最大10,000円キャッシュバック!

UQモバイル Xperia 8 Liteレビュー│カメラ・スペック・ベンチマーク・価格比較・2年総額比較!

UQモバイルキャッシュバック UQモバイル乗換え

UQモバイルの新端末「Xperia 8 Lite」は、SONY製のSIMフリースマホ。
今回の記事では、「Xperia 8 Lite」のスペック・カメラ・ベンチマーク・価格・2年総額まで、徹底レビューしていきます!

その他のUQモバイル端末との比較は、下記記事よりご確認下さい。
参考:UQモバイル端末

Xperia 8 Liteの魅力まとめ

・安定のXperiaクオリティ
・かなり好き嫌い分かれるデザイン
・コスパは可もなく不可もなし
・2万円程度ならアリ!

Xperia 8 Liteは買い?

まず、執筆時点で、UQモバイルでの「Xperia 8 Lite」の販売価格は未公表です。
もし、端末価格が2万円前後なら、アリでしょう。
2020/12/11追記:販売価格35,640円となりました…。高すぎ!完全に高すぎ!

Xperia 8 Liteよりも処理能力が上の「OPPO Reno3 A」が15,840円ですから、これ以上高い価格となると、いくらXperiaブランドと国産の信頼感があるとは言え、お世辞にもコスパが良いとは言えないレベルです。

スペックと価格のバランスから考えるコスパで言うと、UQモバイル端末の中では、「OPPO Reno3 A」と「iPhone SE」が二強です。

UQモバイルでのXperia 8 Liteの販売価格は35,640円ですが、その予算があるなら「AQUOS sense4」「iPhone SE」「Pixel 4a」と言った端末の方が圧倒的にコスパ良好。

批判を恐れずに言うなら、「Xperia 8 Lite」に4万円の価値はありません。

型落ちXperia 1が高コスパ

最近では、1年ほど前のXperiaのフラッグシップモデル「Xperia 1」の未使用品・美品の相場が3~4万円程度まで下がってきています。
参考:Xperia 1 – じゃんぱら

処理能力もカメラ性能も「Xperia 8 Lite」とは全く比較になりませんので、「Xperia 1」の方が圧倒的に満足度は高いです。
さらにSIMのみ契約なら、最大10,000円の「UQモバイルキャッシュバック」が適用になりますし、「Xperia 1」もかなりオススメです。

いまなら、「UQ学割」「UQ家族割」「ギガMAX月割」のトリプル併用も可能ですので、かなりお得!

Xperia 8 Liteが2万円を切るならアリ!3万円を超えるなら、全然なし!

処理能力がほぼ同等な「Galaxy A21」が22,000円ですしね…。
Galaxy A21」よりはディスプレイがキレイですし、カメラ性能も良いですが。
Galaxy A21」ですらコスパ悪いのに、Xperiaブランドとはいえ、この価格設定はヒドイ。

Xperia 8 Liteレビュー

Xperia 8 Liteの特徴からレビューしていきます。

デザイン

Xperia 8 Liteの本体外観から、レビューしていきます。
デザインに関しては、「Xperia 8」から何も変わっていません。

「Xperia 8」の発売時点でも、古めかしさのあるデザインでしたが、1年経った今でもそのデザインを引き継いでいますので、かなり好き嫌いが分かれる所ではあります。

カメラ

Xperia 8 Liteは、リアカメラにデュアルカメラ。インカメラはシングルカメラ構成。

実際の静止画の画質・動画の画質・手ブレ補正等に関しては、また後日検証していきたいと思います。

Xperia 8 Liteのカメラには、まだ触れていませんが、動画性能に関しては「OPPO Reno3 A」に負けそうな気がしてなりません。

ディスプレイ

6.0インチ、解像度2,520×1,080の液晶ディスプレイを採用。
Xperiaは、液晶ディスプレイの綺麗さには定評がありますね!

Xperia 8 Lite ディスプレイ

バッテリー持ち

Xperia 8 Liteは、2,870mAhのバッテリーを搭載。
電池もちに関しては、可もなく不可もなくと言った感じでしょう。

急速充電・無線充電

急速充電は、USB PDに対応。
無線充電には、非対応となっています。

便利機能

Xperia 8 Liteでは、おサイフケータイに対応!

