最大10,000円キャッシュバック!

Redmi Note 9SをUQモバイル使ってみた。【海外版には要注意】

Redmi Note 9S UQモバイル
UQモバイルキャッシュバック UQモバイル乗換え

追記:Redmi Note 10 Pro レビューを公開しました。

大分今更ながらではありますが、UQモバイルで「Redmi Note 9S」を使ってみました!
搭載チップセットが「Snapdragon 720G」ということで、地味に「AQUOS sense4」のライバルモデルでもあります。
(筐体サイズ・画面サイズは全然違います!)

当記事中程で、AQUOS sense4とのスペック比較・外観比較もご紹介しています。

Redmi Note 9S【海外版】は買わないでください

Xiaomi「Redmi Note 9S」には、グローバル版と日本国内版の2種類があります。

UQモバイルなどのau系格安SIM利用時に関して、グローバル版Redmi Note 9Sでは、auのプラチナバンドであるband 18, 26に対応していない為、必ず、日本国内版をご購入ください。(日本正規代理店品という表記の場合もあります)

過去記事で、au系格安SIMの必須バンドを解説していますので、こちらも併せてお読み頂くと理解が深まると思います。

au系MVNOで使える端末

グローバル版と国内版の対応バンドの違い

Xiaomi「Redmi Note 9S」のグローバル版と国内版の対応バンドの違いがこちらになります。

auで使用するバンド 国内版 グローバル版
band 1
band 11 × ×
band 18 ×
band 26 ×
band 28 ×
band 41
band 42 × ×

au系格安SIMでは、「band 1」「band 18か26のいずれか」が絶対必須です。
さらに言うと、「band 41」があると尚良し。「band 42」は今後対応エリアが広がるかも。というイメージです。

UQモバイルで使う格安スマホの選び方としては、可能であれば、「band 1」「band 18か26のいずれか」「band 41」の3つに対応しているものを選ぶようにしてください。

「band 41」は対応してなくても、全然実用性はありますが、可能なら対応している方が良いです。

国内版なら全く問題なし!

「Redmi Note 9S」の国内版であれば、推奨バンド3つは網羅しているので、全く問題なく使えます。
「band 28」にも対応していますが、筆者の行動エリアで「band 28」を掴んだことありません。

もちろん、テザリングも問題ありません!

スペック表

Redmi Note 9Sのスペックを記載しています。

Redmi Note 9Sスペック表
発売日 SIMフリー:2020/3/27
カラー ・オーロラブルー
・グレイシャーホワイト
・インターステラーグレー
サイズ(mm) 165x76x8.8
重量 209g
画面サイズ 6.67インチ
画面種別 IPSディスプレイ
画面解像度 FHD+(2,400×1,080)
OS Android 10
SoC Snapdragon 720G
CPUコア数 オクタコア
CPU Kryo 465
GPU Adreno 618
RAM 4GB / 6GB
ROM 64GB / 128GB
メインカメラ 広角:4,800万画素
超広角:800万画素
マクロ:500万画素
深度測定:200万画素
フロントカメラ 1,600万画素
カメラ機能 4K動画撮影
マクロ撮影
AIポートレート
120fpsスローモーション
外部メモリ 512GB
バッテリー容量 5,020mAh
連続待受時間  
連続通話時間 約1,980分
充電端子 USB Type-C
急速充電 USB PD (18W)
無線充電
Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver 5.0
テザリング
衛星測位 GPS,A-GPS,
GLONASS,Beidou
生体認証 指紋認証
顔認証
防水 P2i防滴
防塵 P2i防滴
耐衝撃
おサイフケータイ
ハイレゾ
イヤホンジャック
ワンセグ
フルセグ
SIMサイズ nano SIM
SIMスロット トリプルスロット
・nano SIM×2
・micro SD
DSDS・DSDV
5G ×
eSIM ×
対応バンド 2G:B2/3/5/8
3G:B1/2/4/5/6/8/19
4G:B1/2/3/4/5/7/8/18/
19/20/26/28/38/40/41

AQUOS sense4との比較

「Redmi Note 9S」が中国製ということを一旦置いといて、笑
純粋に価格とスペックだけで比較した上で、中国製vs国産という点で価格差を見ながら検討していきます。

スペック比較

※価格は、記事執筆時点のAmazon価格。
※最新価格は、価格のリンクをクリックしてご確認ください。

比較 Redmi Note 9S AQUOS sense4
価格 23,180円
(4GB/64GB)
27,000円
(6GB/128GB)
35,900円
画面サイズ 6.67インチ 5.8インチ
本体サイズ 165 x 76 x 8.8 148 x 71 x 8.9
重量 209g 177g
SoC Snapdragon 720G Snapdragon 720G
メモリ 4GB/6GB 4GB
ストレージ 64GB/128GB 64GB
バッテリー 5,020mAh 4,570mAh
カメラ構成 超広角
広角
マクロ
超広角
広角
望遠
Antutuスコア 277,205
(6GB/128GB)
251,698

チップセットが同じ(Snapdragon 720G)なので、どちらもAntutuのスコアは同程度です。(=処理能力は同等)

