arrows Uレビュー│2年総額・価格比較・スペック・ベンチマーク

arrows Uレビュー

arrows Uレビュー!富士通久々のヒット作(失礼)となった「arrows U」を徹底レビューしていきます。
arrows UはSoftbank独占販売モデルとなっており、3万円という低価格が魅力の一台。

スペックや2年総額を見ると、かなりコスパは悪いような…。他機種との比較も交えながら、arrows Uをレビューしていきましょう。

arrows Uレビュー

まずは、富士通 arrows Uを開封しながらレビューしていきます!

arrows U 開封レビュー

Softbank専売モデルであるの富士通「arrows U」を開封していきましょう!

arrows Uレビュー01

arrows U 付属品

箱を開けると、かなりシンプルな付属品。
本体と各種書類が入っている小袋が一つのみ。
その他ケーブルや充電器・イヤホン等の付属品は一切ありません。

arrows Uレビュー02

arrows U 取扱説明書

写真左の小袋の中には、
・SIMイジェクトピン
・ここからはじめるスマートフォン
・お願いとご注意 -重要なお知らせ-

arrows U 付属書類

簡易取扱説明書(お願いとご注意)

お願いとご注意の方が、かんたんな取扱説明書のような感じになっています。
少しだけご紹介していきます。

arrows U お願いとご注意01

各部の名称とキーのはたらき
arrows U お願いとご注意02

PINコードについて
arrows U のPINコードは初期値「9999」に設定されています。
arrows U お願いとご注意06

arrows U 保証書

arrows Uには、保証書が付属していません。
「お願いとご注意」のP61に保証に関する説明があります。

保証期間は1年間、保証対象はarrows U本体のみとなっています。

arrows U お願いとご注意07

arrows U 本体レビュー

それでは、arrows U本体をレビューしていきましょう!

arrows Uレビュー03

・SIMカードの抜き差し
・防水性能を維持するために
・USB Type-C接続端子ご利用時の注意事項
と言った基本的な説明が本体裏面のシールに記載されています。

arrows Uレビュー04

シール記載の内容をきちんと把握したら、早速、捨て去りましょう。笑
こちらがarrows U本体背面の写真。
デュアルカメラ・LEDフラッシュ・おサイフケータイが背面に配置。

arrows Uレビュー07

arrows U本体下部には、スピーカー・USB Type-Cソケット・マイクを配置。

arrows Uレビュー10

arrows U 本体右側面には、
上から、電源ボタン・音量調整ボタン・アシスタントキーという配置。
本体の中程から下部にかけてボタンが配置されているので、手の小さい方でも操作性は良いと思います。

arrows Uレビュー11

arrows U 本体上部には、
イヤホンジャックとノイズキャンセリング用のセカンドマイクを配置。

arrows Uレビュー12

arrows U 本体左側面には、SIMトレーを配置。
ボタン類はありません。

arrows Uレビュー13

arrows U SIMトレー

arrows UのSIMトレーがこちら。
小さい穴に付属のSIMイジェクトピンを差し込んでSIMトレーを引き出します。

arrows USIMトレー01

SIMイジェクトピンを挿して押し込むと、
SIMトレーが少し頭をだしますので、そのまま引き抜きましょう。

arrows USIMトレー02

arrows U ホーム画面

arrows U のホーム画面がこちら。
うん。全くもって普通のスマホですね。

arrows U ホーム画面01

Softbank端末ということで、「Yahoo」「PayPay」「Yahoo!ショッピング」などの各種アプリがプリインストールされています。

arrows U ホーム画面02

arrows U スペック表

arrows Uのスペック表がこちらになります。

富士通 arrows Uスペック
カラー ・ブラック
・ホワイト
・ブルー
サイズ(mm) 149×72×8.8
重量 166g
画面サイズ 5.8インチ
画面種別 LED IPS液晶
画面解像度 2,280×1,080(フルHD+)
OS Android 9.0 Pie
SoC Snapdragon 450
CPUコア数 8コア(オクタコア)
GPU Adreno 506
RAM 3GB
ROM 32GB
メインカメラ 1,310万画素+500万画素
フロントカメラ 800万画素
カメラ機能 ポートレートモード
美肌補正
手ブレ補正
HDR撮影
外部メモリ micro SD(最大400GB)
バッテリー容量 2,880mAh
連続待受時間 約580時間
連続通話時間 約1560分
充電端子 USB Type-C
急速充電 USB PD非対応
QC非対応
無線充電 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
テザリング 対応
衛星測位 GPS、AGPS、GLONASS
生体認証 顔認証(Smart Lock)
防水 対応(IPX5/8)
防塵 対応(IP6X)
耐衝撃 対応(MIL規格準拠)
おサイフケータイ 対応
ハイレゾ 対応
イヤホンジャック 搭載
ワンセグ・フルセグ 非対応
SIMサイズ nano SIM
SIMスロット デュアルスロット
nano SIM × 1
micro SD × 1
DSDS・DSDV 非対応
VoLTE 対応
対応バンド

各社VoLTE・CAにも対応し、デュアルスロット搭載。

スペック総評

「arrows U」のスペック詳細を項目別にレビューしていきます。

おサイフケータイ対応

おサイフケータイに対応している為、楽天Edy・モバイルnanaco・WAONと言った各種電子マネーに加え、モバイルSuicaも利用できます。
電車やバスの登場時にもスマホをかざすだけで乗車出来るので、とても便利!

