ZenFone Live L1レビュー│2年総額・価格比較・スペック・ベンチマーク

ZenFone-Live-L1

ZenFone Live L1レビュー!「ZenFone 5」「ZenFone Max Plus」などでおなじみ、台湾メーカーASUSの最新エントリーモデル「ZenFone Live L1」の特徴からスペック・ベンチマーク・2年総額・実質負担額まで、ZenFone Live L1を徹底的にレビューしていきます。

16,800円とかなり手の届きやすい価格帯で、キッズスマホやシニアスマホとしての利用が想定されます。
また、処理能力やカメラ性能など端末スペックを必要としない方には、なかなかコスパの良いモデルと言えそうです。

ASUS ZenFone Live L1レビュー

ASUSといえば、格安スマホや格安SIMが流行しだした当初に、大ヒットシリーズ「ZenFone」シリーズを発売していたことで有名なメーカー。「ZenFone 3」あたりから爆発的に知名度が高まったのではないでしょうか。

ASUSは元々、パソコンのマザーボードなどで世界シェアトップクラスのメーカーで、最近では、ゲーミングPCやゲーミングスマホ「ROG Phone」など、ゲームに特化した高性能モデルでも人気を高めています。

それでは、ASUS ZenFone Live L1のスペックからレビューしていきます!

ZenFone Live L1 スペック表

ZenFone Live L1のスペック表がこちらになります。

ASUS ZenFone Live L1スペック
カラー ・ミッドナイトブラック
・スペースブルー
・シマーゴールド
・ローズピンク
サイズ(mm) 147.2×71.7×8.1
重量 140g
画面サイズ 5.5インチ
画面種別 TFT IPS液晶
画面解像度 HD+(1,440×720)
OS Android 8.0
CPU Snapdragon 430
CPUコア数 8コア(オクタコア)
GPU Adreno 308
RAM 2GB
ROM 32GB
メインカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 500万画素
外部メモリ micro SDカード
バッテリー容量 3,000mAh
連続待受時間
連続通話時間
充電端子 micro USB
急速充電 非対応
無線充電 非対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth V4.0
テザリング 対応
衛星測位 GPS,  A-GPS,
GLONASS
生体認証 顔認証
防水 非対応
防塵 非対応
耐衝撃 非対応
おサイフケータイ 非対応
ハイレゾ 非対応
イヤホンジャック 搭載
ワンセグ・フルセグ 非対応
SIMサイズ トリプルスロット
・nano SIM×2
・micro SD×1
DSDS・DSDV DSDS対応
対応バンド GSM:
850/900/1,800/1,900MHz
W-CDMA:
B1/5/6/8/19
FDD-LTE:
B1/3/5/7/8/18/
19/26/28
TD-LTE:
B38/41
CA非対応

SoCには「Snapdragon 430」を採用し、処理能力はかなり控えめのエントリーモデルとなっています。
またメモリ容量も2GBと少ないので、マルチタスク時には、動作が重くなることが想定されますし、CPUの処理能力的にも、グラフィック処理の重いゲームなどは対象外となります。この辺はエントリーモデルとして割り切りましょう!

「キッズモード」「簡単モード」を搭載しており、キッズスマホやシニアスマホ向けのエントリースペックとなっています。

スペック総評

「ZenFone Live L1」のスペック詳細を項目別にレビューしていきます。

5GHz帯のWi-Fiは非対応

最近のスマホとしては珍しく、5GHz帯のWi-Fi規格に対応していません。
2.4GHz帯のWi-Fiにしか対応していないので、電子レンジ等の家電製品やBluetoothによる電波干渉を受けやすいです。

防水・防塵は非対応

エントリーモデルということもあり、防水・防塵は非対応となっている点にも注意が必要です。
端末自体の価格がかなり安いので、その点では仕方ないなという感じですね。

指紋認証センサーは非搭載

最近のスマホでは当たり前のように搭載されている「指紋認証センサー」ですが、「ZenFone Live L1」には指紋認証センサーが搭載されていませんので、指紋認証によるロック解除には非対応となっています。

