Xperia 8レビュー│2年総額・価格比較・スペック・ベンチマーク

Xperia 8レビュー

Xperia 8レビュー!Sony最新のSIMフリーモデル「Xperia 8」の特徴からスペック・ベンチマーク・2年総額・実質負担額まで、「Xperia 8」を徹底的にレビューしていきます。

最近は、もっぱらHuawei・OPPO・Samsungと言った中国・韓国勢に押されている国産メーカーですが、ここに来てようやくSONYも国内向けにSIMフリースマホ出してきたかという感じですね!

Xperia 8レビュー

Sony Xperia 8の実機開封レビューをご紹介した後、スペック表・ベンチマークスコア・価格比較など、Xperia 8に関して完全解説していきます。

UQモバイル版の「Xperia 8」では、パッケージにUQモバイルのロゴがプリントされています。

Xperia 8パッケージ01

Xperia 8 付属品

「Xperia 8」の付属品一覧がこちら。

・Xperia 8本体
・取扱説明書
・ご利用にあたってのお知らせ
・ご利用にあたっての注意事項

Xperia 8付属品

USBケーブル・充電器・イヤホンと言った付属品はありません!
また、Xperia 8は爪でSIMトレーが引き出せる為、SIMピンも付属していません。

Xperia 8 外観レビュー

「Xperia 8」の外観をレビューしていきましょう。
本体前面がこちら!

Xperia 1」同様の縦長デザインを踏襲していますが、
画面が端末下部に沿っており、「Xperia 1」よりも片手での操作性は良いです。

Xperia 8 ホーム画面01

「Xperia 8」本体背面には、デュアルカメラを搭載。
カメラ上部にLEDフラッシュが配置されています。

カメラのすぐ下にFelicaポート(おサイフケータイ)を配置。

Xperia 8 レビュー02

Xperia 8 本体外周レビュー

「Xperia 8」本体下部には、
スピーカー・USB Type-Cソケット・マイクを配置。

Xperia 8 レビュー05

「Xperia 8」本体左側面には、SIMトレーを配置。
SIMトレーは、nano SIMとmicro SDが搭載可能。

Xperia 8 レビュー06

「Xperia 8」本体上部には、イヤホンジャックとセカンドマイク(ノイズキャンセリング用)を配置。

Xperia 8 レビュー07

「Xperia 8」本体右側面には、指紋認証搭載の電源ボタンと音量調整ボタンを配置。
指紋認証センサーの精度は、旧来のXperiaシリーズから大幅に向上しています。

指紋センサーを搭載した電源ボタンは、「Xperia Zシリーズ」に採用されていましたが、かなりイマイチな精度でした。
Xperia Zシリーズをお使いだった方であれば、劇的な認証制度の進化が体感できます。

Xperia 8 レビュー08

SIMトレー

「Xperia 8」のSIMトレーはこのような感じです。
micro SDとnano SIMがそれぞれ搭載可能。

Xperia 8 SIMトレー02

Xperia 8 スペック表

Xperia 8のスペック表がこちらになります。
キャリアによってカラバリが異なります。

Sony Xperia 8スペック
発売日 2019年10月25日
カラー ・ブラック
・ホワイト
・オレンジ【au/Y!mobile限定色】
・ブルー【au/Y!mobile限定色】
サイズ(mm) 158×69×8.1
重量 170g
画面サイズ 6.0インチ
画面種別 IPS液晶
トリルミナスディスプレイ
画面解像度 2,520×1,080(FHD+)
OS Android 9.0 Pie
SoC Snapdragon 630
CPUコア数 8コア(オクタコア)
GPU Adreno 508
RAM 4GB
ROM 64GB
メインカメラ デュアルカメラ
広角1,200万画素(F値1.8)
望遠800万画素(F値2.4)
LEDフラッシュ
フロントカメラ 800万画素 F2.0
カメラ機能 電子式手ぶれ補正
光学2倍撮影
4K動画撮影対応
120fpsスロ撮影対応
外部メモリ micro SD(最大512GB)
バッテリー容量 2,760mAh
連続待受時間 約580時間
連続通話時間 約1,700分
充電端子 USB Type-C
急速充電
無線充電 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
テザリング 対応
衛星測位 GPS
生体認証 顔認証・指紋認証
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
耐衝撃 非対応
おサイフケータイ 対応
ハイレゾ 対応
イヤホンジャック 搭載
ワンセグ・フルセグ 非対応
SIMサイズ nano SIM
SIMスロット デュアルスロット
nano SIM × 1
micro SD × 1
DSDS・DSDV 非対応
VoLTE 対応
対応バンド

各社VoLTE・CA対応。

スペック総評

「Xperia 8」のスペック詳細を項目別にレビューしていきます。

おサイフケータイ対応!

