UQモバイルの留守電・キャッチホン完全解説!料金・使い方・無料の伝言メモ活用術

uqmobile-rusuden

UQモバイルで留守電・キャッチホンは使えます!
留守電を無料で使う小ネタも。

この記事でわかること

・留守電の料金
・留守電の申込み方法
・留守電の再生・設定方法
・留守電を無料で使う方法
・キャッチホンの料金
・キャッチホンの申込み方法

UQモバイルの留守電料金と詳細

UQモバイルでは留守番電話サービスとして、月額380円の「電話基本パック」というオプションがあります。

UQモバイル電話基本パックとは?

月額380円で下記3サービスがセットになったオプション

  1. 留守番電話サービス
  2. 三者通話サービス
  3. 迷惑電話撃退サービス

留守番電話単体でのオプションは無いので、月額380円でこの「電話基本パック」を契約することで、留守番電話が利用できるようになります。
多くのMVNOで留守番電話は300円で提供されているので、留守番電話単体で比較してしまうと、80円割高となりますが、迷惑電話撃退サービスや三者通話サービスを使うケースのある方にはかなりお得です。

ただ、最大10,000円の「UQモバイルキャッシュバック」と超強力な端末割引「マンスリー割」があるので、2年総額は他社よりも圧倒的に安いです。
その為、月額80円程度の差額は全然気にならないでしょう。

通称「0円スマホ」と言われる、超高コスパのSIMフリースマホも大きな魅力の一つ。
108円で、「AQUOS sense」「P20 lite
540円で、「R17 neo」「nova lite 3
が購入可能です。
他にも、iPhoneなど魅力的な端末が揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。
参考:UQモバイル端末

三者通話・迷惑電話撃退ってどんな機能?

ところで、UQモバイル「電話基本パック」に付帯している留守電以外の2つの機能「三者通話」「迷惑電話撃退」ってどんな機能なのかレビューしていきます。

三者通話機能とは?

通話中に新たに別の人を呼び出し、3人で同時に会話できるサービスです。

迷惑電話撃退とは?

指定した番号の相手からの通話を「お断りガイダンス」に接続し、お客様に直接電話がかからなくするサービスです。

UQモバイル留守電の聞き方・使い方

UQモバイルでの留守電の聞き方・使い方を解説していきます。

UQモバイル留守電の使い方
録音された留守電の聞き方 「1417」をダイヤル
留守番サービスの開始 「1413」をダイヤル(nanoSIM/microSIM)
「1412」をダイヤル(マルチSIM)
留守番サービスの停止 「1410」をダイヤル(nanoSIM/microSIM)
「1420」をダイヤル(マルチSIM)
呼び出し時間の変更 「1418XX」をダイヤル
XXには5~55秒で好きな秒数をダイヤル

SIM種別によって、発信先番号が異なりますので、ご注意ください。
VoLTEご利用中の方は、マルチSIMと書かれている番号に発信してください。

留守電の申込み方法

UQモバイルの留守番電話オプションですが、回線が開通後に下記より申込を進めてください。

my UQ mobile」もしくは、「UQ mobileエンタメマーケット」から、申込みが可能です。

留守電を無料で使う方法(簡易留守録)

さて、ここまでが、UQモバイル(AU)の留守電サービスのご紹介でした。
ここからは、スマホに搭載されている留守電機能を活用することで簡易的な留守電が無料で使えます!という小ネタのご紹介。

キャリアスマホ・SIMフリースマホ含め、国産スマホの一部には、「伝言メモ」と言われる機能が搭載されています。
この伝言メモ機能を活用することで、無料の簡易的な留守電として活用することができます。(簡易留守録)

ただし、伝言メモは、留守電と比較してメリット・デメリットがありますので、次の項目で、留守電と伝言メモの機能を比較していきます。

伝言メモと留守電の違い

伝言メモと留守電の違いを表でご紹介していきます。

伝言メモ 留守電
料金 無料 有料
録音時間 1分/件 3分/件
録音件数 10件 99件
データ保存場所 スマホ内 キャリアのサーバー
データ保存期限 自分で削除するまで 1週間
圏外・電源OFF時 録音不可 録音可能

このように、留守番電話と伝言メモでは、使い勝手に違いがあります。
伝言メモ(簡易留守録)は端末に搭載されている機能となりますので、録音件数や録音時間などの細かな仕様は、端末ごとに異なります。

留守電・伝言メモ、それぞれのデメリット

・留守電は1週間で自動削除されてしまう。
・伝言メモは圏外や電源OFF状態では録音されない。
・伝言メモが使えるのは対応機種のみ。

伝言メモが使える機種と非対応機種

伝言メモは対応機種のみが使えるようになっています。
キャリアスマホでは、伝言メモが搭載されている機種がほぼすべてかと思いますが、MVNOで販売されているスマホに関してはメーカー次第となっています。

UQモバイルで販売されているモデルの中では、
Samsungの「Galaxy A30」、シャープの「AQUOS sense 2」「AQUOS sense」、京セラの「おてがるスマホ01」が伝言メモ機能を搭載しています。
終売となってしまった端末では、「Arrows M04 PREMIUM」も伝言メモを搭載。

その他、HUAWEI製の「P30 lite」「P20 lite」「nova lite 3」やOPPO製の「R17 neo」やなどには、伝言メモが搭載されていません。
基本的に海外メーカーのSIMフリースマホには伝言メモ機能が搭載されませんが、
例外としてdocomo版「P20 Pro」のようなキャリアモデルには搭載されています。

また、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」を契約する場合8,000円~10,000円のUQモバイルキャッシュバックが獲得できますので、これもお忘れなく!

キャッチホンの料金と機能詳細(割込通話)

キャッチホンはdocomo以外のキャリアやMVNOでは、「割込通話」という名称で提供されています。
UQモバイルでも、「割込通話サービス」というオプション名で提供されています。

VoLTEプラン(マルチSIM)の場合のみ月額200円が掛かり、LTEプラン(nano SIM / micro SIM)の場合には月額料金無料となっています。
※LTEプランというのは、古い端末向けのプランですので、これから新規契約される方は、基本的にVoLTEプランとなります。

キャッチホンの申込み方法

UQモバイルのキャッチホンサービス「割込通話サービス」ですが、回線が開通後に下記より申込を進めてください。
(契約時の同時申込みは出来なかったハズです。)

my UQ mobile」もしくは、「UQ mobileエンタメマーケット」から、申込みが可能です。

LTEプラン(nano SIM / micro SIM)の場合、申込み不要・月額料金無料で使えるようになっていますので、キャッチホンを申し込む手続きは必要ありません。
※LTEプランというのは、古い端末向けのプランですので、これから新規契約される方は、基本的にVoLTEプランとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)