ただし、顔認証には対応しています。

5.5インチの大型TFT液晶ディスプレイ

ZenFone Live L1は、5.5インチのTFT IPS液晶を採用し、広視野角の大画面ディスプレイを搭載しています。
昨今ミッドレンジモデルより上級機で主流となってきている、画質・発色性・解像感に優れた有機ELディスプレイではありません。

もし、ディスプレイの画質にこだわりのある方であれば、OPPO「R17 neo」が実質負担額2万円台という低価格でありながら、有機ELディスプレイを搭載しており、コスパの良さはかなりのものがあります。

3,000mAhの大容量バッテリー

3,000mAhのバッテリーを搭載しており、比較的一般的な容量のバッテリーといえます。
また、「USB PD」や「Quick Charge」といった急速充電は非対応、「Qi」の無線充電にも非対応となっています。

DSDS・DSDV対応!

ZenFone Live L1は、DSDS・DSDV対応となっています。
UQモバイル専売のコスパ最強モデル「R17 neo」と同様にZenFone Live L1でもトリプルスロットを採用。
デュアルnano SIMスロット+micro SDカードスロットとなっているので、DSDS/DSDVを利用しながら、micro SDカードを併用することができるのも「ZenFone Live L1」の魅力の一つです。

ただ、ターゲットが子供やシニアがメインなので、DSDVの需要はあまりなさそうです。

おサイフケータイ非対応(felica非搭載)

日本国内ユーザーに人気のおサイフケータイですが、ZenFone Live L1ではFelica非搭載の為、楽天Edyやnanacoモバイル・モバイルSuicaといった電子マネー決済には対応していません。
実質負担額が安く、おサイフケータイに対応している端末といえば、「AQUOS sense 2」がオススメです。

ZenFone Live L1のコスパはどうなの?

ZenFone Live L1の実売価格は税込みで18,000円前後。

MVNO取扱端末の中で近い価格帯というと「ZenFone MAX(M1)」「R17 neo」「AX7」「AQUOS sense 2」「P20 lite」などでしょうか。

スマホとしての総合力のバランス(処理能力やカメラ・ディスプレイ性能など)を考えて、コスパの良し悪しを判断するのであれば、OPPOの「R17 neo」がオススメです。
最大10,000円の「UQモバイルキャッシュバック」を加味すると、R17 neoの実質負担額は、11,100円(プランM/L)~14,100円(プランS)になるので、ZenFone Live L1の実売価格18,000円よりも断然安くなります。

R17 neoよりも上の処理能力を求める方には、「nova 3」がオススメです。
おサイフケータイや防水・防塵が必須な方には、「AQUOS sense 2」がオススメです。

参考:R17 neo レビュー
参考:nova 3 レビュー
参考:AQUOS sense 2 レビュー

ZenFone Live L1開封レビュー

ビックカメラでZenFone Live L1を購入してきましたので、ZenFone Live L1の開封レビューをお届けしていきます!

子供(キッズスマホ)や高齢者(シニアスマホ)等のライトユーザー向けスマホということもありパッケージがポップなデザイン。

ZenFone-Live-L1-パッケージ

早速開封していきます!

ZenFone-Live-L1-開封レビュー01

ZenFone Live L1同梱品の一覧がこちら。

ZenFone-Live-L1-開封レビュー02

ZenFone Live L1付属品

ZenFone Live L1付属品の一覧

ZenFone-Live-L1-付属品01

ZenFone Live L1付属の純正イヤホンマイクはごくごく普通のものでかなり安い感じのものですね。
ZenFone Live L1はイヤホンジャックを搭載していますので、昨今流行のUSB Type-Cタイプのイヤホンマイクではありません。