Xperia 8 Lite便利機能
おサイフケータイ
生体認証
防水
(IPX8)
防塵
(IP6X)
耐衝撃 ×
ワンセグ・フルセグ ×

UQモバイル端末」で、ワンセグ・フルセグに対応しているスマホは一台もありませんので、ワンセグ・フルセグ必須な方は、ワンセグ・フルセグ対応端末を中古スマホショップなどで購入し、UQモバイルをSIMのみ契約して使いましょう!

SIMのみ契約であれば、最大10,000円の「UQモバイルキャッシュバック」対象となります!

処理能力

Xperia 8 Liteのチップセットは「Snapdragon 630」。

「Snapdragon 630」といえば、「AQUOS sense3シリーズ」や「Xperia 10」と同じプロセッサです。
2018年夏頃から搭載され始めたSoCですので、正直、古いチップセットです。

同価格帯の「AQUOS sense4」の方が処理能力は上です。

スペック表

Xperia 8 Liteのスペックを記載しています。

Xperia 8 Liteスペック表
発売日 2020年12月中旬
カラー ・ブラック
・ホワイト
サイズ(mm) 158x69x8.1
重量 170g
画面サイズ 6.0インチ
画面種別 液晶
画面解像度 2,520×1,080
OS Android 10
SoC Snapdragon 630
CPUコア数 オクタコア
CPU Cortex-A53 *8
(2.2GHz*4 + 1.8GHz*4)
GPU Adreno 508
RAM 4GB
ROM 64GB
メインカメラ 広角:1,200万画素
望遠:800万画素
フロントカメラ 800万画素
カメラ機能
外部メモリ 最大512GB
バッテリー容量 2,870mAh
充電端子 USB Type-C
急速充電 USB PD
無線充電
Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver 5.0
テザリング
衛星測位 GPS
生体認証 指紋認証
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
耐衝撃
おサイフケータイ
ハイレゾ
イヤホンジャック
ワンセグ
フルセグ
SIMサイズ nanoSIM
SIMスロット ・nano SIM
・micro SD
DSDS・DSDV
5G
eSIM
対応バンド LTE:b1/3/4/5/8/12/17/18/19/26/38/41
3G:b1/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1,800/1,900

 

ベンチマーク

各種人気ベンチマークアプリでの「Xperia 8 Lite」のベンチマークスコアをまとめてレビューしていきます。

「Xperia 8 Lite」が手元に届き次第、ベンチマークスコアを追記していきます。

Antutu

スマホ性能を総合的に計測する「Antutu Benchmark」での「Xperia 8 Lite」のベンチマークスコアがこちら。
中国の「Beijing Antutu Technology」製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
総合 94,060
CPU 総合 32,891
数学演算 5,922
共通アルゴリズム 4,986
マルチコア 21,983
GPU 総合 16,247
Terracotta 254
Coastline 7263
Refinery 8,730
MEM 総合 26,574
RAM Acs 12,816
ROM APP IO 2,772
ROM Seq Read 4,583
ROM Seq Write 3,128
ROM Random Acs 3,275
UX 総合 18,348
データセキュリティ 3,945
データ処理 4,521
画像処理 3,092
UXスコア 6,790

Antutu AI Bench

上記AntutuのAI性能に特化したベンチマークソフトでの「Xperia 8 Lite」のベンチマークスコアがこちら。

「Xperia 8 Lite」では「Antutu AI Bench」が起動こそするものの、ベンチマークが回らず、測定不能となりました。

Antutu
AI Bench
スコア
総合 測定不可
画像分類 総合 測定不可
スピード 測定不可
精度 測定不可
オブジェクト
検出
総合 測定不可
スピード 測定不可
精度 測定不可

Geekbench 5

CPU性能を中心に測定する「GeekBench 5」での「Xperia 8 Lite」のベンチマークスコアがこちら。
カナダのPrimate Labs製のベンチマークスコアでCPUの処理能力の測定に特化。

