UQモバイル 節約モードの実用性を動画で検証!(映画・アプリ・ゲーム・LINE通話)

UQモバイル節約モードの実用性を徹底解説していきます。
筆者「ぴったりプラン」契約者ですので、節約モード(300Kbps)での検証となります。

まず、UQモバイルでは契約プランによって節約モードでの通信速度が異なりますので、解説しています。

【プラン別】節約モード時の制限速度(300Kbps or 200Kbps)

UQモバイルでは、契約プランごとに節約モード時の通信速度が異なります。

データ無制限プランに関しては、500Kbpsの低速通信が容量無制限で使い放題となるプランですので、常時、上り下りともに、上限500Kbpsの制限速度となります。

「高速モード」時の速度は、キャリア並に高速な実効速度を誇り、格安SIMの中では、Y!mobileと並びかなり速いです。
参考:UQモバイル速度

「データ高速プラン」の節約モードは200Kbps

UQモバイルでの低速通信時の制限速度は300Kbpsで他社MVNOよりも高速なのが、UQモバイルの魅力の一つでもあります。
しかし、節約モードで300Kbpsが出るのは「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」限定ですので、ご注意ください。

「データ高速プラン」では200Kbpsと、他社MVNOと同等の通信速度になります。

さらに、2年総額で考えると、「データ高速プラン」よりも「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」の方が安いので、正直、「データ高速プラン」のメリットはほぼ無いと言えます。
参考:データ高速プラン

「節約モード」設定時は容量無制限で使い放題!

UQモバイルの「節約モード」設定時は、容量無制限で使い放題となります。

「高速モード」設定時には、直近3日間で6GB以上の通信をすると、強制的に「節約モード」と同じ速度に制限されます。
(おしゃべりプラン・ぴったりプラン:300Kbps、データ高速プラン:200Kbps)

「節約モード」設定時には、直近3日間の制限もなく、容量無制限で使えますので、月間のギガ容量が足りない!という方は、積極的に、「節約モード」を活用していきましょう。

SNS・音楽ストリーミング・ゲームアプリ等の利用であれば、ほぼほぼ「節約モード」でもストレスなく利用できます。

【動画で比較】ブラウジング速度の比較

動画で各大手人気サイトを表示するまでの時間を動画で比較してみました。
UQモバイルの節約モードでも、意外とストレスはありませんでした。

テスト環境

端末:HTC U12+
ブラウザ:Google Chrome
データセーバー:ON

キャッシュによるページ展開の高速化での計測結果のブレを除外する為、各モードでのテスト前にキャッシュ削除をしています。

Yahoo! Japan

Yahoo! Japanのトップページの描画が完了するまでの時間を比較してみました。
筆者は「ぴったりプラン」契約の為、節約モードは300Kbpsです。

高速モード:約3.5秒
節約モード:約8.5秒

Amazon

Amazonトップページの描画が完了するまでの時間を比較してみました。
筆者は「ぴったりプラン」契約の為、節約モードは300Kbpsです。

【動画で比較】人気動画アプリの画質・読込み速度の比較

各種動画ストリーミングアプリでの動画読み込み時間と再生画質の比較をしていきたいと思います!
これもスクリーンキャプチャで撮影した動画で比較していますので、参考になれば幸いです。

節約モードでの視聴は、「Youtube」「U-NEXT」「Netflix」が最も快適でした。

Youtube

高速モード 1,080pのフルHD画質でもサクサク視聴可能!
途切れることも一切なし!
節約モード 240p画質なら、途切れることなく再生可能!

高速モードでは、1080pのフルHD画質でもサクサク視聴可能。途切れることも一切なし!
節約モードでは、読み込みに5秒ほど時間がかかるもののそこまでのストレスはありません。
正直、スマホの画面サイズなら、240p画質でも見るに堪えないほど、画質が悪い訳ではないので、なかなか実用性高し!