ZenFone-Live-L1-イヤホン

ZenFone Live L1純正充電器とUSBケーブル。
USB Type-Cではなく、micro USBが採用されています。

ZenFone-Live-L1-充電器・USBケーブル

ZenFone Live L1の純正充電器は5.2V1Aの5.2Wタイプ。
低速充電器ですので、実用性は低いですね。

ZenFone-Live-L1-純正充電器

ZenFone Live L1付属書類

ZenFone Live L1の付属書類がこちら。

ZenFone-Live-L1-付属書類

ASUSカスタマーサポートの電話番号。
ASUSコールセンター:
0800-123-2787(固定電話から)
0570-783-886(携帯電話・PHSから)

ZenFone-Live-L1-ASUSカスタマーサポート

ZenFone Live L1の初期不良と故障修理依頼について。

ZenFone-Live-L1-初期不良・修理故障依頼

ZenFone Live L1の保証書

ZenFone-Live-L1-保証書01

ZenFone Live L1取扱説明書

ZenFone Live L1の説明書(ユーザーマニュアル)

ZenFone-Live-L1-取扱説明書01

表面はZenFone Live L1本体の解説と基本的な使い方。

ZenFone-Live-L1-取扱説明書02

裏面には、よくある注意事項。

ZenFone-Live-L1-取扱説明書03

ZenFone Live L1本体レビュー

続いて、ZenFone Live L1の本体をレビューしていきます!
インカメラはシングルカメラ構成。

ZenFone-Live-L1-本体レビュー01

ソケットはmicro USBを採用。
本体底部にはマイクとスピーカーを配置。

ZenFone-Live-L1-本体レビュー02

ZenFone Live L1本体右側面には電源ボタンとボリュームボタン。

ZenFone-Live-L1-本体レビュー03

本体上部にはイヤホンジャック。

ZenFone-Live-L1-本体レビュー04

ZenFone Live L1本体左側面には、SIMトレーを配置。
SIMトレーの取り外しには、付属のSIMピンを利用しましょう!

ZenFone-Live-L1-本体レビュー05

本体背面には、メインカメラとLEDフラッシュのみ。
ZenFone Live L1には、指紋認証センサーは搭載されていません。

ZenFone-Live-L1-本体レビュー06

ZenFone Live L1用強化ガラス保護フィルム

今回、ZenFone Live L1の購入に合わせて、AmazonにてZenFone Live L1専用の強化ガラスフィルムを購入しました。

購入時価格799円

ZenFone-Live-L1用強化ガラスフィルム01

付属品は定番のウェットシート・ドライシート・ホコリ取りシール・クロス。

ZenFone-Live-L1用強化ガラスフィルム03

docomo・au・Softbank系MVNOで使える?対応バンドとVoLTE

docomo系格安SIM・au系格安SIM・Softbank系格安SIMでの利用可否をまとめました。
「ZenFone Live L1」を購入して、docomo系格安SIMやSoftbank系格安SIMで使うのもアリですね!

au系格安SIMの利用可否

「ZenFone Live L1」は、UQモバイル/mineo/IIJmio/BIGLOBEモバイル等のau系MVNOではもちろん使えます!
au VoLTEにも対応。

参考:auバンド

au 4G/
LTEバンド
ZenFone Live L1 備考
1 対応 2.1GHz
11 非対応 1.5GHz
18 対応 800MHz
26 対応 800MHz
バンド18を内包
28 対応 700MHz
41 対応 2.5GHz
42 非対応 3.5GHz

「ZenFone Live L1」は、auで使用するバンドの中でも絶対必須のバンド1と26を抑えており、必要性がほとんどないバンド11・42には非対応ですが、問題ありません。

docomo系格安SIMの利用可否

docomo系MVNOで必須となるバンドは抑えている為、楽天モバイルやmineo・IIJmio・OCNモバイルONEなどでも利用可能です。

Softbank系格安SIMの利用可否

Softbank系MVNOで必須となるバンドは抑えている為、LINEモバイルやmineo・U-mobile・nuroモバイルなども利用可能です。

海外での利用について

「ASUS ZenFone Live L1」はSIMロックが掛かっていないSIMフリーモデルとなっていますので、海外の現地SIM利用でも安心です。

ZenFone Live L1 ベンチマーク

各種人気ベンチマークアプリでのASUS ZenFone Live L1のベンチマークスコアをまとめてレビューしていきます!