Xperia 8は、日本国内向けモデルの為、Felicaを搭載し「おサイフケータイ」に対応しています。
海外向けモデル「Xperia 10」に、おサイフケータイを搭載したモデルが「Xperia 8」と言えます。
その他にも、メモリやカメラが若干アップグレードされていますが、おサイフケータイ以外はほぼ同様と言ってもいいぐらいです。

防水・防塵にも対応

Xperia 8は、「防水・防塵」対応となっています。
(IP68規格の防水・IP5Xの防塵に対応)

さすがは安定の国産スマホ。

SoCはミドルレンジ「Snapdragon630」

5万円前後で販売されるモデルですが、搭載SoCは「Snapdragon630」。
同時期に発売となる「AQUOS sense3」と同じですね。

処理能力は同等ですが、「AQUOS sense3」の方がコスパが良さそうですね…。
処理能力と価格重視なら、「A5 2020」がコスパ最強です。ただし、おサイフケータイ・防水は非対応…。

同時期発売となる上位モデル「Xperia 5」には、より処理能力の高い「Snapdragon855」を搭載しています。

物理「指紋センサー」搭載!

最近は、画面内指紋認証センサー(超音波指紋センサー)が流行していますが、
指紋認証の速度は、従来の物理センサーの圧勝です。

今作Xperia 8では、本体側面に縦長型の指紋認証センサーを採用。
Xperia 1」同様の高速・高精度認証に期待!

Xperia 8のコスパはどうなの?

Xperia 8の実売価格は、50,000円前後となっています。
正直、上位SoC「Snapdragon 660」を搭載した「R17 neo」が3万円を切って、2019年10月の法改正以前に500円で販売されていたことを考えると、お世辞にもコスパが良いとは感じませんね…。

Xperiaブランドのブランドバリューが大分乗っている気がします。
Xperia 8と同じSoCを搭載した「AQUOS sense3」の実売価格が3万円前後ですから、やっぱりコスパが良いとは言えません。

ただし、Xperiaブランドの独特な高級感のある筐体デザイン魅力的ですね。
表面・裏面ともに、コーニング製ゴリラガラス6を採用した両面ガラスパネル。

AQUOS sense3」のプラ筐体と高級感が段違いなのは認めざるを得ません。

docomo・au・Softbank系MVNOで使える?対応バンドとVoLTE

docomo系格安SIM・au系格安SIM・Softbank系格安SIMでの利用可否をまとめました。
「Xperia 8」を購入して、docomo系格安SIMやSoftbank系格安SIMで使うのもアリですね!

au系格安SIMの利用可否

「Xperia 8」は、UQモバイル/mineo/IIJmio/BIGLOBEモバイル/楽天モバイル/イオンモバイル等のau系格安SIMでも使えます。

参考:auバンド

docomo系格安SIMの利用可否

Xperia 8は、docomo系MVNOで必須となるバンドは抑えている為、楽天モバイルやmineo・IIJmio・OCNモバイルONE・NifMoなどでも使えます。

Softbank系格安SIMの利用可否

Xperia 8は、Softbank系MVNOで必須となるバンドは抑えている為、LINEモバイルやmineo・U-mobile・nuroモバイルなどでも使えます。

Y!mobileの利用可否

Xperia 8は、Y!mobileでも販売されており、Y!mobileの使用バンドはまんべんなく対応しています。

海外での利用について

「Sony Xperia 8」は日本国内向けモデルですが、SIMフリーとなっていますので、海外の現地SIM利用でも安心です。

他キャリアモデルでも使える?

SIMロック解除」すれば利用可能です。
例えば、Y!mobile版Xperia 8をSIMロック解除して、au系格安SIMを使ったり、
au版Xperia 8をSIMロック解除して、docomo系格安SIMを使ったり、
他キャリアモデルを他キャリア系格安SIMでの利用も可能です。

Xperia 8 ベンチマーク

各種人気ベンチマークアプリでのSony Xperia 8のベンチマークスコアをまとめてレビューしていきます。

Antutu

スマホ性能を総合的に計測する「Antutu Benchmark」での「Xperia 8」のベンチマークスコアがこちら。
中国の「Beijing Antutu Technology」製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
総合 99,759
CPU 総合 38,208
演算処理 7,226
一般使用 7,020
マルチコア 23,962
GPU 総合 16,115
3D Marooned 1,246
3D Coastline 6,743
3D Refinery 8,126
MEM 総合 28,993
RAM Acs 14,576
ROM APP IO 3,495
ROM Seq Read 4,613
ROM Seq Write 3,583
ROM Random Acs 2,726
UX 総合 16,443
データセキュリティ 4,538
データ処理 2,625
画像処理 3,865
UXスコア 5,415