「Geekbench 4」から「Geekbench 5」への移行に伴い、スコアの算出基準が大幅に変更されており、「Geekbench 4」と「Geekbench 5」のスコア比較は全く役に立ちません。
スコア比較される際には、Geekbenchのバージョンにご注意ください。

ベンチマーク スコア
Single Core Score 181
Multi Core Score 1,048
OpenCL 494
Vulkan 測定不能

3D Mark

グラフィック性能を測る「3DMark」での「Xperia 8 Lite」のベンチマークスコアがこちら。
フィンランドの「Futuremark」社製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
Wild life 259
Wild life
Stress Test
260
Sling Shot
Extreme
Open GL ES3.1
831
Sling Shot 1,349
API OVERHEAD
OpenGL ES3.0
70,886
API OVERHEAD
Vulkan
215,797

PCMark

スマホ性能を総合的に計測する「PC Mark」での「Xperia 8 Lite」のベンチマークスコアがこちら。
開発元は、「3DMark」と同じフィンランドのFuturemark。

ベンチマーク スコア
Work 2.0
Performance
5,253
Work 2.0
Battery life
10h17m
Computer
Vision
2,419
Storage 4,811
Work
Performance
6,287
Work
Battery life
12h8m

Xperia 8 Lite 価格比較

「Xperia 8 Lite」を取り扱っているMVNOと販売価格をまとめました。
UQモバイルでの「Xperia 8 Lite」の販売価格は未公表ですので、想定価格を入力しています。

Xperia 8 Lite価格比較
販売元 価格
ヤフオク
落札相場
33,000円
UQモバイル 35,640円
IIJmio 29,480円
nuroモバイル 32,780円
mineo 39,785円

UQモバイルとOCNモバイルONEがずば抜けて安いですね。
この価格なら、十分に満足できるコスパの良さ!

【10社比較】Xperia 8 Lite 2年総額

Xperia 8 Lite購入時の2年総額を大手MVNO10社で比較しました。
当記事執筆時点で、UQモバイルでの販売価格が未発表の為、35,640円で仮に算出しています。
Xperia 8 Liteの取扱のないMVNOでは、ヤフオク落札相場である33,000円でシミュレーション。

2年総額算出式
端末代金+初期費用+月額料金24ヶ月分+その他費用-各種割引

3GBプランの2年総額比較

3GBプランにて、Xperia 8 Liteを購入した際の2年総額をシミュレーションしていきましょう。

Xperia 8 Lite契約時
2年総額比較
販売元 価格
UQモバイル 78,012円
QTモバイル
au回線
73,777円
QTモバイル
docomo回線
73,899円
OCNモバイルONE 75,805円
LINEモバイル 75,812円
イオンモバイル 78,012円
エキサイトモバイル 78,445円
IIJmio 78,973円
BIGLOBEモバイル 78,973円
Linksmate 79,508円
QTモバイル
Softbank回線
80,495円
Y!mobile 85,272円

スマホプランS」で契約の場合、2年総額8万円程度。

10GBプランの2年総額比較

10GBプランにて、Xperia 8 Liteを購入した際の2年総額をシミュレーションしていきましょう。

Xperia 8 Lite契約時
2年総額比較
販売元 価格
UQモバイル 117,612円
OCNモバイルONE 112,765円
Linksmate 118,580円
Y!mobile 105,072円
LINEモバイル 121,220円
IIJmio 122,797円
イオンモバイル 122,892円
BIGLOBEモバイル 126,493円

※IIJmio・BIGLOBEモバイル・イオンモバイル・LINEモバイルは10GBプランの設定がない為、12GBプランでシミュレーション。

スマホプランR」で契約の場合、2年総額10万円台。

いずれにしても、キャリア並に速い通信速度を考えると、UQモバイルのコスパは異常ですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※注意 UQモバイルキャッシュバックページについて

キャッシュバック専用ページ以外からの申込はキャッシュバック対象外となりますので、ご注意下さい。
リンク先に「キャッシュバック」の記載があることをご確認ください。

→ UQモバイルキャッシュバック専用ページ