDM636
スピーカーモノラルステレオ

AQUOS sense3とliteの違い

広角カメラの有無になります。
しかし、販売価格がほとんど変わらず、楽天モバイル版の「AQUOS sense3 lite」は広角カメラなしのシングルカメラ構成

UQモバイル・docomo・auの「AQUOS sense3」は広角カメラ搭載のデュアルカメラ構成。

断然、「AQUOS sense3」を買う方が良いでしょう。
基本料金を気にされる方であれば、UQモバイルでの購入なら、楽天モバイルとほとんど料金変わりません。

「AQUOS sense 3 Plus サウンド」の違い

「AQUOS sense 3 Plus」には、
ソフトバンクから発売の「AQUOS sense 3 Plus」と、
auから発売の「AQUOS sense 3 Plus サウンド」の2種類があります。

これらの違いは、「aptX HD対応ワイヤレスイヤホン」の有無になります。
au「AQUOS sense 3 Plus サウンド」にはこのイヤホンが付属します。
Softbank「AQUOS sense 3 Plus」には付属しません。

AQUOS sense 3価格比較

各キャリア・各MVNOでの「AQUOS sense 3」の販売価格と、人気のMVNOで「AQUOS sense 3」を利用した場合の2年総額をまとめました。

AQUOS sense 3実質負担額

「AQUOS sense 3」実売価格をまとめました。各社取扱いもありますし、家電量販店での取り扱いもあります。
しかし、UQモバイルがダントツで安いですね。

販売店AQUOS sense 3
販売価格(税込み)
UQモバイル21,600円
au27,600円
docomo28,800円
Amazon35,148円
ヨドバシカメラ38,280円
ビックカメラ38,280円
カメラのキタムラ39,380円
ノジマ34,980円
Joshin取扱なし
ソフマップ取扱なし
Linksmate取扱なし
楽天モバイル取扱なし
IIJmio取扱なし
mineo取扱なし
BIGLOBEモバイル取扱なし
OCNバイルONE取扱なし
NifMo取扱なし

AQUOS sense 3含め、UQモバイル取扱い全端末の価格比較・スペック比較はこちら!
参考:UQモバイル端末

AQUOS sense 3の2年総額

2年総額計算式

初期費用+月額料金24ヶ月分+端末代金-各種割引

AQUOS sense 3セット契約時の2年総額を算出しました。
3GBプランでシミュレーションしています。
(通話定額・契約期間縛りなしのプランで計算)

MVNO
キャリア
プラン2年総額
UQモバイルプランS72,120円
au3GBプラン105,207円
docomo3GBプラン131,127円

UQモバイル契約時には、「UQモバイルキャッシュバック」の適用をお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※注意 UQモバイルキャッシュバックページについて

キャッシュバック専用ページ以外からの申込はキャッシュバック対象外となりますので、ご注意下さい。
リンク先に「キャッシュバック」の記載があることをご確認ください。

→ UQモバイルキャッシュバック専用ページ