防水・防塵・耐衝撃に対応

arrows U は、防水・防塵に加え、MIL規格準拠の耐衝撃性能も備えています。
シニアスマホやキッズスマホとしても、安心して使えるスマホですね!

メモリ・ストレージは貧弱

メモリ3GB・ストレージ32GBというのは、3万円のスマホとしては決して優れていません。
UQモバイルのスマホ「UQモバイル端末」には、540円で購入できるスマホがいくつもありますが、arros Uよりもスペックは圧倒的に優秀です。

これについては、次の項目で詳しく比較していきます!

arrows Uのコスパはどうなの?

arrows Uの実売価格は30,720円。
「半額サポート」という、「機種変更+arrows Uの返却」が必須条件となる割引適用時で、15,360円。
「半額サポート」は一見お得に見えますが、機種変更と端末返却が必須条件の為、実際あまりお得ではありません。

arrows U のスペックはお世辞にも良いものではありません。
UQモバイルの「おてがるスマホ01」とほぼ同等スペックで、
「arrows U」も「おてがるスマホ01」もコスパはよくありません。

これらの端末は、「初心者でも使いやすい」「スマホデビューにオススメ」という謳い文句で販売されることが多いですが、arrows Uに関していうと中身は普通のAndroidスマホです。
(おてがるスマホ01はシニアやキッズでもわかりやすいシンプルな専用ホーム画面を採用しているので選択の余地はあります。)

中身が普通のスマホなら、「AQUOS sense 2」「R17 neo」「nova lite 3」と言った、UQモバイルで540円で購入出来る端末の方がよっぽどコスパが良いです。
これらの端末は、スペックも比較にならないぐらい、arrows Uより上です。

次の項目で、具体的な2年間の費用総額(2年総額)を比較していきましょう。
2年総額 = 端末代金+初期費用+月額料金24ヶ月分

arrows U の2年総額(111,192円)

Softbankでarrows Uを契約すると2年間でいくら掛かるのかを計算していきます。
Softbankの中で最も安い「ミニモンスター」プランで、月間1GB未満しか利用しなかった場合で算出しています。

arrrows U
2年総額
費用
(税込み)
初期費用 3,240円
端末代金 30,720円
月額料金
(1GB/月)
77,232円
(3,218円*24ヶ月)
5分かけ放題 12,960円
(540円*24ヶ月)
1年おトク割 -12,960円
2年総額 111,192円
2年総額
半額サポート利用
95,832円

arrows契約時には、最安でも、2年総額111,192円
2年後に機種変更と端末返却を行う「半額サポート」を利用しても、95,832円
という結果となりました。

ここで、UQモバイルの540円スマホを購入した場合の2年総額を算出してみましょう。

UQモバイルの2年総額(58,972円)

AQUOS sense 2」「R17 neo」「nova lite 3」の3機種が540円で購入できる超高コスパ端末となっています。
これらの端末を購入した際の2年総額が下記となります。

UQモバイルの540円スマホは、Softbankの「半額サポート」と異なり、
機種変更も端末返却も不要です。

さらに、月間3GB使えて、Softbankよりも2年間で52,220円安いです。

UQモバイル
2年総額
費用
(税込み)
初期費用 3,240円
端末代金
実質負担額
540円
月額料金
(3GB/月)
77,232円
(3,218円*24ヶ月)
5分かけ放題 無料
(おしゃべりプラン)
無料通話 60分/月
(ぴったりプラン)
イチキュッパ割 -14,040円
UQモバイル
キャッシュバック
-8,000円
2年総額 58,972円

おてがるスマホ01契約の2年総額

シニア向けにスマホを購入する場合、「おてがるスマホ01」が「arrows U」の有力なライバル機種になります。
そもそも「arrows U」は、中身が普通のスマホなのですが、
「おてがるスマホ01」は、文字の大きなシンプルなホーム画面もありますので、シニア向けスマホとしては、断然オススメです。

しかも、「おてがるスマホ01」は540円のみで購入できます。

UQモバイル
2年総額
費用
(税込み)
初期費用 3,240円
端末代金
実質負担額
540円
月額料金
(3GB/月)
77,232円
(3,218円*24ヶ月)
5分かけ放題 無料
(おしゃべりプラン)
無料通話 60分/月
(ぴったりプラン)
イチキュッパ割 -14,040円
UQモバイル
キャッシュバック
-8,000円
2年総額 58,972円

