UQモバイルとジャパネットスマホを徹底比較!2年総額と料金プラン・キャンペーンの詳細

UQモバイル・ジャパネットスマホ比較
UQモバイルとジャパネットスマホの比較まとめ

・UQモバイルはau回線、ジャパネットスマホはY!mobile回線
・料金はどちらもほぼ同等!
・キャッシュバックはUQモバイルのみ!
・ジャパネットスマホは訪問での電話帳移行サポート無料!

UQモバイルとジャパネットスマホの料金プラン・速度・端末の実質負担額・割引等を比較してみました。
UQモバイルとジャパネットスマホでどちらにしようか迷っている方の参考になれば幸いです!

UQモバイル・ジャパネットスマホの概要

UQモバイルは、au子会社「UQコミュニケーションズ株式会社」が運営する格安SIM・格安スマホサービス。
対する、ジャパネットスマホは、テレビ通販大手のジャパネットが販売しているY!mobileのスマホサービス。

UQモバイルとジャパネットスマホの料金比較

早速、UQモバイルとジャパネットスマホの料金を比較していきたいと思います。
まずは、初期費用の比較から!

多くのMVNOで取られる約400円前後の「SIMカード発行手数料」ですが、UQモバイル・ジャパネットスマホともに無料となっています。

初期費用 UQモバイル ジャパネットスマホ
契約事務手数料 3,240円 3,240円
SIMカード発行手数料 0円 0円
合計 3,240円 3,240円

ジャパネットスマホには、エントリーパッケージがありませんので、初期費用を安くする方法はありません。

また、UQモバイルの場合には、「UQモバイルエントリーパッケージ」「UQモバイルスタートキット」を利用すると「UQモバイルキャッシュバック」の対象外となってしまう為、エントリーパッケージの利用はオススメできません。

2年総額の比較

ジャパネットスマホでは、「P20 lite」と「スマホプランM」のセットを推しているようなので、「スマホプランM」で「P20 lite」セット購入時の2年総額を比較していきたいと思います。

UQモバイル ジャパネット
スマホ
データ 9GB/月 9GB/月
通話 ・5分かけ放題
(おしゃべりプラン)
・無料通話
(ぴったりプラン)
・かけ放題
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 1~13ヶ月:
2,980円
14~24ヶ月:
3,980円
3,780円
P20 lite
実質負担額
12,100円 9,800円
・頭金100円
・訪問時支払い9,700円
キャッシュバック 11,000円 0円
2年総額 86,620円 103,520円

※別途、消費税・ユニバーサルサービス料(2円/月程度)が掛かります。

2年総額では、約17,000円ほど、UQモバイルの方が安くなっています。
ジャパネットスマホでは、かけ放題がセットになっているので、長時間通話が多い方はジャパネットスマホの方が良いかもしれません。

解約時の費用(違約金等)と条件

UQモバイルとジャパネットスマホの契約期間と解約違約金について、まとめました。

最低利用期間 UQモバイル ジャパネットスマホ
なし データ高速(データSIM)
データ無制限(データSIM)
1年間 データ高速(通話SIM)
データ無制限(通話SIM)
2年間 おしゃべりプランS/M/L
ぴったりプランS/M/L
スマホプランS/M/L
解約違約金 9,500円(全プラン共通) 9,500円(全プラン共通)

両社の特徴と違いを比較

ジャパネットスマホとUQモバイルの最も大きな違いとしては、下記3点です。

ジャパネットスマホとUQモバイルの違い

・2年総額で約17,000円UQモバイルが安い
・UQモバイルは5分かけ放題 or 120分/月の無料通話付き
・ジャパネットスマホは、完全通話定額

どちらも人口カバー率99%超を誇る、キャリア回線を使用しており、一般の格安SIMとは異なり、実効速度の速い2社として有名です。
回線の速度やエリアに関しては、UQモバイルもジャパネットスマホも不満は出ないでしょう!

ジャパネットスマホのメリット

後ほど、ご紹介しますが、Y!mobileで同プラン・同オプション・同端末という全く同じ条件で契約した場合よりも2年総額が若干安く、Y!mobileとの比較ではお得になっています。

ただし、訪問サポートが必要なユーザーを対象としている割には、月間9GBのプランを推している等、疑問点も残ります。
月間3GBのプランで十分なら、Y!mobileやUQモバイルで契約する方が断然お得です。

完全通話定額が不必要な方であれば、UQモバイルの方が安いので、UQモバイルが良いでしょう!

ジャパネットスマホのデメリット

ジャパネットスマホのデメリットとして、「訪問」が必須である点です。
ジャパネットの社員かY!mobileの社員か分かりませんが、必ず自宅に訪問してきて審査・商品お届けというのが面倒な点です。

こういう点から考えると、ジャパネットスマホは高齢でスマートフォンの取扱がよくわからないユーザー向けという印象を受けます。
「電話帳移行」や「スマホの使い方」などに関して、対面サポートを受けたいけど、店頭に赴くのが面倒な方には、嬉しいですね!

逆に、スマホの使い方や電話帳・データ移行などがご自身で出来る場合には、「訪問」というのは面倒になるでしょう。

また、Y!mobileでは口座振替利用時でも手数料は掛かりませんが、ジャパネットスマホの場合、口座振替契約の場合、契約時に2,000円の手数料が掛かります。(月々の手数料は無料)

ジャパネットスマホとY!mobileの2年総額比較

ジャパネットスマホの中身は完全にY!mobileです。
もはやY!mobileの代理店と言えます。

以前の記事で、Y!mobileとUQモバイルの比較も行っていますので、そちらも参考にしてみてください。
参考:UQモバイルとY!mobileの比較

しかし、料金体系の表記が若干異なり、
Y!mobileでは、契約事務手数料3,000円以外の初期費用として、P20 lite端末代金の500円だけであるのに対し、ジャパネットスマホでは、端末頭金100円に加え、訪問時お支払代金として9,700円、合計9,800円掛かります。
また、この9,800円は、訪問時の現金払いのみとなっていて、カード決済はできませんので、ご注意ください。

ジャパネット
スマホ
Y!mobile
データ 9GB/月 9GB/月
通話 ・かけ放題
(スーパーだれとでも定額)
・かけ放題
(スーパーだれとでも定額)
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 月額3,780円 イチキュッパ割適用後
1~12ヶ月:
月額2,980円
13~24ヶ月:
月額3,980円
通話定額 月額料金に含む 月額1,000円
(スーパーだれとでも定額)
P20 lite
実質負担額
9,800円
・頭金100円
・訪問時支払い9,700円
500円
2年総額 103,520円 111,020円

2年総額で7,500円、ジャパネットスマホの方が安くなっていますので、「月間9GB+完全通話定額」プランで申し込むなら、ジャパネットスマホの方がお得です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)