シニアスマホ比較!UQモバイルとY!mobileどっちが安い?

シニアスマホ比較 UQモバイル Y!mobile

シニアスマホとして定評の高いY!mobileに対抗すべく、UQモバイルも60歳以上の方向けの「シニア割」を開始しました。
そこで、UQモバイルとY!mobile、どちらがシニアスマホとして安いのか徹底比較していきたいと思います!

UQモバイル・ワイモバイル シニアスマホ料金比較

UQモバイルとワイモバイルのシニアスマホの端末価格や月額料金などを比較しながら、どちらがお得なのか検証していきましょう!
端末価格の比較・月額料金の比較をした後、2年総額の比較をご紹介していきます。

端末価格比較

UQモバイル・ワイモバイルともに、「シニア割」を適用する場合、端末に制限があります。
・UQモバイルでは、「おてがるスマホ01」のみが対象端末
・ワイモバイルでは、「かんたんスマホ(705KC)」のみが対象端末

上記のようになっており、指定端末を購入しないと、「シニア割」の適用ができません。
そこで、指定端末の価格を比較していきます。

シニアスマホ
価格比較
UQモバイル ワイモバイル
端末名 おてがるスマホ01 かんたんスマホ
端末価格 10,800円 32,400円

端末価格においては、UQモバイルの方が断然安くなっています。
続いて、月額料金はどちらがお得なのか、比較していきましょう!

月額料金比較

UQモバイルとワイモバイルで、シニアスマホを契約したときの月額料金を比較していきましょう!

料金比較 UQモバイル ワイモバイル
かけ放題なし かけ放題あり
基本料金 1,980円 2,680円
かけ放題
オプション
0円 1,700円 1,000円
シニア割 0円 【~6ヶ月目】
-1,700円
【7ヶ月目~】
-1,000円
-1,000円
その他割引 新規割
-700円
(6ヶ月間)
月額合計
(~6ヶ月目)
1,980円 1,980円 1,980円
月額合計
(7ヶ月目~)
2,680円 2,680円

両社ともに、月額料金は同額となっています。
ただし、かけ放題が強制的にセットとなっているワイモバイルに対し、UQモバイルでは、かけ放題をつけないこともできますので、通話しない方には、UQモバイルの断然安いです。

2年総額比較【差額:40,200円!】

一つ上の項目で算出した月額料金に加え、端末代金や初期費用・その他割引などをすべて踏まえ、
2年間で支払うことになる総額を算出していきます。

2年総額比較 UQモバイル ワイモバイル
4GB/月
かけ放題なし
4GB/月
24時間かけ放題
4GB/月
24時間かけ放題
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金
(~6ヶ月目)
1,980円 1,980円 1,980円
月額料金
(7ヶ月目~)
2,680円 2,680円
端末代金 10,800円 10,800円 32,400円
その他割引
2年総額 55,320円 73,920円 95,520円

かけ放題がつく場合でも、UQモバイルの方が安いです。

「うちのおじいちゃん・おばあちゃんは電話掛けない!」という場合には、かけ放題をつけない方が断然お得です。
(この場合、2年総額は、55,320円。)

対する、ワイモバイルは、かけ放題が基本料金に組み込まれており、かけ放題を外すことはできない為、2年総額で95,520円となります。

家族割適用でさらに、12,000円安く!

UQモバイル・ワイモバイルともに、月額500円割引となる「家族割引」が用意されているので、2年総額はさらに12,000円安くなります!(500円×24ヶ月。)

正確に言うと、UQモバイルは、「UQ家族割」申込みの翌月からの割引適用となるので、11,500円安くなります。

両社ともに、家族割引は永年適用となりますので、解約するまで500円割引が毎月継続します!

割引開始の時期のみ異なります。
ワイモバイルは申込み当月から割引、UQモバイルは申込み翌月から割引。

端末持ち込みなら、最大6,000円キャッシュバック!

こちらは、UQモバイルのみとなります。
「シニア割」の指定機種「おてがるスマホ01」をお持ちの場合、UQモバイルの契約は「SIMのみ契約」となりますので、最大6,000円のUQモバイルキャッシュバックが併用できます。
(新規契約:3,000円 MNP:6,000円)
参考:UQモバイルキャッシュバック

端末持ち込み契約は、中古スマホショップやヤフオクなどで「おてがるスマホ01」を購入したり、知人から譲り受けたりした場合に持ち込み契約が可能です。

「SIMのみ契約」で「シニア割」を適用するには、
契約完了後、「おてがるスマホ01」のIMEI番号(端末識別番号)の登録が別途必要となりますので、SIMカードが届いた後、「UQお客さまセンター」に電話し、「シニア割」の適用を申込みましょう!
UQお客さまセンター:0120-929-818

「シニア割」の割引・特典比較

最後に、「シニア割」の割引内容・特典内容を比較していきましょう!
UQモバイル・ワイモバイル、両社ともに、対象は60歳以上の方というのがシニア割の適用条件となっています。

UQモバイルのシニア割

UQモバイルの「シニア割」は、かけ放題オプションの月額料金(月額1,700円)を割り引くという特典となっています。
最初の6ヶ月間は1,700円割引。7ヶ月目以降は1,000円割引。
参考:UQモバイル シニア割

かけ放題オプションが月額1,700円ですので、
最初の6ヶ月は無料、7ヶ月目以降は700円で、かけ放題オプションが利用できるという割引です。

しかし、高齢の方の場合、スマホは着信専用という方もかなり多いので、発信しない方は、通話オプションをつけない方が断然お得です。
(ひとつ上の項目で算出した2年総額をご参照ください。)

ワイモバイルのシニア割

ワイモバイルのシニア割は、
国内通話がかけ放題となる月額1,000円の「スーパーだれとでも定額」が無料となる割引となります。

UQモバイルとワイモバイルの違い【速度・データ繰越】

UQモバイルとワイモバイルの違いとして、
気をつけておきたいポイントが2つあります。

それぞれ、詳しく解説していきます。

  1. 低速通信の速度
  2. データ繰り越し

下記記事でも、詳しく比較していますので、参考になれば幸いです。
参考:UQモバイル ワイモバイル 比較

低速通信の速度(300Kbps / 128Kbps)

UQモバイルとワイモバイルでは、データ容量を使い切ってしまった場合に制限される通信速度に大きな開きがあります。

低速通信時速度
UQモバイル 300Kbps
ワイモバイル 128Kbps

このように、データをうっかり使い切ってしまった場合でも、快適に使えるのはUQモバイルでしょう!
2倍以上の開きがありますので、体感速度にも開きがあります。

データ繰り越しの可否

UQモバイルとワイモバイルでは、あまったデータ容量の繰り越しに関しても違いがあります。

データ繰り越し
UQモバイル 可能
ワイモバイル 不可能

UQモバイルではデータ繰り越しが可能ですが、ワイモバイルはデータ繰り越し非対応となっています。
この点も、UQモバイルの方が使い勝手が良いでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)