UQモバイルキャッシュバックについて

UQモバイルでは、「UQモバイルキャッシュバック」が8,000円付きますが、
UQモバイルキャッシュバックの適用は、「キャッシュバック専用ページ」からの申込みが必須条件となります。
かならず、上記リンク先から申込みをしましょう。

キャッシュバック対象外条件

・専用ページ以外からの申込み
エントリーパッケージでの申込み
スタートキットでの申込み
UQモバイル店舗での申込み
・4ヶ月以内の解約・プラン変更・料金滞納・端末返品

さらに、契約から3ヶ月後に、キャッシュバックの振込先指定のお願いメールが届きます。
このメールが不達となる場合にも、キャッシュバック対象外となります。

キャッシュバック案内メールは、UQモバイル契約時に入力したメールアドレス宛に届きます。
契約時に入力するメールアドレスは、少なくともUQモバイルキャッシュバック受け取りまでは確実に使えるようにしておきましょう!

UQモバイル540円端末の選び方

「AQUOS sense 2」「R17 neo」「nova lite 3」「おてがるスマホ01」の4機種が540円で購入できます。
ただ、どれを選んだらいいのか分からない!という方向けにそれぞれの特徴を解説していきます。

AQUOS sense2
3機種の中で唯一、防水・防塵・おサイフケータイに対応しています。
これらの機能が必要な方にはAQUOS sense2がオススメ!
安心の国産メーカー「SHARP」製造というのもポイントの一つ。

R17 neo
3機種の中で最も処理能力が高い一台です。
4GBメモリ・128GBストレージ・有機ELディスプレイ搭載で540円!
驚異の高コスパ端末です。

nova lite 3
HUAWEI製の高コスパ端末で、カメラ画質に定評があります。
カメラ性能が良い訳ではなく、AIによる着色に定評があり、
素人が好むビビットでメリハリの効いた色鮮やかな写真が好評。

おてがるスマホ01
京セラ製のシニア向けシンプルスマホ「おてがるスマホ01」
シンプルで文字・アイコンの大きなホーム画面が最大の特徴。

防水・防塵に対応し、UQモバイルによる端末の使い方等のサポートも充実。
シニア向けに契約するなら、オススメの一台!

arrows U ベンチマーク

各種人気ベンチマークアプリでのHuawei arrows Uのベンチマークスコアをまとめてレビューしていきます。

Antutu

スマホ性能を総合的に計測する「Antutu Benchmark」での「arrows U」のベンチマークスコアがこちら。
中国の「Beijing Antutu Technology」製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
総合 73,119
CPU 総合 35,140
演算処理 5,131
一般使用 5,011
マルチコア 24,998
GPU 総合 12,073
3D Marooned 2,461
3D Coastline 3,918
3D Refinery 5,694
UX 総合 20,392
データセキュリティ 4,106
データ処理 4,652
画像処理 2,481
UXスコア 9,153
MEM 総合 5,514
RAM 2,193
ROM 3,321

Geekbench 4 Pro

CPU性能を中心に測定する「GeekBench 4 Pro」での「arrows U」のベンチマークスコアがこちら。
カナダのPrimate Labs製のベンチマークスコアでCPUの処理能力の測定に特化。

ベンチマーク スコア
Single Core Score 770
Multi Core Score 3,850
OpenCL 1,739
RenderScript 3,284
Battery Score 3,774
Medium

3D Mark

グラフィック性能を測る「3DMark」での「arrows U」のベンチマークスコアがこちら。
フィンランドの「Futuremark」社製のベンチマークソフト。

ベンチマーク スコア
Ice Storm
Unlimited
12,828
Ice Storm
Extreme
7,746
Sling Shot 789
Sling Shot
Extreme
Open GL ES3.1
427
Sling Shot
Extreme
Vulkan
476
API OVERHEAD
OpenGL ES3.0
54,782
API OVERHEAD
Vulkan
118,921

PCMark

スマホ性能を総合的に計測する「PC Mark」での「arrows U」のベンチマークスコアがこちら。
開発元は、「3DMark」と同じフィンランドのFuturemark。

ベンチマーク スコア
Work 2.0
Performance
4,586
Work 2.0
Battery life
11h9m
Computer
Vision
2,227
Storage 5,451
Work
Performance
5,432
Work
Battery life
11h49m

ライバル機種とのベンチマーク比較

ここでは、スマホのスペック・処理能力全般の指標として使われることの多い、
「Antutuベンチマーク」のスコアを用いて、「arrows U」とライバル機種のスコアを比較していきましょう!

ベンチマークスコア・端末価格・2年総額と合わせて一覧表にしてみました。

機種名 Antutuスコア 端末価格 2年総額
arrows U 73,119 30,720円 111,192円
R17 neo 132,336 540円 58,972円
nova lite 3 127,654 540円 58,972円
AQUOS sense 2 71,865 540円 58,972円
おてがるスマホ01 58,062 540円 58,972円

スペックで選ぶなら、間違いなく「R17 neo」「nova lite 3」が断然高コスパ!
「arrows U」同等スペックのスマホなら、「AQUOS sense 2」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)