Antutu AI Bench

上記AntutuのAI性能に特化したベンチマークソフトでの「Xperia 8」のベンチマークスコアがこちら。

Antutu
AI Bench
スコア
総合 47,938
画像分類 総合 24,198
スピード 1,301
精度 22,897
オブジェクト
検出
総合 23,740
スピード 2,325
精度 21,415

Geekbench 5

CPU性能を中心に測定する「GeekBench 5」での「Xperia 8」のベンチマークスコアがこちら。
カナダのPrimate Labs製のベンチマークスコアでCPUの処理能力の測定に特化。

「Geekbench 4」から「Geekbench 5」への移行に伴い、スコアの算出基準が大幅に変更されており、「Geekbench 4」と「Geekbench 5」のスコア比較は全く役に立ちません。
スコア比較される際には、Geekbenchのバージョンにご注意ください。

ベンチマーク スコア
Single Core Score 180
Multi Core Score 1,024
OpenCL 485

3D Mark

グラフィック性能を測る「3DMark」での「Xperia 8」のベンチマークスコアがこちら。
フィンランドの「Futuremark」社製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
Ice Storm
Unlimited
14,071
Ice Storm
Extreme
10,116
Sling Shot 1,295
Sling Shot
Extreme
Open GL ES3.1
791
Sling Shot
Extreme
Vulkan
818
API OVERHEAD
OpenGL ES3.0
63,000
API OVERHEAD
Vulkan
186,768

PCMark

スマホ性能を総合的に計測する「PC Mark」での「Xperia 8」のベンチマークスコアがこちら。
開発元は、「3DMark」と同じフィンランドのFuturemark。

ベンチマーク スコア
Work 2.0
Performance
5,004
Work 2.0
Battery life
9h39m
Computer
Vision
2,556
Storage 6,785
Work
Performance
6,223
Work
Battery life
10h50m

Xperia 8価格比較

各キャリア・各MVNOでのXperia 8の販売価格と、
人気のMVNOでXperia 8を利用した場合の2年総額をまとめました。

Xperia 8価格比較表

各キャリアのXperia 8販売価格の比較表がこちら。
正直、Y!mobileがダントツで安いですね…。
「Xperia 8」目当てなら、Y!mobileがオススメ!

Xperia 8
価格比較
UQモバイル Y!mobile au
端末価格 55,440円
(1,540円×36回)
35,784円
(994円×36回)
59,040円
(円×48回)
端末返却割引
プログラム
適用時

(円×24ヵ月)

各社ともに、一括払い・24回払・36回払に対応しています。

他にも高コスパなミドルレンジ端末が目白押しのUQモバイル。
UQモバイルの端末の価格・スペック比較はこちらを参考にしてみてください。
参考:UQモバイル端末

Xperia 8の2年総額

2年総額計算式

3GBプランで算出
初期費用+月額料金24ヶ月分-各種割引

下記は、SIMのみの場合の2年総額となりますので、
Xperia 8の購入額を下記表の金額に足してシミュレートしてください。

MVNO プラン 2年総額
Y!mobile プランS
UQモバイル プランS
au ピタットプラン
docomo ギガライト
Softbank ミニモンスター
DMMモバイル 3GBプラン
mineo
(au回線)
3GBプラン
イオンモバイル
(docomo回線)
4GBプラン
NifMo 3GBプラン
イオンモバイル
(au回線)
4GBプラン
BIGLOBEモバイル
(docomo回線)
3GBプラン
BIGLOBEモバイル
(au回線)
3GBプラン
IIJmio
(docomo回線)
3GBプラン
IIJmio
(au回線)
3GBプラン
mineo
(docomo回線)
3GBプラン
楽天モバイル
(docomo回線)
3.1GBプラン
楽天モバイル
(au回線)
3.1GBプラン
LINEモバイル
(docomo回線)
3GBプラン
LINEモバイル
(au回線)
3GBプラン
LINEモバイル
(Softbank回線)
3GBプラン
OCNモバイルONE 3GBプラン
mineo
(Softbank回線)
3GBプラン

UQモバイルをご契約の際には、最大6,000円の「UQモバイルキャッシュバック」もお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)