Amazonプライムビデオ

「Amazonプライム」会員向けの無料動画ストリーミングサービス。
「Amazonプライム」は「お急ぎ便」が無料で使い放題の他、「プライムビデオ」「プライムミュージック」「プライムリーディング」と動画・音楽・電子書籍(雑誌・漫画・ビジネス書など)が楽しめて、年会費3,900円とかなりコスパは良いです。

ただし、UQモバイルの節約モードとの相性は悪く、読み込みに時間が掛かる上に、再生中に「インターネットに接続できません」というエラーも頻発しますので、高速モードもしくはWi-Fi必須と言えそうです。

ダウンロードに対応していますので、Wi-Fi環境下で事前にダウンロードしておくのをオススメします。

hulu

UQモバイルの節約モードだと、アプリTOPページ、個別作品ページともに、開くのにかなり時間が掛かってストレスです。
節約モードでは、接続速度が遅いせいか「申し訳ございません。Huluシステムに接続できませんでした。」というエラーが頻発します。

UQモバイル節約モードでのhuluの利用は、かなりストレスです。

ダウンロードに対応していますので、Wi-Fi環境下で事前にダウンロードしておくのをオススメします。

また、スクリーンキャプチャも撮影しましたが、コピープロテクトの関係か、録画したキャプチャが真っ黒になってしまうので、節約モードと高速モードの比較動画は公開していません。

モード 1時間半の映画
視聴時の容量
自動 通信環境に応じる
低画質 約600MB
中画質 約1.5GB
高画質 約3GB
最高画質 約3.6GB

U-NEXT

UQモバイルの節約モードでも、動画の読み込みも比較的快適(10秒程度)ですが、30秒~1分の再生ごとに、ちょくちょく停止し、3~4秒程度の読み込み待ちが発生します。

高速モードなら、最初の読み込み時間も1秒程度で、再生中の読み込み待ちも発生しませんでした。

ダウンロードに対応していますので、Wi-Fi環境下で事前にダウンロードしておくのをオススメします。

hulu同様に、コピープロテクトの関係上、スクリーンキャプチャが真っ黒になってしまったので、節約モードと高速モードの比較動画は公開していません。

モード 1時間半の映画
視聴時の容量
自動 通信環境に応じる
最低画質 約125MB
低画質 約333MB
高画質 約3GB

Netflix

UQモバイルの節約モードの場合、最初の読み込みに少し時間が掛かりますが(15秒~20秒程度)、一度再生が始まると、途切れることなくスムーズに視聴することができました。
動画の画質設定(モバイルデータ使用量)は、「自動設定」を選択して検証しています。

hulu・U-NEXTと同様に、コピープロテクトの関係上、スクリーンキャプチャが真っ黒になってしまったので、節約モードと高速モードの比較動画は公開していません。

音楽ストリーミングサービス

ネットラジオ・音楽聴き放題サービス等のアプリをUQモバイルの節約モードで実験してみました。

radiko

UQモバイルの高速モード・節約モード、どちらも快適に視聴可能でした。
radikoに関しては、節約モードでも全然問題なく利用できます。

スクリーンキャプチャを撮影しましたが、高速モード・節約モードで大きな差がなかった為、節約モードと高速モードの比較動画は掲載していません。

高速モード 快適に視聴可能
チャンネル切替時の読み込み時間は1秒以下。
節約モード 快適に視聴可能
チャンネル切替時の読み込み時間は3秒程度。

Google Play Music

UQモバイルの節約モードでは、曲の再生までに、20~60秒程度掛かります。
この読み込み時間に関しては、Google Play Musicのアプリ設定で「モバイルネットワークでの品質」を「低音質」にしても、「中音質」にしても、然程の違いはありませんでした。

また、曲の選択から3~4秒で、スクロールバーは動き出すのですが、再生が始まるのは30秒程後の為、現在の再生位置とスクロールバーの位置がズレて再生されるというバグがありました。
(複数の曲で試しましたが、毎回発生し、2曲目から通常通りの動作をします。)

視聴自体は、節約モードでも途切れることなく、視聴可能です。
スクロールバーの位置ずれと曲の読み込みに少し時間が掛かる以外は、高速モード時と同様に視聴できます。

上記でご紹介した通り、ステーション選択時には、1曲目の読み込みに時間が掛かります。
節約モードでも、2曲目以降は先読み込み出来る程度の通信に余力があるようで、2曲目以降は曲の頭で読み込み待ちは発生しませんでした。

Spotify

UQモバイルの節約モードでも、かなり快適に使えます!
1曲目の読み込みにも3~4秒程度しか掛からず、スキップ時も同程度の読み込み時間。
再生中に途切れることもなく、快適に視聴可能でした。

音楽ストリーミング系のアプリとしては、UQモバイルの節約モードと最も相性が良いかもしれません。
再生が非常にスムーズだったので、圧縮率が高く、粗さが目立つかなと思いましたが、普通に視聴する分には全く問題ありません!