Antutu

スマホ性能を総合的に計測する「Antutu Benchmark」での「ZenFone Live L1」のベンチマークスコアがこちら。
中国の「Beijing Antutu Technology」製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
総合 58,006
CPU 総合 27,102
演算処理 4,152
一般使用 4,783
マルチコア 18,167
GPU 総合 9,092
3D Marooned 1,861
3D Coastline 2,896
3D Refinery 4,335
UX 総合 17,191
データセキュリティ 3,026
データ処理 3,495
画像処理 2,125
UXスコア 8,545
MEM 総合 4,621
RAM 2,025
ROM 2,596

Geekbench 4 Pro

CPU性能を中心に測定する「GeekBench 4 Pro」での「ZenFone Live L1」のベンチマークスコアがこちら。
カナダのPrimate Labs製のベンチマークスコアでCPUの処理能力の測定に特化。

ベンチマーク スコア
Single Core Score 674
Multi Core Score 2,464
OpenCL 1,345
RenderScript 2,449

3D Mark

グラフィック性能を測る「3DMark」での「ZenFone Live L1」のベンチマークスコアがこちら。
フィンランドの「Futuremark」社製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
Ice Storm 9,535
Ice Storm
Extreme
5,793
Sling Shot 596
Sling Shot
Extreme
Open GL ES3.1
306
Sling Shot
Extreme
Vulkan
296
API OVERHEAD
OpenGL ES3.0
42,711
API OVERHEAD
Vulkan
10,022

PCMark

スマホ性能を総合的に計測する「PC Mark」での「ZenFone Live L1」のベンチマークスコアがこちら。
開発元は、「3DMark」と同じフィンランドのFuturemark。

ベンチマーク スコア
Work 2.0
Performance
3,845
Work 2.0
Battery life
7h50m
Computer
Vision
1,783
Storage 2,845
Work
Performance
5,020
Work
Battery life
9h36m

ZenFone Live L1価格比較

人気のMVNOでZenFone Live L1を利用した場合の2年総額をまとめました。

ZenFone Live L1実質負担額

「ZenFone Live L1」は各MVNOに加え、Amazonでも販売されます。
それぞれ端末の実売価格をまとめました。

販売店 ZenFone Live L1
販売価格
(税込み)
IIJmio 32,400円
Amazon 17,968円
ビックカメラ 18,133円

現時点で取扱が発表されているのは、IIJmioのみとなっています。

ZenFone Live L1の2年総額

IIJmioのみ、「ZenFone Live L1」をセット購入して運用した場合の2年総額、他社ではAmazonでZenFone Live L1を購入し、SIMのみ契約をした場合の2年総額を計算しています。

2年総額計算式

3GB+5分 or 10分かけ放題のプランで算出
初期費用+月額料金24ヶ月分+端末代金-各種割引

MVNO プラン 2年総額
楽天モバイル
(docomo回線)
3.1GBプラン 88,639円
楽天モバイル
(au回線)
3.1GBプラン 88,652円
IIJmio
(docomo回線)
3GBプラン 98,627円
IIJmio
(au回線)
3GBプラン 98,640円
mineo
(docomo回線)
3GBプラン 99,088円
mineo
(au回線)
3GBプラン 99,635円
mineo
(Softbank回線)
3GBプラン 108,155円
UQモバイル プランS 88,408円
BIGLOBEモバイル
(docomo回線)
3GBプラン 98,627円
BIGLOBEモバイル
(au回線)
3GBプラン 98,627円
LINモバイル
(docomo回線)
3GBプラン 102,262円
LINEモバイル
(Softbank回線)
3GBプラン 102,262円
OCNモバイルONE 3GBプラン 104,329円
NifMo 3GBプラン 98,201円
DMMモバイル 3GBプラン 96,553円
イオンモバイル
(docomo回線)
4GBプラン 98,201円
イオンモバイル
(au回線)
4GBプラン 98,201円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)