カメラ画質比較

Redmi Note 9Sは、Huaweiに似た色づくりで大分ビビッドな色付けがされています。
対するAQUOS sense4は、よりナチュラルなイメージ。

AQUOS-sense4-Camera01Redmi-Note-9S-Camaera01
左:AQUOS sense4 右:Redmi Note 9S

SHARPブランドに13,000円を払うかどうか

処理能力はほぼ同じでありながら、価格差が約13,000円
やはり、中華スマホのコスパ恐るべき。と言った印象ですね。

あとは、安心・信頼のSHARPブランドというところに、この価格差13,000円を払えるかどうかというポイントになりますね。

ここはとにかく安い方が良いか、安心感を取るか、好みが分かれるポイントです。

バッテリー持ちはAQUOS sense4に軍配

バッテリー容量こそ「Redmi Note 9S」の方が大容量ですが、画面サイズが大きい為、消費電力も大きくなっています。

そのため、バッテリー持ちに関しては、AQUOS sense4の方が若干良いです。

【画像】サイズ・デザイン比較

黒くて小さい方が「AQUOS sense4」、白くて大きいほうが「Redmi Note 9S」です。

設定方法

Redmi Note 9S UQモバイル APN設定01

設定画面から、
「SIMカードとモバイルネットワーク」
をタップしてください。


Redmi Note 9S UQモバイル APN設定02

続いての画面にて、
上部に、UQモバイルのSIMカードを刺したスロットの所に、「au」という表記があると思いますので、そちらをタップしてください。

左の画像では、「SIMスロット1」の部分となります。

「SIMスロット2」に「au」という表記がある場合は、そちらをタップしてください。


Redmi Note 9S UQモバイル APN設定03

続いて、「アクセスポイント名」をタップしてください。


Redmi Note 9S UQモバイル APN設定04

続いての画面の最下部「+ 新しいAPN」というボタンをタップしてください。


Redmi Note 9S UQモバイル APN設定05

「アクセスポイント名の編集」という画面が開きますので、下記でご紹介する項目を入力してください。

下記表に無い項目が多数あるかと思いますが、それらの項目は未入力でOKです。

APN設定の入力項目

「名前」の項目は、表示名となるので、任意の名前で大丈夫です。
「UQモバイル」や「UQ mobile」など、お好きな名前にしてください。

「名前」以外の項目は、すべて一字一句間違いなく正確にご入力ください。
一字間違うだけでも接続できませんので、ご注意ください。

項目 入力値
名前 UQモバイル
APN uqmobile.jp
ユーザー名 uq@uqmobile.jp
パスワード uq
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,mms,supl,hipri,dun
APNプロトコル IPv4/IPv6

Redmi Note 9S UQモバイル APN設定06

上記表記載のすべての項目を正確に入力しましたら、画面最下部の「その他」をタップしてください。

すると、「保存」「破棄」という選択肢が表示されますので、「保存」をタップしてください。

これにて、UQモバイルのAPN設定の登録が完了です。

続いての画面で、今回登録したAPN設定を選択します。


先程、登録した「uqmobile.jp」のAPNが表示されているハズです。

こちらをタップして選択してください。

UQモバイルが選択されている場合、青文字となり、左側にチェックマークがつきます。

これにて、UQモバイルへの接続が完了です!


AQUOS sense4の例となりますが、下記動画にて、UQモバイルのAPN設定を解説していますので、参考になれば幸いです。

UQモバイル APN設定 AQUOS sense4

Redmi Note 9S 価格比較

「Redmi Note 9S」を取り扱っているMVNOと販売価格をまとめました。

Redmi Note 9S価格比較
販売元 価格
Amazon 22,430円(4GB/64GB)
27,000円(6GB/128GB)
※最新価格は上記リンクより
UQモバイル 取扱なし
OCNモバイルONE 220円
BIGLOBEモバイル 24,816円
LINEモバイル 25,080円

Redmi Note 9Sの端末価格は、OCNモバイルONEがずば抜けて安い!
ただ、やっぱり回線速度の遅さが気になるところですね。

また、OCNモバイルONEは端末を特価で販売している関係上、短期解約ユーザーを即ブラックリスト入りさせますので、ご注意ください。
基本、6ヶ月以内の短期解約でブラックリスト入り、最も長い事例で1年の解約でもブラックリスト入りした事例もあるようです。

長期利用予定なら、端末価格が安いのでアリですね!

Redmi Note 9S 2年総額

2年総額算出式

初期費用+月額料金24ヶ月分+その他費用-各種割引

3GBプランの2年総額比較

Redmi Note 9S契約時
2年総額比較
販売元 価格
OCNモバイルONE 43,025円
UQモバイル 44,572円
QTモバイル
au回線
40,777円
QTモバイル
docomo回線
40,899円
エキサイトモバイル 45,445円
IIJmio 51,451円
イオンモバイル 45,012円
Linksmate 46,508円
BIGLOBEモバイル 70,789円
QTモバイル
Softbank回線
47,495円
Y!mobile 52,272円

スマホプランS」で契約の場合、2年総額7万円ちょっと。

10GBプランの2年総額比較

Redmi Note 9S契約時
2年総額比較
販売元 価格
OCNモバイルONE 79,985円
UQモバイル 70,972円
IIJmio 95,275円
Linksmate 85,580円
Y!mobile 72,072円
イオンモバイル 89,892円
BIGLOBEモバイル 118,309円

※IIJmio・BIGLOBEモバイル・イオンモバイルは10GBプランの設定がない為、12GBプランでシミュレーション。

スマホプランR」で契約の場合、2年総額9万円台。

いずれにしても、キャリア並に速い通信速度を考えると、UQモバイルのコスパは異常ですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※注意 UQモバイルキャッシュバックページについて

キャッシュバック専用ページ以外からの申込はキャッシュバック対象外となりますので、ご注意下さい。
リンク先に「キャッシュバック」の記載があることをご確認ください。

→ UQモバイルキャッシュバック専用ページ