「HTC U12+」で動作検証をしたのですが、イヤホンジャックが搭載されていない為、手持ちのBluetoothスピーカー「SONY SRS-X99」とBluetoothイヤホン「BOSE QC30」でも視聴しましたが、音質は問題なし!

Soundcloud

UQモバイルの節約モードでも、曲の読み込み・スキップともに、2~3秒程度の読み込みで再生可能。
再生中に途切れることもなく、快適に視聴可能でした。

Spotifyと同様に快適視聴が可能!

LINE / Twitter / Facebook / Instagramの快適度検証

UQモバイル節約モード設定時の各種人気SNSアプリの快適度を検証してみました。

LINE

音声通話は、快適に利用可能で、「高速モード設定時」や「Wi-Fi環境下」と、違いは感じられないほど快適です。

ビデオ通話は、映像が途切れることもありますが、通話は途切れません。
映像が途切れる場合も、コチラ側の映像が途切れることが大半で、相手側の映像はきちんと受信できる時間が長いです。

体感的には、10分の内、9分程度相手の映像がしっかりと受信できています。
しかし、相手方に映る自分の映像は、かなりコマ切れといった感じです。

節約モードでも、ビデオ通話はできますが、相手がコチラの映像を見れない。という印象です。

Twitter

Twitterは、UQモバイルの節約モード設定時でも、ストレスなく利用可能でした!
Twitter利用時には、積極的に節約モードを使うと良いかとも思いますが、Twitterは文字データが大半なので、そもそも容量が軽く、そこまでの節約はできないかもしれません。

 

ゲームアプリの快適度検証

各種人気ゲームアプリを節約モードで実際にインストールし、ストレスなく楽しめるかどうかを検証してみました。

キャンディークラッシュフレンズ

マップの読み込み・ステージの読み込み・ステージクリア後の読み込み、全てにおいて、UQモバイルの節約モードでもストレスなくプレイ可能でした。

節約モードでも快適に楽しめます!

モンスターストライク

ホーム画面・クエスト・報酬画面等、各種ページの読み込みにも時間がかからず、UQモバイルの節約モードでもストレスなくプレイ可能でした。

UQモバイル節約モードでも快適!

パズドラ

UQモバイルの節約モード時では、アプリ起動時の通信に10秒ほど掛かりますが、それ以外では、ダンジョン・報酬・合成等、各種読み込みでもストレスを感じることはありません。

UQモバイル節約モードでも快適に遊べます。

ポケモンGO

ポケモンGOは、高速モード・節約モード・Wi-Fi環境下等、通信環境問わず、そもそもアプリ起動時の読み込みが他のゲームより遅いアプリかと思います。
それもあってか、高速モードと節約モードでの起動時間の差はあまり感じませんでした。

起動してしまえば、節約モードでも快適にプレイ可能です。

起動時も、節約モード・高速モードでの違いをあまり体感できませんでしたし、ポケモンGOに関してはいうと、起動からプレイまで全体的に、通信環境があまり影響しないように設計されているのかなと感じました。

UQモバイル節約モードでも快適!

UQモバイルの節約モード総評

300Kbpsと聞くと、ストレスがかなり溜まりそうなイメージがありましたが、想像よりも出来ることが多く、意外と実用性が高いなと感じました。

とはいえ、ストレスフリーの「高速モード」と比較すると、読み込み等での若干の待ち時間は発生するので、「データ高速プラン」の節約モード(200Kbps)の通信では、それなりにストレスがたまるかもしれません。(今回は、ぴったりプランの節約モード300Kbpsでの検証です。)

インターネットブラウジングでは、開くページによってはストレス度もかなり変動しますが、ゲームアプリや音楽ストリーミング利用時には、常時「節約モード」でも良いかなと。

また、映画や海外ドラマ・国内ドラマ・アニメの視聴においても、Netflixなら意外と快適に視聴ができたのも驚きです。
当然、高速モード時やWi-Fi環境下と比較すると画質の劣化は否めませんが、それでも、読み込み待ちによる再生の中断もほとんどなく、節約モードで月間容量の消費なく、動画コンテンツを楽しめるのは満足度高いポイントですね。

口酸っぱく何度も言っていますが、UQモバイル契約時には、最大13,000円の「UQモバイルキャッシュバック」の適用をお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)